ホーム > 見どころ情報 > 薬師堂の念仏踊り(東吉野村木津川)

見どころ情報

オンライン書籍

薬師堂の念仏踊り(東吉野村木津川)

真夏の夜に染み入る念仏の声

霊をなぐさめ、霊を送り出し、ひいては村の平穏を祈る念仏踊り。祈祷念仏とも呼ばれ、かつては東吉野村のいたる集落で行われていたが、現在残っているのは木津(こつ)川集落だけ。8月18日夜遅く、木津川の薬師堂で精進料理の宴と読経が終わると、いよいよ念仏踊りのはじまり。赤い木魚と鉦(かね)を手に持った浴衣姿の男たちが、中央に据えられた太鼓に合わせて、「南無仏」「南無阿弥陀」と念仏を唱えながら踊りまわる。素朴な味わいのある祭りで奈良県の無形民俗文化財に指定されている。

名称薬師堂の念仏踊り(東吉野村木津川)(やくしどうのねんぶつおどり)
所在地〒633-2432 吉野郡東吉野村木津川
TEL東吉野村地域振興課 0746-42-0441
休日-
料金無料
拝観、開館、開園時間例年8月18日夜
駐車場無し
交通(マイカー)国道25号(名阪国道)針ICから国道369号、榛原菟田野御杖線、166号、県道経由、約32km、約1時間5分
交通(公共交通機関)近鉄榛原駅から東吉野村役場行きバスで約40分、終点下車、徒歩約1時間10分または東吉野村コミュニティバスふるさと号小川大又線に乗り換え約11分、蟻通(ありどおし)下車、徒歩約25分(祝・休日は榛原駅-東吉野村役場間の奈良交通バスは運休。また、祝・休日のコミュニティバスの利用は事前予約が必要の場合があり注意)

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.