ホーム > 見どころ情報 > 七滝八壺

見どころ情報

オンライン書籍

七滝八壺

平成の名水百選に選ばれた名瀑

台高山脈「伊勢辻山」を源とし、大又川にそそぐ7つの滝の総称で、水量豊かに大又川に流れ落ちる滝。「平成の名水百選」にも選ばれた。実際は七滝七壷だが、七転び八起きになぞらえてこの名が付いた。入り口には、三橋敏雄の「絶滅のかの狼を連れ歩く」の句碑が建つ。1.5㎞ほど上流には明神滝が、また1kmほど下流に下り、そこから山間に500mほど分け入ったところには落差50mの和佐羅滝がある。さらに丹生川上神社中社の東側には、東の滝を目にすることができる。

名称七滝八壺(ななたきやつぼ)
所在地〒633-2444 吉野郡東吉野村大又
TEL東吉野村地域振興課 0746-42-0441
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間自由
駐車場無し
交通(マイカー)国道25号(名阪国道)針ICから国道369号、榛原菟田野御杖線、166号、県道経由、約34km、約1時間10分
交通(公共交通機関)近鉄榛原駅から東吉野村役場行きバスで約40分、終点下車、タクシーで約25分または東吉野村コミュニティバスふるさと号小川大又線に乗り換え約26分、大又下車、徒歩約25分(祝・休日は榛原駅-東吉野村役場間の奈良交通バスは運休。また、祝・休日のコミュニティバスの利用は事前予約が必要の場合があり注意)

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.