ホーム > 見どころ情報 > 岩船寺

見どころ情報

オンライン書籍

岩船寺

あじさいが彩る朱塗りの三重塔

奈良県境に近い、当尾(とうの)の里にある古刹。寺の縁起によれば、天平元年(729)、聖武天皇の勅願によって行基が開基したと伝える。本尊の阿弥陀如来坐像は1本のケヤキの木から彫り出されたもので、高さは3m、胎内には「天慶九年丙午(946)九月二日梵字奉書」の銘文があった。貞観彫刻に特徴的な重厚さと日本的な表現をもつ過渡期の仏像として、美術史上重要な位置を占め、重文に指定されている。関西花の寺霊場第15番札所であり「あじさい寺」としても知られ、花のころには大勢の観光客が訪れる。

名称岩船寺(がんせんじ)
所在地〒619-1133 京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43
TEL岩船寺 0774-76-3390
休日無休
料金大人400円、中・高生300円、小学生200円
拝観、開館、開園時間8:30~17:00(12月から2月は9:00~16:00)
駐車場有り/有料(民営駐車場)
交通(マイカー)京奈和自動車道木津ICから国道24号経由、約11km、約20分
交通(公共交通機関)JR・近鉄奈良駅から浄瑠璃寺行き急行バスで約23分、浄瑠璃寺下車、徒歩約40分、またはコミュニティバス当尾線に乗り換え約7分、岩船寺下車すぐ

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.