ホーム > 見どころ情報 > 長弓寺

見どころ情報

オンライン書籍

長弓寺

悲話伝わる奈良時代の古刹

天平年間(729~749年)に聖武天皇の勅願により、行基(ぎょうき)が創建したと伝える真言宗の古刹。行基が白檀(びゃくだん)で十一面観音像を造ったといわれている。寺域は広く、山内には塔頭(たっちゅう)の薬師院、円生院、法華院が並ぶ。伝承によれば、小野真弓長弓(おののまゆみたけゆみ)が鳥狩りに出たとき、怪鳥が現れ、息子の長麻呂の放った矢が不幸にも父長弓に当たり、命を落としてしまったという。寺の近くには長弓の墓といわれる「真弓塚」も残る。

名称長弓寺(ちょうきゅうじ)
所在地〒630-0131 生駒市上町
TEL長弓寺 薬師院 0743-78-2468、円生院 0743-78-3071、法華院 0743-78-2437
休日無休
料金境内/散策自由、本堂拝観/300円
拝観、開館、開園時間9:00~16:00(境内は散策自由、本堂拝観は要予約)
駐車場有り/無料
交通(マイカー)第二阪奈道路中町ICから約8km、約15分(奈良方面からは、中町ICで出られない)、または阪奈道路三碓(みつがらす)から約5km、約10分
交通(公共交通機関)学研北生駒駅から南へ徒歩約20分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.