ホーム > 見どころ情報 > 神功皇后陵

見どころ情報

オンライン書籍

神功皇后陵

佐紀古墳群の代表格

全長200mを超える前方後円墳7基を有する、佐紀古墳群は、奈良市の北部、平城京の北側一帯に広がる日本最大級の古墳群で、4~5世紀を中心に築造された。その西群の一画を占める全長273mの前方後円墳で、後円部径194m、前方部幅168m。仲哀天皇の皇后である神功皇后の陵墓「狭城盾列池上陵」に比定されている。五社神(ごさし)古墳とも。神功皇后陵の東には、佐紀盾列古墳群で同じく陵墓に比定される巨大古墳が並んでいる。

名称神功皇后陵(じんぐうこうごうりょう)
所在地〒631-0803 奈良市山陵町
TEL宮内庁書陵部畝傍陵墓監区事務所 0744-22-3338
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間8:30~17:00
駐車場無し
交通(マイカー)第二阪奈道路宝来ICから約3km、約7分
交通(公共交通機関)近鉄平城駅から徒歩約3分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.