ホーム > 見どころ情報 > 和爾下神社

見どころ情報

オンライン書籍

和爾下神社

悲恋の歌碑に歴史ロマン漂う古社

前方後円墳の和爾下神社古墳の上に鎮座する神社。本殿は重文に指定されている。和爾下神社は「影媛(かげひめ)伝説」ゆかりの地で、参道沿いにひときわ大きい歌碑もある。日本書紀が伝える影媛伝説は、影媛をめぐって2人の男性が争う哀しい恋の物語。また、境内には櫟本出身の歌人・柿本人麻呂の歌塚もあり、山の辺散策にははずせない。このあたりは日本最古の道「山の辺の道」の北エリアで、この地には古代からさまざまな伝説が伝わっている。

名称和爾下神社(わにしたじんじゃ)
所在地〒631-0004 天理市櫟本町2430
TEL天理市産業振興課 0743-63-1001
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間境内自由
駐車場有り/無料
交通(マイカー)西名阪自動車道天理ICから国道169号経由、約0.5km、約2分
交通(公共交通機関)JR櫟本駅から徒歩約15分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.