ホーム > 見どころ情報 > 市尾墓山古墳

見どころ情報

オンライン書籍

市尾墓山古墳

古代豪族・巨勢氏の墓か

市尾墓山古墳

古墳時代後期初頭(6世紀はじめ)の前方後円墳で国史跡。「市尾官司塚」とも呼ばれる。墳丘の長さは70m、濠と外堤を含めば100mになる大型の古墳。玄室内には2.6mの県下最大の刳(く)り抜き式家形石棺が納められており、石室や石棺には赤い顔料が塗られていた。古墳の規模と石棺や出土遺物から推定して、この地に勢力を張った古代豪族の1人、巨勢男人(こせのおびと)を被葬者とする説がある。窓からであれば石室の見学も可能。

名称市尾墓山古墳(いちおはかやまこふん)
所在地〒635-0123 高市郡高取町市尾
TEL高取町歴史研究センター 0744-52-4637
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間見学自由
駐車場無し
交通(マイカー)南阪奈道路葛城ICから国道165号、24号経由、約12km、約25分
交通(公共交通機関)近鉄市尾駅から徒歩約10分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.