奈良の地域情報を発信!

ホーム > グルメ > 超おすすめ!絶品ラーメン > 炭焼七輪と大和牛 とりこ

超おすすめ!絶品ラーメン

炭焼七輪と大和牛 とりこ

橿原市

掲載日:2020年11月16日

豚骨と水のみで高火力で炊き上げるドロドロの豚骨スープのトリコに……!

今回ご紹介するお店は、橿原市の【炭焼七輪と大和牛 とりこ】
奈良の銘柄牛・大和牛などを七輪焼で味わう焼肉店だが、なんと大阪・福島の人気ラーメン店【らーめん小僧】監修の豚骨ラーメンを提供する、知る人ぞ知るラーメン店でもあるのだ。

ずらりと並ぶラーメンメニューのなかで、店主のイチオシは『極めて濃厚豚骨』

見た目からドロドロとした超濃厚豚骨スープはゲンコツと水だけで炊き上げており、純粋な豚の味わいをしっかりと堪能できる。
「臭みを出さないためには火力が重要」だそうで、高火力で圧力をかけて従来の豚骨ラーメンよりも時間をかけずに炊くスタイルが小僧直伝スープのおいしさの秘訣。
濃厚ではあるがまろやかでくどすぎず、でもまた食べたくなる中毒性のある味わいが特徴だ。
麺は大阪のミネヤ食品に特注で注文している中太ちぢれ麺を使用。
食べ応えのあるモチモチとした麺にドロドロのスープがよく絡み、一滴たりとも旨みを逃さない。
ランチタイムには、デフォルトでホロホロと柔らかい炙りたてのチャーシューが複数枚、さらに味玉もトッピングされるので満足感がすごい。
この本格的な豚骨ラーメンが焼肉の〆に食べられるというのは、これ以上贅沢なことはないだろう。

惚れ込んだ豚骨ラーメンをメニューに取り入れることで新たなスタイルを開拓。

【らーめん小僧】の豚骨ラーメンを食べて衝撃を受けた、と振り返る店主・植松さん。
「焼いて、呑んで、麺で〆」というコンセプトでラーメンをメニューに取り入れるにあたり、店主が好きで足繁く通っていた小僧に頼み込み、ラーメンづくりを一から教えてもらったのだそう。
焼肉屋ではマストな冷麺をメニューに置かず、厨房に茹で麺機が置かれている光景が実に面白い。
ランチでラーメンを提供し始めた頃はお客さんがゼロな日もあったが、現在では満席になることもしばしば。夜も常連客の間で「焼いて、呑んで、ラーメンで〆」がしっかりと定着しているという。
メニュー数が多くて悩ましいが、自慢の焼肉にミニラーメンが付く“いいとこ取り“なボリューム満点の焼肉拉麺定食が一番人気。
レディースセットやお子様定食も揃っているので、家族でゆっくりとしたランチを楽しむにもぴったり。
くつろげる掘りごたつ席は、ランチでも予約がおすすめだ。

奈良県の南エリアにはここまで濃厚な豚骨ラーメンは稀少であり、「もっと奈良でとりこ&小僧の味を広めたい」と語る植松店主。
来年にはラーメン専門店を天理にオープンする計画もある。
焼肉、ラーメンどちらも本気の“二刀流”を貫く【炭焼七輪と大和牛 とりこ】は、今までにない風を奈良のラーメン界に吹かせてくれそうだ。

人気メニュー

  • 極めて濃厚豚骨 850円
  • まったり豚骨 850円
  • 得得とりこ定食 980円

店舗情報

店名 炭焼七輪と大和牛 とりこ
TEL 050-5597-4332
住所 奈良県橿原市石川町291-1
アクセス 近鉄橿原神宮前駅から徒歩約5分
営業時間 11:00~14:00
17:00~23:00
定休日 火曜日
駐車場 あり

写真と文/林岳史

林岳史(はやしたけし)
ラーメン王子TAR-KUN(たーくん)として知られる林さんは1991年生まれ、宇陀市在住・在勤。19歳からラーメンの食べ歩きを始め、24歳で全国47都道府県のラーメンを制覇。ピーク時には年間550軒、今も年間200~300軒は食べ歩きます。その様子はNHK総合テレビ「ぐるっと関西おひるまえ」でも紹介されました。
ブログ「麺バカ TAR-KUN~全国制覇の野望~麺伝説

あわせていかが?
\レトロ駅舎”4駅をご案内/


なら女子旅「心ほどける鉄道旅へ。
「万葉まほろば線」でレトロ駅舎めぐり」

\見た目も味も個性的な奈良のご当地カレー/


特集「Let’sスパイスチャージ!
奈良のレトルトカレー8選」

\明日香を訪れる人すべての玄関口/


行きたい 寄りたい 大和路道の駅再発見!「道の駅飛鳥」

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.