ホーム > 歴史・文化 > 奈良県の世界遺産

オンライン書籍

奈良県の世界遺産

1.法隆寺地域の仏教建造物

1993年世界遺産登録

日本で一番最初に登録された世界遺産で、法隆寺と法起寺(ほうきじ)の2件の登録物件を含む「斑鳩(いかるが)の里」と呼ばれるエリア。
法隆寺は607年、推古天皇のときに、聖徳太子が創建したといわれる寺。白砂に松の緑も美しい広い境内には、金堂や五重塔、廻廊、夢殿をはじめとする世界最古の木造建造物が建ち並び、また115点の国宝をはじめとするたくさんの寺宝が伝わる。
一方の法起寺には、706年建立、高さ24mの日本最大・最古の三重塔がある。エリア内にはこのほか、木造菩薩半跏(はんか)像で知られる中宮寺や、法輪寺もあり、周囲には各寺の塔を望むのどかな風景が広がっている。

2.古都奈良の文化財

1998年世界遺産登録

平城宮跡、東大寺、興福寺、元興寺、唐招提寺、薬師寺、春日大社、春日山原始林の8件の登録物件を含むエリア。奈良県では2番目に世界遺産に登録された。
710年に藤原京から平城京に都が遷されて、現在までおよそ1300年。奈良市のほぼ中心部に当たるこのエリアは、街全体が現在でも平城京の名残をよくとどめている。多数の木造建造物と遺跡、そして人の手がほとんどはいっていない原始林が狭い範囲に集中して現在まで伝わっているのは、世界的に見ても極めてまれだ。
東大寺や興福寺をはじめとする木造仏教建造物の数々は、大陸文化の影響を受けた天平時代の文化を今に伝え、また春日大社は、仏教伝来以前の日本古来の精神文化を脈々と伝えている。いずれも国宝や重要文化財の宝庫である。

3.紀伊山地の霊場と参詣道

2004年世界遺産登録

奈良、和歌山、三重の3県にまたがる、「吉野・大峯」「高野山」「熊野三山」の霊場と、それを結ぶ参詣道を含むエリア。奈良県では3番目に世界遺産に登録された。深い山々を舞台に、日本古来の神道と大陸伝来の仏教とが結びつき、多くの修験者(しゅげんじゃ)の信仰の場として今も独特の宗教的景観がみられる。史跡とそれをむすぶ道、そして周囲の自然環境とがあわせて登録された例は珍しい。
何よりこれらの霊場では、今もその伝統が生き続けていることが貴重である。なかでも大峯山は現在も女人禁制がかたくなに守られていることで知られ、修験者らにより、険しい山々をひたすら走り抜ける奥駈け修行が行われている。

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.