ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 大和寒熟ほうれん草と鱈の豆乳煮

ふるさとの味

オンライン書籍

大和寒熟ほうれん草と鱈の豆乳煮

掲載日:2018年2月5日
料理創作・監修/白水智子

この時期にしか味わえないほうれん草です。風味も甘味も強く、どんなお料理にも使えます。今回はさらに風味が感じられるよう調理しました。この時期に是非お試しください!

大和寒熟ほうれん草と鱈の豆乳煮

材料材料2人分(1人分169.5Kcal)

大和寒熟ほうれん草150g
生タラ2切れ(160g程度)
塩 少々、小麦粉 適量
豆乳(無調整)200㏄
40㏄
白味噌小さじ2
小さじ1/4
太白ごま油小さじ2
水溶き片栗粉小さじ1~2
ゆずの皮適量

作り方

(1)ほうれん草は流水で洗い、根も残して半分に切る。
(2)生タラは軽く塩をふり、小麦粉をはたく。
(3)フライパンを温め、太白ごま油を馴染ませ(2)のタラを皮目から焼く。カリッと焼けたら身を焼く。ほうれん草の茎の方も入れ、酒を入れ蓋をして蒸し煮にする。
(4)ほうれん草の茎の色が変わり、タラがふっくらしたら、葉の部分と豆乳、塩を加え蓋をして、葉にさっと火を通す。
(5)白味噌を入れ、よく溶かし、水溶き片栗粉で少しとろみをつける。
(6)お皿に盛りつけ、ゆずの皮をあしらう。

ポイント

大和寒熟ほうれん草

特徴

大和高原地域の厳しい寒さを生かして育てられたほうれん草。普通のほうれん草に比べて糖度が非常に高く、濃くのある甘さが特徴。栽培中にあえて寒さにあたらせることで、夏場に比べて生育は遅い反面、しっかりとした味わいに。品種や栽培方法・地域、糖度測定など厳密な栽培マニュアルに基づき生産されています。

12月~2月
料理法和え物、おひたし、油炒めなど
生産地宇陀市、曽爾村、御杖村など
販売場所

奈良県内のスーパーなど

参照

奈良県「大和野菜公式ホームページ」
http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=17982

大和寒熟ほうれん草

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.