ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 苺のコンフィチュールとデザート

ふるさとの味

オンライン書籍

苺のコンフィチュールとデザート

掲載日:2011年3月14日
料理創作・監修/白水智子

苺のコンフィチュールとデザート

材料

苺のコンフィチュール
2パック
砂糖苺の量の半分
レモン汁1/2個分
ヨーグルトムースと苺のデザート
プレーンヨーグルト500g
生クリーム200ml
砂糖大さじ3
苺のコンフィチュール適量

作り方

苺のコンフィチュール
(1) 苺の分量を量る。その半分の量の砂糖を量る。
(2) 苺はヘタを取り、さっと洗いざるにあげる。
(3) 鍋に苺と分量の砂糖を入れ、しばらく置く(苺から少し水分が出てくるまで)。
(4) 中火にかけ、沸騰して泡が出てきたら、少し火を弱めアクをしっかり取る。
(5) アクを丁寧に取りながら、煮詰めていく。水分が少なくなってきたら、レモン汁を入れ、さらに煮詰める。
(6) 焦がさないよう、底を返すように時々混ぜ、残っている水分がとろりとしたら、最後に風味付けにキルシュワッサー(リキュール)を小さじ2杯程度入れ出来上がり。
(7) 瓶等に保存する。(瓶は前もって煮沸しておく)

ヨーグルトムースと苺のデザート
(1) ボウルにざるを重ね、キッチンペーパーを3枚程度重ね、敷いておく。
(2) プレーンヨーグルトを(1)のペーパーの上にあけ、一晩冷蔵庫で水切りする。
(3) ボウルに生クリームと分量の砂糖を入れ、角が立つ程度まで泡立てる。
(4) (3)に(2)のヨーグルトを入れ、さらに混ぜ、冷蔵庫でしばらく冷やす。
(5) 冷たくなったら、器に盛り、苺のコンフィチュールをかけ、ハーブをあしらう。

ポイント

※コンフィチュールを作る場合、最初の火加減は強火に近い中火。沸騰したら、中火で煮詰める。なるべく中火でサッと仕上げたほうがいいでしょう。
※仕上げのリキュールはなくても大丈夫です。
※ヨーグルトの水切りはなるべく時間をかけてしっかりしたほうが、生クリームと合わせた後、水分も出ず、ゆるくなりにくいです。
※苺のコンフィチュールはパンにも、ヨーグルトにも、牛乳に入れて苺ミルクでも美味しいです。
※コンフィチュールの砂糖の量はお好みで加減してください。少なすぎると、とろみがつきにくくなります。

苺(いちご)

特徴

奈良県は、近畿一のいちごの生産量を誇ります。人気の品種「あすかルビー」は、2000年に登場した奈良県生まれの品種。丸みがありつやつやとしていることから、ルビーの名前がつきました。ジューシーで適度に甘ずっぱく、大ぶりな実が特徴です。また2009年に誕生した同じく奈良生まれの「古都華」(ことか)は、中まで赤みが濃く、甘いだけでなく酸味や香りも強いのが特徴です。奈良県では、明日香、針、信貴山などでいちご狩りが楽しめます。

11月~6月
料理法生食、ジャムなど
生産地明日香村、天理など
販売場所

奈良県内の道の駅、JAなどの朝市、スーパーなど

参照

奈良特産品振興協会
http://www.nara-tokusan.com/productDetail3.html

苺(いちご)

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

奈良のうまいもの公式ページ

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.