ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 秋茄子と大和肉鶏の治部煮風

ふるさとの味

オンライン書籍

秋茄子と大和肉鶏の治部煮風

掲載日:2013年9月11日
料理創作・監修/白水智子

実の詰まった秋茄子と大和肉鶏の味わいが、こっくりと楽しめるお料理です。しみじみと奈良の秋を味わってください。

秋茄子と大和肉鶏の治部煮風

材料(4人分) 1人分108.7Kcal

茄子3本(300g程度)
鶏胸肉180g
しし唐8本
出汁370cc
サラダ油大さじ1
おろし生姜適量
30cc
濃口醤油大さじ1.5
砂糖小さじ2
みりん小さじ2
片栗粉適量

作り方

(1) 昆布と鰹で分量の出汁を取る。
(2) 茄子はヘタを取り、縦半分に切り、斜めに隠し包丁を入れ半分に切る。さっと水に晒す。しっかり水を切り、ペーパー等で拭いておく。
(3) 鶏肉は皮を取り、縦半分に切り、1㎝程度の厚さにそぎ切りする。
(4) しし唐はさっと洗っておく。
(5) 鍋を温め、サラダ油を馴染ませ、(2)の茄子を焼く。全体に油がまわったら、分量の出汁、酒、醤油、砂糖を入れ蓋をして煮る。
(6) 茄子が八分どおり軟らかくなったら、(3)の鶏肉に片栗粉をはたきながら、鍋に入れていく。
(7) 鶏肉の色が変わり、火がほぼ通ったら火を止め、蓋をして、しばらく置く。
(8) グリルまたは網でしし唐を焼いておく。
(9) 器に鶏肉、茄子、しし唐を盛り合わせ、出汁を注ぎ、おろし生姜をあしらう。

ポイント

※ 茄子は千両茄子、大和丸なす等好みの秋茄子をお使いください。
※ 好みで、きのこ類を加えていただいても美味しくできます。

大和肉鶏

特徴

名古屋種とニューハンプシャー種、シャモを交配した肉用鶏。第二次世界大戦前、奈良は日本の代表的な肉用鶏「やまとかしわ」の生産地として知られていました。120~140日かけて育てられた肉はほどよく脂がのり、歯ごたえと深いうまみがあり、昔ながらの味わい。ビタミンAや、ビタミンB群も豊富です。

通年
料理法煮物、焼物、炒め物など
生産地奈良県北部、中部
販売場所

畜産ならショップ(葛城市山田123-2、平日/9時~18時、土日/7時~18時、水曜定休、TEL 0745-69-5300)
ほか

参照

「奈良県畜産農業協同組合連合会」
http://chikusan.or.jp/nara/jidori/index.html

大和肉鶏

大和丸なす

特徴

丸々と太り、つやのある紫黒色と、ヘタに生えた太いトゲが特徴の大和丸なす。肉質はよくしまって煮くずれしにくく、焼いても煮てもしっかりとした食感がありますが、皮はやわらかです。なすはすでに平城京の時代には栽培されており、正倉院文書にも、天平勝宝2年(750)の6月になすを進上したという記録が残っています。

7月~9月
料理法焼き物、煮物など
生産地大和郡山市、奈良市、斑鳩町
販売場所

朝採り市場大御門(大和郡山市美濃庄町23、9時~17時営業、年末年始休み、TEL 0743-55-5767)
県内スーパーなど

参照

奈良県「大和野菜公式ホームページ」
http://www.pref.nara.jp/8050.htm

大和丸なす

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

奈良のうまいもの公式ページ

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.