ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 三輪素麺サラダ仕立て 桜の香り

ふるさとの味

オンライン書籍

三輪素麺サラダ仕立て 桜の香り

掲載日:2015年4月7日
料理創作・監修/白水智子

桜の花と三輪そうめんをサラダ風にアレンジ。繊細な三輪そうめんと桜の香りで春を満喫してください。

三輪素麺サラダ仕立て 桜の香り

材料(4人分) 1人分128.7Kcal

三輪そうめん1束
鯛(生食用)80g
筍(茹でたもの)120g
桜の花の塩漬け30g
セリ1束
白ワインビネガー大さじ2.5
オリーブオイル大さじ2.5
ナムプラー小さじ1.5
塩(鯛用)少々

作り方

(1) 鯛はしっかりめに塩をふって、キッチンペーパーに包んでおく。水分が出たら、サッと洗い、キッチンペーパーで水気をしっかりふき取り、3cm程度の長さの棒状に切る。
(2) 桜の花の塩漬けは洗って水に漬けておく。あしらい用の花を取っておき、残りは軸をはずし、水気を取る。
(3) 筍は2~3cm程度の長さの千切りにする。
(4) セリはあしらい用の葉を残して、1cm程度の長さに切る。
(5) ボウルに分量の白ワインビネガー、オリーブオイル、ナムプラーを入れよく混ぜる。
(6) (5)のボウルに(1)の鯛と(2)の桜の花を入れ、漬けておく。
(7) お湯を沸かし、そうめん、(3)の筍を入れ、茹でる。茹で上がったらざるに取り、冷水で洗う。水気をよく切って、(6)のボウルに入れ、(4)のセリも入れよく和える。ナムプラーで味を調整する。
(8) 器に盛り、取っておいた桜の花とセリの葉をあしらう。

ポイント

※茹で上がったそうめんはしっかり洗い、水気を切りましょう。
※桜の花の塩漬けは塩気を抜き過ぎないように注意しましょう。
※セリは地物の場合は量を加減してください。茎の長さも5mmぐらいの方が馴染み易いと思います。

三輪素麺

特徴

奈良時代、三輪の大神神社の神主が村人に製法を教えたとも、中国の唐菓子の一種が変化したとも伝わる三輪素麺は、奈良の特産品の代表格。極寒の冬に手延べで作られる素麺は、職人の経験と技とが光る、舌触り、歯ごたえすべて最高級の製品です。

料理法冷やし素麺、にゅうめんなど
生産地桜井市三輪
販売場所

桜井市三輪周辺

参照

奈良県三輪素麺工業協同組合
http://www.miwasoumen-kumiai.com/index.html

三輪素麺

特徴

吉野では桜は聖なる木であるとともに、花や葉は食用としても古くから利用され、特に桜の花の塩漬けは八重桜が香りがよいとされ、料理や羊羹や各種お菓子などさまざまに用いられてきました。また花は、リキュールやお香などにも利用されています。

3~4月
料理法料理、お菓子など
生産地吉野山など
販売場所

吉野山など

桜

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

奈良のうまいもの公式ページ

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.