ホーム > グルメ > お気に入りがきっと見つかる 食べる・飲む ナラ! > なら麦酒ならまち醸造所「麦舎-MUGIYA-」

お気に入りがきっと見つかる 食べる・飲む ナラ!

オンライン書籍

なら麦酒ならまち醸造所「麦舎-MUGIYA-」

イタリアン ランチにオススメ ディナーにオススメ

ブルワリー(醸造所)併設のビアレストラン

奈良県内で2番目、奈良市内では初となるクラフトビール(地ビール)の醸造所が2017年3月30日(木)に誕生、それが麦舎(むぎや)だ! ビアレストランを併設しているので、フレッシュなビールを美味しいイタリアンと一緒にいただける。場所はならまちの奥、十輪院の少し南で、人気の「よつばカフェ」のお隣である。バスだと「田中町」「紀寺町」バス停から徒歩5分。カウンターが14席ほど、テーブルが6席のおしゃれなお店である。

奈良産食材を使ったイタリアン

ビールが美味いのはもちろん、食事(15:00~21:00)もここの自慢である。大和野菜やヤマトポークの食事をいただきながら、いろんな味のビールを飲み比べていただきたい。締めにはパスタもあるので、しっかりと食べたい方にお薦めだ。

私が醸造しています

青山政義さん

まほろのディアブルーイング株式会社 代表取締役

青山さんは天理市のご出身。「美味しくて、しかも面白いビールを作りたい」と、岡山県の吉備土手下(きびどてした)麦酒醸造所で2年間の修業を経てオープンさせた。「清酒の発祥地であり、水がきれいで豊富な奈良の地でビールを作りたかった」とか。醸造は青山さんが1人で行っている。

お店に来たら、ぜひ飲んで!

看板商品「ならまちエール」

赤みがかった琥珀(こはく)色のこのビール、まろやかな味わいの中にもコクと苦みがしっかり。これは何杯飲んでも飲み飽きない味だ。大和茶のほうじ茶を使い、この色と苦みを出したというから、まさにクラフトマン(職人)のワザだ。ビールは他にも3種類ほどを取りそろえている(日によって変わる)。

お店に来たら、ぜひ食べて!その1

奈良県産野菜のベニエフリット

料理は、すべて料理長の岩田邦弘さんが作っている。ベニエフリットとは、具材にイーストで発酵させた生地で衣をつけ、油で揚げたもの。新鮮な奈良県産野菜をフワッとした洋風天ぷらに仕上げた逸品だ。

お店に来たら、ぜひ食べて!その2

鶏もも肉のグリル バルサミコソースがけ

大ぶりでシッカリとした鶏もも肉をグリル焼きし、ほどよい酸味のバルサミコ(果実酢)ソースをかけたもの。皮はパリッと、中身はシッカリ火が通っている。がっつり食べたい方にお薦めしたい。

昼の部は前菜を

昼の部(11:00~15:00)の料理は、前菜に限定されている。しかし前菜の種類は10種類近くあり(350~750円)、写真はほんの一例だ。「おまかせ前菜3種盛り合わせ」(550円)もあるので、迷ったときにはまずはこちらをご注文いただきたい。

なら麦酒ならまち醸造所「麦舎-MUGIYA-」 DATA

TEL0742-95-9700
住所奈良市紀寺町956番地2
ホームページhttp://narabeer.jp/
アクセス近鉄奈良駅から徒歩20分または「田中町」・「紀寺町」バス停から徒歩5分
営業時間

11:00~21:00

定休日火曜日、水曜日
駐車場なし
おすすめ利用シーン友人、カップル、仕事仲間で(人数が多い場合は予約がおすすめ)
その他11:00~15:00までの食事は前菜限定

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.