ホーム > 見どころ情報 > 平井大師山石仏群

見どころ情報

オンライン書籍

平井大師山石仏群

幕末の名石工が彫ったミニ四国88ヶ所霊場

小高い大師山(だいしやま)の上に、100体ほどの石仏が並ぶ。そのうち88体は、四国八十八ヶ所霊場を模した霊場をつくっており、「平井八十八ヶ所霊場」の名で知られる。本場と同じ寺名と本尊名の石仏が置かれ、四国まで行けない村人たちが「巡礼の旅」を果たしたという。石仏を手がけたのは、幕末の名石工、丹波の佐吉輝信(さきちてるのぶ)。弟子15人ほどとともに彫り上げ、大師山に運んだという。名工作を一堂に拝することができ貴重。

名称平井大師山石仏群(ひらいだいしやませきぶつぐん)
所在地〒633-2201 宇陀市菟田野平井
TEL宇陀市商工観光課 0745-82-2457
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間自由
駐車場有り/無料
交通(マイカー)西名阪自動車道天理ICから国道25号(名阪国道)針IC、国道369号経由、約32.7km、約47分
交通(公共交通機関)近鉄榛原駅から菟田野行き、東吉野村役場行きバスで約12分、宇陀藤井下車、徒歩約50分

関連リンク

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.