ホーム > グルメ > 超おすすめ!絶品ラーメン > 豚珍館

超おすすめ!絶品ラーメン

オンライン書籍

豚珍館

五條市

掲載日:2020年1月16日

自家製麺にとろみのある野菜餡がよく絡む名物ちゃんぽん

五條市で地元民から絶大な人気を誇る、この寒い季節にピッタリの一杯をご紹介したい。

ラーメン屋が少ない五條市で、私が過去に訪れて『おっ?』と感じさせてくれたのは、地元で人気の中華料理屋で頂けるちゃんぽん。

ちゃんぽんは「さまざまな物を混ぜること、また混ぜたもの」を意味する言葉であり、日本全国に個性豊かなちゃんぽんが存在する。
一般的にイメージされやすいのは長崎ちゃんぽんではないだろうか?
今回ご紹介する『豚珍館』のちゃんぽんは、たっぷりの具材が熱々の餡と一体となった名物メニューだ。

まず、提供されて驚くのが器の大きさ!
洗面器ほどもある大きな丼から湯気が立ち込め、果たして食べきれるだろうか?と頭をよぎるほど。
このボリュームには、『食べた人の“器”が大きくなって大成し、たくさんの人を店に連れてきてくれますように』という思いが込められているそう。

トロミのあるスープは、ヒネ鶏と豚骨を10時間ほど煮込んだ動物系のスープを軸に醤油ダレで味を整えてある。
熱々で猫舌泣かせではあるが、クドさやしつこさがなくて食べやすく、体の芯から温まるホッコリとした味わいだ。
麺は自家製の中細麺を少し柔らかめの茹で加減で使っており、とろりとした野菜餡がよく絡んで一体感が楽しめる。
さらに嬉しいのは大盛も同額料金ということ。
この大盤振る舞いのサービスも、地元の常連客をガッチリと掴んでいる要因の一つだろう。

デラックスを選ぶとレアチャーシューがトッピングされるが、このレアチャーシューは町の中華屋で提供されるモノと侮るなかれ、ラーメン専門店顔負けのクオリティー。
臭みを上手く取り除き、肉の旨味をしっかりと引き出されていて、優しい味わいのちゃんぽんをグレードアップしてくれる。
キャベツやモヤシ、ニンジンや玉葱等のたっぷりな野菜達の食感も楽しく、トロトロの半熟卵も満足感を引き上げている。

“昔ながら”の名に驕らず技巧を凝らしたメニューが続々と登場!

約15年前から先代に教わりながら修業を積み、店を受け継いだ山口店主。
ちゃんぽんはその先代が考案されたメニューで、40年もの間お客さんに愛され続けている。
山口店主は更にラーメン学校へ入って一からラーメンの事を学び直し、スープの組み立てから製麺までひと通りの技術を習得したのだそう。
そこで学んだ知識を織り交ぜてメニューの改良を重ねつつ、先代からの教えをしっかりと調理や営業に生かしている。
意欲的に新しいメニューにもチャレンジしており、取材時に食指が動いた数量限定メニューが「麻婆まぜそば」である。
コチラは以前から人気の「麻婆丼」を食べた常連客・中田昭一氏(奈良を中心に食べ歩きをされているインスタグラマー)の提案から生まれた一杯。

単純に麻婆豆腐を麺に乗せただけではなく、魚介のオイルや魚粉などを加えることで味に深みを持たせ、ちゃんぽんとはまた違ったテイストの麺を特製。

香ばしく炙った角切りチャーシューもゴロゴロと入っていて、まぜそばとしての完成度が高い。

ほかにも、今では幻となってしまった『橿原スタミナラーメン』の「スタミナやきそば」をオマージュしたメニューが発売されたばかり。

訪れるたびに名物が増えて注文に悩んでしまう、とても魅力的な中華料理屋だ。

人気メニュー

  • ちゃんぽんデラックス 990円
  • 麻婆まぜそば 770円
  • スタミナ焼きラーメン 770円

店舗情報

店名 中華料理 豚珍館
TEL 0747-22-1818
住所 奈良県五條市野原西2-9-35
アクセス JR五条駅から徒歩約15分
営業時間 11:00~14:30(売り切れ次第)
定休日 金曜日
駐車場 駐車場あり

写真と文/林岳史

林岳史(はやしたけし)
ラーメン王子TAR-KUN(たーくん)として知られる林さんは1991年生まれ、宇陀市在住・在勤。19歳からラーメンの食べ歩きを始め、24歳で全国47都道府県のラーメンを制覇。ピーク時には年間550軒、今も年間200~300軒は食べ歩きます。その様子はNHK総合テレビ「ぐるっと関西おひるまえ」でも紹介されました。
ブログ「麺バカ TAR-KUN~全国制覇の野望~麺伝説

あわせていかが?
\奈良の大自然×満点の星空/


ゆるキャラといく まちかど探検隊「満点の星空のくにin五條市大塔町」

\秘境感あふれる温泉へGO!/


特集「冬こそ極上の温泉に癒されたい!目指せ、奥大和の秘湯♨」

\奈良県のパワースポットの代表格/


なら女子旅「心もカラダもデトックス♡水のパワースポット『天川村』へGO!」

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.