奈良の地域情報を発信!

ホーム > グルメ > 超おすすめ!絶品ラーメン > とんこつ愛があふれてるラーメンとりこ

超おすすめ!絶品ラーメン

とんこつ愛があふれてるラーメンとりこ

天理市

掲載日:2021年3月15日

ブランド牛の香りに独自配合の辛ダレが合わさって後を引く味わいを演出。

2021年の奈良のラーメンシーンも面白くなりそう! そう感じさせてくれるお店がまた奈良県に誕生した。
2020年11月の記事でご紹介した橿原市の【炭焼七輪と大和牛 とりこ】が、天理にラーメンが主体の2号店をオープンさせたのだ。

今回の出店にあたって新メニューを考案し、できあがったのが「特製とりこラーメン」。
スープには、メインの豚骨に加えて焼肉屋をやっていることを最大の強みにした大和牛の牛骨を使用。
豚骨の倍の時間で圧力をかけて炊き上げており、豚骨を上回るほどの牛の香りが特徴。
濃厚さを売りにした本店のラーメンとは異なり、サラッとしながらも白濁していて口当たりがまろやかなスープになっている。

中央に乗せられた秘伝の辛ダレは、本店で使っている焼肉用の味噌ダレとヤンニンジャンを独自配合。
辛さはそれほどなく、後を引くジャンキーな味わいで、これをスープに溶かすと不思議と焼肉屋でお肉をいただいた満足感があり、オリジナリティーを感じる一杯に変身する。
また、スープの濃度を落とし、ツルツルとしたのど越しの良い大阪のミネヤ食品の中太ストレート麺を合わせることで、誰もが食べやすく万人に愛されるラーメンを目指した。

国産の豚バラ肉を炙って脂が溢れ出すチャーシューに、トロッとした半熟卵やノリが6枚も乗った特製トッピングは、お店のイチオシとあって満足度抜群だ。

子ども向けラーメンも用意! ファミリー大歓迎のサービスも◎。

念願の2号店は、本店の“焼いて呑んで麺で〆る”ではなくラーメン一本で勝負!
本店は【ラーメン小僧】のレシピを踏襲しているため、自信を持っていたという代表の植松さん。
本店を開店した当初から2号店のビジョンは持っていたが、コロナウィルスの影響で中々出店のタイミングが掴めず、ようやく今回のオープンにたどり着けたのだそう。

広々とした店内は、カウンターのほかに小上がりのテーブル席を配置。
ファミリーでも安心して来てもらいたいという思いを込めて、お子様ラーメンを480円で発売。4歳未満には無料で提供されている。
さらに、お子様ラーメンを完食するとお菓子やオモチャが貰えることも、うれしいサービスだ。
8種類の魚介を合わせた魚介豚骨や昔ながらの魚介ラーメンなどメニューも豊富でサイドメニューも充実。
ラーメン屋へはなかなか家族を連れて行けない……と悩んでいる方にこそ、ぜひ気軽に訪れてみてほしい。

人気メニュー

  • 特製とりこラーメン 880円
  • 特製豚骨ラーメン 680円
  • お子様醤油ラーメン 480円

店舗情報

店名 とんこつ愛があふれてる ラーメンとりこ
TEL 非公開
住所 奈良県天理市石上町505-1
アクセス 櫟本駅から徒歩約15分
営業時間 11:00~15:00(L.o14:30)
17:00~22:00(L.o21:30)
駐車場 あり

写真と文/林岳史

林岳史(はやしたけし)
ラーメン王子TAR-KUN(たーくん)として知られる林さんは1991年生まれ、宇陀市在住・在勤。19歳からラーメンの食べ歩きを始め、24歳で全国47都道府県のラーメンを制覇。ピーク時には年間550軒、今も年間200~300軒は食べ歩きます。その様子はNHK総合テレビ「ぐるっと関西おひるまえ」でも紹介されました。
ブログ「麺バカ TAR-KUN~全国制覇の野望~麺伝説

あわせていかが?
\見た目も味も個性的な奈良のご当地カレー/


特集「Let’sスパイスチャージ!
奈良のレトルトカレー8選」

\修学旅行で訪れた思い出を再び!/


特集「夫婦で巡る思い出の奈良、
再びの修学旅行」

\奈良!人気ローカル線の旅/


なら女子旅『心ほどける鉄道旅へ。
「万葉まほろば線」でレトロ駅舎めぐり』

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.