奈良の地域情報を発信!

ホーム > イベント > イベント情報 > 2021年7月に開催中の短期イベント

イベント情報

2021年7月に開催中の短期イベント

7月1~5日信貴山朝護孫子寺
毘沙門天王特別公開

9時~16時。聖徳太子ゆかりの同寺は、虎をシンボルとする「信ずべき貴ぶべき山」として親しまれている。特別公開は7月3日の毘沙門天王御出現大祭を含む期間限定。本尊・秘仏毘沙門天立像が特別公開される。(参列は1度につき人数制限あり)。

住所 平群町信貴山2280-1
アクセスJR・近鉄王寺駅からバス「信貴大橋」下車、徒歩約5分
お問い合わせ信貴山朝護孫子寺 0745-72-2277

7月3日信貴山朝護孫子寺
毘沙門天王御出現大祭

3時から、本堂で。 毘沙門天王に百味のお供えを施し、徹夜詣りが行われる。

住所 平群町信貴山2280-1
アクセスJR・近鉄王寺駅からバス「信貴大橋」下車、徒歩約5分
お問い合わせ信貴山朝護孫子寺 0745-72-2277

7月4日龍田大社
風鎮大祭

毎年7月第1日曜、10時30分から。午前中に祭典、午後からはさまざまな神賑(かみにぎわい)行事が行われる。21時頃から迫力ある風神花火が奉納される。暴風や洪水がおこらないようにと祈願する祭りで、1300年の歴史がある。(写真撮影禁止)

住所 生駒郡三郷町立野南1-29-1
アクセスJR三郷駅から徒歩約5分
お問い合わせ龍田大社 0745-73-1138

7月5日東大寺
俊乗房重源上人座像特別公開

鎌倉時代に「造東大寺大勧進」として大仏殿をはじめ東大寺の伽藍を復興し、建永元年(1206)、86歳でその生涯を終えた俊乗房重源上人の「俊乗忌」。法要終了の11時ごろから16時まで。本像(国宝)は同寺の鐘楼脇に建つ俊乗堂に安置されている。像は快慶が造立したといわれている。制作年代は鎌倉時代(13世紀)。保存状態は良好。

住所 奈良市雑司町406-1
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バス「東大寺大仏殿・春日大社前」下車徒歩約5分。近鉄奈良良駅から徒歩約20分
お問い合わせ東大寺寺務所 0742-22-5511

7月7日興福寺
弁才天供

法要は10時から(一般の参拝は不可)。国宝三重塔の内部の拝観は9時から16時。興福寺の弁才天は、弘法大師が天川の弁才天を勧請したと伝えられる。日本では吉祥天と混同されたため、福徳・財宝の神とされ室町時代中期頃からは七福神の1つに数えられるようになった。この日、三重塔内に安置してある窪弁才天を祀る。また、三重塔の内部がこの日にかぎり拝観できる。

住所 奈良市登大路町48
アクセスJR奈良駅から市内循環バス「県庁前」下車すぐ。近鉄奈良良駅から徒歩約5分
お問い合わせ興福寺 0742-22-7755

7月7日金峯山寺
蓮華会(蛙飛び)

金峯山寺の三大行事の一つ。役行者が産湯をつかったと伝えられる大和高田市奥田にある弁天池の清浄な蓮の花を蔵王権現に備える法会。蛙飛び行事は、大青蛙を乗せた太鼓台が蔵王堂へ練り込み、法要のあと蛙飛びの儀式が行われ、最後に導師の授戒によってめでたく人間の姿に戻る。15時頃行列が下千本を出発、16時頃から蓮華会および蛙飛び法要。法要後はユーモラスなしぐさで観客を魅了する蛙飛びが行われる。

住所 吉野郡吉野町吉野山2498
アクセス近鉄吉野駅から徒歩約3分で千本口駅へ、ロープウェイで約3分、吉野山駅下車、徒歩約10分
お問い合わせ金峯山寺 0746-32-8371

~7月11日奈良県立万葉文化館
特別展「万葉集と大和の風景~入江泰吉が追い求めた万葉の息吹~」

同館の中心的なコレクションである「万葉日本画」のうち、「風景」をテーマとして描いた作品と、写真家・入江泰吉が撮り続けた大和の風景作品をあわせて展示。画家が万葉歌から想像をめぐらせて描いた古代大和の風景と、入江泰吉がとらえた現代の大和の二つの世界を楽しむことできる。入江泰吉が撮影した法隆寺の作品を中心に「聖徳太子」に関する美術作品を紹介するコーナーもある。月曜日休館(祝日の場合は翌平日)。

住所 明日香村飛鳥10
アクセス近鉄橿原神宮前駅東口、または飛鳥駅から明日香周遊バスで「万葉文化館西口」下車すぐ
お問い合わせ奈良県立万葉文化館 0744-54-1850

7月17日法華寺
蓮華会式(茅の輪くぐり)

光明皇后が「かや」を供え疫病除けを祈願したことにちなんで、茅の輪くぐりが行われる。茅の輪くぐり17時~、行燈点灯18時半~、法要19時~。法要中の本堂内の参拝は中止。

住所 奈良市法華寺町882
アクセスJR・近鉄奈良駅から大和西大寺駅・航空自衛隊前行きバス14分、「法華寺前」下車徒歩約3分
お問い合わせ法華寺 0742-33-2261

7月20日西大寺
饒益坊忌

14時から。同寺法寿院で。禅心上人(興正菩薩の兄)の忌日法要。通称「めいわくさん」といわれている。

住所 奈良市西大寺芝町1-1-5
アクセス近鉄大和西大寺駅南口から徒歩約3分
お問い合わせ西大寺 0742-45-4700

7月23日西大寺
地蔵会式

15時~16時ごろ。奥の院地蔵堂本尊の大祭。

住所 奈良市西大寺芝町1-1-5
アクセス近鉄大和西大寺駅南口から徒歩約3分
お問い合わせ西大寺 0742-45-4700

7月23日十輪院
地蔵盆法要

18時~19時。本堂(国宝)の軒下に多数の提灯を吊って境内をライトアップし、幻想的な雰囲気の中で法要を行う。19時から20時まで住職の法話がある。

住所 奈良市十輪院町27
アクセスJR・近鉄奈良駅から天理駅・桜井駅行バス約8分、「福智院町」下車 徒歩約3分
お問い合わせ十輪院 0742-26-6635

7月24日法隆寺
東院地蔵会

18時から。東院伝法堂の地蔵菩薩を本尊として行う法要。

住所 斑鳩町法隆寺山内1-1
アクセスJR法隆寺駅から法隆寺行バス「法隆寺門前」下車すぐ
お問い合わせ法隆寺 0745-75-2555

~7月25日松伯美術館
上村淳之 米寿記念Ⅱ上村松園・松篁・淳之三代展~鳥たちに魅せられて~

10時~17時(受付は16時まで)。日本画家の上村淳之が米寿を迎えるのを記念して、淳之作品を中心に同館所蔵作品と、祖母の松園、父の松篁の作品も展示。約70点出品。

住所 奈良市登美ヶ丘2-1-4
アクセス近鉄学園前駅北口バスターミナルよりバスで約5分、「大渕橋」下車、大渕橋を渡った右側
お問い合わせ松伯美術館 0742-41-6666

~7月26日寧楽美術館
花をたずねて

画をはじめ、花弁のかたちを意匠に取り入れた工芸品などが展示される。

住所 奈良市水門町74
アクセス近鉄奈良駅下車、徒歩約15分
お問い合わせ寧楽美術館 0742-25-0781

7月28日東大寺
解除会(茅の輪くぐり)

8時から15時(法要は9時頃まで)。大仏殿前に設けられた茅草製の直径約2mの茅の輪を僧侶がくぐったのち、盧舎那仏に疫病が流行しないように祈る法要が行われる。本年は新型コロナウイルスを踏まえ、茅の輪くぐりを8月9日(月)まで延長。

住所 奈良市雑司町406-1
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バス「東大寺大仏殿・春日大社前」下車徒歩約5分。近鉄奈良良駅から徒歩約20分
お問い合わせ東大寺寺務所 0742-22-5511

7月31日大神神社
綱越神社例祭(おんぱら祭)

10時から。「おんぱら祭」とは「御祓い」がなまったもの。祭典では古式にのっとり神馬引きや茅の輪くぐりが行われる。綱越神社も親しみを込めて「おんぱらさん」と呼ばれている。

住所 桜井市三輪1422
アクセスJR三輪駅から徒歩約5分
お問い合わせ大神神社 0744-42-6633

~7月31日談山神社
談峯如意輪観音菩薩坐像特別公開

8時30分~17時(受付は16時30分まで)。足腰の病に霊験あらたかな秘仏・談峯如意輪観音菩薩坐像が特別公開される。

住所 桜井市多武峰319
アクセスJR・近鉄桜井駅から談山神社行きバス終点下車、徒歩約3分
お問い合わせ談山神社 0744-49-0001

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.