ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 大和まなと柿の炒め物

ふるさとの味

オンライン書籍

大和まなと柿の炒め物

掲載日:2018年11月12日
料理創作・監修/白水智子

季節の柿と伝統野菜の大和まなを合わせて炒めました。緑と柿色、見た目も美しく、秋を満喫できます。

大和まなと柿の炒め物

材料2人分(1人分130.5Kcal)

大和まな150g
1個(約200g)
ごま油小さじ2
小さじ1/4
ブラックペッパー適量

作り方

(1)大和まなは洗い、3㎝程度の長さのざく切りにする。
(2)柿は皮を剥き、7㎜角程度の棒状に切る。
(3)フライパンを温め、ごま油を馴染ませ、大和まなの茎を入れ、炒める。
(4)茎の色が鮮やかになったら、葉と柿を入れ、分量の塩も入れ炒める。葉がしんなりして、柿の表面が艶やかになったら、火を止めお皿によそう。
(5)お皿に盛りつけてから、ブラックペッパーを好みの量挽く。

ポイント

大和まな

特徴

日本でもっとも古い野菜の1つ。『古事記』にも「菘(すずな)」と記され、中国からもたらされたツケナ(漬け菜)に由来する。その後、全国に広まり、各地で特有の品種が作られていった。「大和まな」もその1種で、もともとの原種に近いといわれている。濃い緑の葉には大根の葉に似た切れ込みがあり、厚めだが柔らかく甘みも多い。ベビーリーフは生食でもおいしい。

11月~2月
料理法煮物、漬物、おひたし、酢の物、サラダなど
生産地奈良市、大和郡山市、大和高田市、宇陀市など
販売場所

奈良県内の道の駅、JAなどの朝市、スーパーなど

参照

奈良県「大和野菜公式ホームページ」
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-8035.htm

大和まな

特徴

「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」。正岡子規の句にも詠まれたように、奈良といえば柿。全国第2位の生産量を誇る奈良の特産品で、7月から出回るハウス柿をはじめ、「刀根早生(とねわせ)」「平核無(ひらたねなし)」「富有(ふゆ)」と、旬を迎える秋から翌1月まで全国に出荷されます。ビタミンC、ポリフェノール、食物繊維をたっぷりと含む美容と健康によい食品です。

10月下旬~12月上旬
料理法生食、干し柿、デザートなど
生産地五條市、下市町、御所市、天理市など
販売場所

奈良県内の直売所、スーパーなど

参照

JAならけんHP
http://www.ja-naraken.or.jp/products/kaki.html

柿

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.