ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 大和丸なすのパン粉焼き 茗荷味噌(みょうがみそ)を添えて

ふるさとの味

オンライン書籍

大和丸なすのパン粉焼き 茗荷味噌(みょうがみそ)を添えて

掲載日:2010年7月9日
料理創作・監修/白水智子

大和丸なすのパン粉焼き 茗荷味噌(みょうがみそ)を添えて

材料(3~4人分)、1人分 180Kcal

大和丸なす1個
適量
小麦粉適量
パン粉(細目)適量
溶き卵1/2個分
オリーブオイル適量
茗荷味噌
  花みょうが3個
  赤味噌大さじ1強
  粉山椒少々

作り方

(1) 丸なすはヘタを落とし、下の部分も平らになるよう、少し落とす。2cm位の厚さ(3~4等分)に輪切りにし、両面軽く塩をふり、しばらく置く。
(2) 水分とアクが出てきたら、水でさっと洗い、キッチンペーパー等でしっかり水気を取る。
(3) (2)の丸なすの上下(断面)にのみ、小麦粉、溶き卵、パン粉をつける。
(4) 蓋付のフライパンまたは鍋を熱し、フライパンまたは鍋の底に、すべてオイルがまわる程度の量のオリーブオイルを入れる。
(5) 丸なすを並べ、蓋をして、最初中火で焼き色がついてきたら、弱火にしてしばらく焼く。焼き面が狐色になったら、裏返し、同様に焼く。
(6) 茗荷味噌は花みょうがを5mm角程度の粗微塵に切りボウルに入れ、赤味噌、粉山椒を加え、よく混ぜ合わせる。
(7) 焼きあがった丸なすをキッチンペーパーに取る。
(8) 器に盛り、茗荷味噌を添える。

ポイント

※ 丸なすはヘタに太いトゲがあるので、注意しましょう。
※ 丸なすの皮の部分に衣を付けないようにしましょう。
※ 茗荷味噌は時間が経つと花みょうがから水分が出るので、いただく直前に和えましょう。
※ ウスターソースもよく合います。
※ 焼きたて、熱々を是非どうぞ!
※ 他の揚げ物料理をするときに一緒に揚げてもおいしくできます。
※ 少ない油で蒸し焼きにするので、油っぽくなくヘルシーに仕上がります。
※ 茗荷味噌の花みょうがも大和伝統野菜です。

大和丸なす(やまとまるなす)

特徴

丸々と太り、つやのある紫黒色と、ヘタに生えた太いトゲが特徴の大和丸なす。肉質はよくしまって煮くずれしにくく、焼いても煮てもしっかりとした食感がありますが、皮はやわらかです。なすはすでに平城京の時代には栽培されており、正倉院文書にも、天平勝宝2年(750)の6月になすを進上したという記録が残っています。

7月~9月
料理法焼き物、煮物など
生産地大和郡山市、奈良市、斑鳩町
販売場所

朝採り市場大御門
(大和郡山市美濃庄町23、9時~17時営業、年末年始休み、TEL0743-55-5767)
県内スーパーなど

参照

奈良県「大和野菜公式ホームページ」
http://www.pref.nara.jp/8050.htm

大和丸なす(やまとまるなす)

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

奈良のうまいもの公式ページ

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.