ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 大和まなと帆立の中華風豆乳煮

ふるさとの味

オンライン書籍

大和まなと帆立の中華風豆乳煮

掲載日:2011年2月7日
料理創作・監修/白水智子

大和まなと帆立の中華風豆乳煮

材料(4人分)、1人分 約160Kcal

大和まな1束
帆立貝柱200g
ホールコーン1缶(130g)
豆乳200ml
サラダ油大さじ1と1/2
大さじ2
小さじ1/2
白胡椒少々
さとうひとつまみ
水溶き片栗粉適量
ごま油少々

作り方

(1) 大和まなは流水でよく洗い、根の部分を切り落とす。3cm程度の長さに切っておく。
(2) 帆立貝は厚みがあれば半分の厚さに切る。
(3) ホールコーンはざるに上げ、さっとお湯をかけて、水気を切っておく。
(4) フライパンにサラダ油を馴染ませ、(1)の大和まなを炒める。色が変わったら、コーンを入れ、さらに炒める。
(5) 帆立も(4)に入れ、塩、白胡椒、酒を入れ、帆立の周りが白っぽくなってきたら、豆乳を加えさっと煮立てる。
(6) 味をみて、塩を加減する。最後に砂糖を一つまみ入れ、水溶き片栗粉でとろみをつける。ごま油を入れ、火を止める。

ポイント

※大和まながたくさんいただけるメニューです。
※豆乳を入れてから煮立てる時間が長いと分離するので、煮立ったら手際よく完成させましょう。
※帆立の代わりに海老を使ってもいいです。

大和まな(やまとまな)

特徴

日本でもっとも古い野菜の1つ。『古事記』にも「菘(すずな)」と記され、中国からもたらされたツケナ(漬け菜)に由来する。その後、全国に広まり、各地で特有の品種が作られていった。「大和まな」もその1種で、もともとの原種に近いといわれている。濃い緑の葉には大根の葉に似た切れ込みがあり、厚めだが柔らかく甘みも多い。ベビーリーフは生食でもおいしい。

11月~2月
料理法煮物、漬物、おひたし、酢の物、サラダなど
生産地奈良市、大和郡山市、大和高田市、宇陀市など
販売場所

奈良県内の道の駅、JAなどの朝市、スーパーなど

参照

奈良県「大和野菜公式ホームページ」
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-8035.htm

大和まな(やまとまな)

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

奈良のうまいもの公式ページ

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.