ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 桜寿司

ふるさとの味

オンライン書籍

桜寿司

掲載日:2011年4月11日
料理創作・監修/白水智子

桜寿司

材料(5人分)、1人分約452Kcal

3合
米の1割増し程度
出汁昆布10cm角程度 1枚
合わせ酢
・酢100cc
・砂糖大さじ3と1/2
・塩小さじ1
桜の葉5枚
桜の花塩漬け40g
菜の花適量
<寿司の具>
180g
鶏肉ささみ200g
出汁250cc
30cc
薄口大さじ1
砂糖大さじ1と1/2
小さじ1/2
そぼろ卵
・全卵3個
・みりん大さじ2
・砂糖大さじ1
・塩少々
・酢小さじ1/2

作り方

(1) 米は洗い、ざるに上げ、しばらく置き、分量の水に浸けておく。出汁昆布も入れておく。
(2) 合わせ酢の調味料をすべて合わせ、よく混ぜ合わせておく。
(3) 桜の葉、花は水につけ、塩抜きする。葉は水気をペーパーで拭きとり、真ん中の軸を取り除き、細く千切りにする。花は飾り用に10個ほど別によけておく。残りの花、花びらもペーパーで水気を取っておく。
(4) 筍、鶏肉ささみは1cm角程度に切り、鍋に入れ、分量の出汁、調味料で汁気がなくなるまで煮詰める。
(5) 全卵3個と分量の調味料をボウルに入れ、よく撹拌する。テフロンのフライパン、または、鍋にクッキングシートを敷き、すべてを入れる。中火にかけ、箸を数本束にし、よく混ぜながら火を通す。周りが固まりかけたら火を止め、予熱で火を通し、そぼろ状にする。焦げやすいので火加減に注意する。
(6) 菜の花の蕾と花の部分だけ、さっと茹で、ざるに上げ、冷ましておく。
(7) 米を炊く。炊き上がったら、昆布を取り出し、(2)、(3)を加え、さっくりと混ぜる。葉が団子状にならないよう気をつける。(4)の具も加え、混ぜ合わせる。器に(7)を盛り、そぼろ卵、桜の花、菜の花を体裁よく添える。

ポイント

※吉野の桜をイメージして作ったお寿司です。桜の香りが優しいので、具は淡白な味、香りのものを合わせています。
※そぼろ卵は焦げやすいので、固まりかけたら火を止め、撹拌を細かくするといいでしょう。

桜(さくら)

特徴

吉野では桜は聖なる木であるとともに、花や葉は食用としても古くから利用され、特に桜の花の塩漬けは八重桜が香りがよいとされ、料理や羊羹や各種お菓子などさまざまに用いられてきました。また花は、リキュールやお香などにも利用されています。

料理法料理、お菓子など
生産地吉野山など
販売場所

吉野山など

桜(さくら)

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

奈良のうまいもの公式ページ

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.