ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 柿のコンポート ほうじ茶風味

ふるさとの味

オンライン書籍

柿のコンポート ほうじ茶風味

掲載日:2014年10月15日
料理創作・監修/白水智子

ほうじ茶の芳ばしさ、ほろ苦さが柿の風味を引き立てます。いつもと違った大人の柿をアイスクリームと共に楽しんでください。

柿のコンポート ほうじ茶風味

材料4人分(1人分125.5Kcal)

1個(200g程度)
130cc
砂糖大さじ3
レモン汁小さじ2
ほうじ茶5g
アイスクリーム(バニラ)120ml 1個
ミント適量

作り方

(1) 柿は皮をむきヘタを取り、1/8のくし型に切る。
(2) ほうじ茶はあらかじめ、お茶パックに入れておく。
(3) 小さめの鍋に、分量の水、砂糖を入れ、(1)の柿も入れ、火にかける。
(4) 沸騰したら、弱火にし、ふたをして静かに煮る。
(5) 柿が軟らかくなったら、レモン汁を加え、お茶パックに入れたほうじ茶も加え、軽く煮出し、パックは取り出す。
少し煮て、火を止める。
(6) よく冷やして、アイスクリームと盛り合わせ、ミントをあしらう。

ポイント

※柿は少し固めのほうがよいでしょう。
※砂糖は柿の甘さをみて、調整してください。
※ほうじ茶は好みで量を加減してください。

特徴

「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」。正岡子規の句にも詠まれたように、奈良といえば柿。全国第2位の生産量を誇る奈良の特産品で、7月から出回るハウス柿をはじめ、「刀根早生(とねわせ)」「平核無(ひらたねなし)」「富有(ふゆ)」と、旬を迎える秋から翌1月まで全国に出荷されます。ビタミンC、ポリフェノール、食物繊維をたっぷりと含む美容と健康によい食品です。

10月下旬~12月上旬
料理法生食、干し柿、デザートなど
生産地五條市、下市町、御所市、天理市など
販売場所

奈良県内の直売所、スーパーなど

参照

JAならけんHP
http://www.ja-naraken.or.jp/products/kaki.html

柿

大和茶

特徴

大和茶は、大同元年(806)に弘法大師が唐から茶の種を持ち帰り、宇陀地方に植栽したのが始まりといわれています。現在奈良県は全国第6位の茶葉生産を誇っています。煎茶・番茶・玉露・ほうじ茶・玄米茶・かぶせ茶など、さまざまな種類のお茶が生産され、健康飲料としても注目を集めています。今回使用したほうじ茶は、緑茶を赤茶色に焙(ほう)じた香ばしいお茶で、どんな食事にもよく合います。

新茶5月
料理法飲料、天ぷら、和え物など
生産地奈良市東部地域(田原・柳生・大柳生・月ヶ瀬・都祁)、山添村、宇陀市
販売場所

県内各地

参照

JAならけんHP
http://www.ja-naraken.or.jp/products/cha.html

大和茶

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

奈良のうまいもの公式ページ

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.