ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 大和肉鶏と味間芋の煮込み 白味噌風味

ふるさとの味

オンライン書籍

大和肉鶏と味間芋の煮込み 白味噌風味

掲載日:2014年11月13日
料理創作・監修/白水智子

しっかりとした大和肉鶏と味間芋の食感、風味が楽しめるお料理です。白味噌がまろやかでほっこりします。

大和肉鶏と味間芋の煮込み 白味噌風味

材料4人分(1人分437Kcal)

大和肉鶏もも肉500g
味間芋300g
よもぎ麩120g
柚子適量
からし適量
昆布だし250cc
50cc
白味噌大さじ2
みりん大さじ1

作り方

(1) 大和肉鶏は余分な脂を取り、軽く塩をふる。
(2) 味間芋はさっと茹で、皮を剥く。大きいものは半分に切る。
(3) よもぎ麩は1cm幅程度に切っておく。
(4) 蓋付きの大きめの鍋をよく熱し、皮のほうから焼く。皮がぱりっとしっかり焼けたら返し、身のほうを焼く。
(5) 昆布だし、酒、味間芋を入れ、小芋が8分通り軟らかくなるまで煮る。
(6) (5)によもぎ麩も加え、白味噌を溶かし、煮汁がとろりとなるまで煮る。
(7) みりんを加え、少し煮る。
(8) 鶏肉を取り出し、一口大に切る。
(9) 器に鶏肉、小芋、よもぎ麩を盛り付け、ふり柚子、からしを添える。

ポイント

※白味噌は商品によって、塩分が違うので加減してください。
※よもぎ麩のかわりに、粟麩でもよく合います。

大和肉鶏

特徴

名古屋種とニューハンプシャー種、シャモを交配した肉用鶏。第二次世界大戦前、奈良は日本の代表的な肉用鳥「やまとかしわ」の生産地として知られていました。120~140日かけて育てられた肉はほどよく脂がのり、歯ごたえと深いうまみがあり、昔ながらの味わい。ビタミンAや、ビタミンB群も豊富です。

通年
料理法煮物、焼物、炒め物など
生産地奈良県北部、中部
販売場所

畜産ならショップ(葛城市山田123-2、平日/9時~18時、土日/7時~18時、無休〈年末年始除く〉、TEL 0745-69-5300)、県内大手スーパー、道の駅ほか

参照

「奈良県畜産農業協同組合連合会」
http://chikusan.or.jp/nara/main/top.html

大和肉鶏

味間芋(あじまいも)

特徴

秋から冬にかけて旬を迎える味間芋は、戦前から田原本町味間地区で作られてきた里芋の一種です。県内で何品種も栽培されている里芋のなかでも、とくに丸い品種の芋で、親芋、小芋とも食用になります。とろりと口のなかに溶けていくような味わいが人気です。

9月~12月
料理法煮物、焼き物、グラタンなど
生産地田原本町、奈良市、天理市ほか
販売場所

■JAならけん味間にこにこ農産物直売所(磯城郡田原本町味間161-2、9時~17時、火曜定休、年始休、TEL 0744-49-6633)
■田原本町内のスーパーなど

参照

「地の味土の香HP」
http://www3.pref.nara.jp/chinoaji/1004.htm#shop_chu_14

味間芋(あじまいも)

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

奈良のうまいもの公式ページ

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.