ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 大和肉鶏と菊菜のサンドイッチ

ふるさとの味

オンライン書籍

大和肉鶏と菊菜のサンドイッチ

掲載日:2017年2月16日
料理創作・監修/白水智子

ボリューム満点の冬のサンドイッチです。菊菜の香りや蕪の食感が大和肉鶏とよく合います。朝食にもお弁当にもピッタリ!

大和肉鶏と菊菜のサンドイッチ

材料2人分(1人分563.5Kcal)

大和肉鶏 胸肉1枚(約220g)
小さじ1/2
カレー粉小さじ1/2
ゆで卵2個
小蕪1個
菊菜40g
山形食パン(6枚切り)2枚
マヨネーズ小さじ4

作り方

(1) 大和肉鶏は厚さを均等にし、分量の塩、カレー粉をすりこみ、フライパンで蓋をして皮目から8分通り焼く。裏返し、身の方も焼き、火を通す。
(2) 焼きあがったらお皿に取り出して落ち着かせる。
(3) ゆで卵を作る。殻をむき、縦半分に切っておく。
(4) 菊菜は洗い水気をふき取る。小蕪は皮をむき、5㎜程度の厚さに切る。
(5) トースターで食パンを焼く。
(6) パンが焼きあがったら、小さじ2はいずつマヨネーズをパンに塗る。
(7) 食パン1枚に蕪を並べ(1)の大和肉鶏を置き、(3)のゆで卵ものせ、菊菜をたっぷりのせて、もう1枚のパンで挟む。ラップできつく巻き5分ほど置く。
(8) ラップを巻いたまま、半分に切る。
(9) ラップを巻いたままお皿に盛りつける。

ポイント

※季節に応じて中の具材をアレンジしてください。

大和肉鶏

特徴

名古屋種とニューハンプシャー種、シャモを交配した肉用鶏。第二次世界大戦前、奈良は日本の代表的な肉用鳥「やまとかしわ」の生産地として知られていました。120~140日かけて育てられた肉はほどよく脂がのり、歯ごたえと深いうまみがあり、昔ながらの味わい。ビタミンAや、ビタミンB群も豊富です。

通年
料理法煮物、焼物、炒め物など
生産地奈良県北部、中部
販売場所

畜産ならショップ(葛城市山田123-2、平日/9時~18時、土日/7時~18時、無休〈年末年始除く〉、TEL 0745-69-5300)、県内大手スーパー、道の駅ほか

参照

「奈良県畜産農業協同組合連合会」
http://chikusan.or.jp/nara/index.html

大和肉鶏

大和きくな(菊菜)

特徴

葉の切れ込みが深い中葉系と、独特の香りが柔らかい大葉系の両方の特徴をもつ、中大葉系の大和きくな。奈良県北部の生産農家で誕生し、いまでは全国にも出荷されています。シャキシャキとした歯ごたえ、何ともいえない菊の香は、まさに冬の味覚の代表です。

12月~3月
料理法鍋物、すき焼き、おひたしなど
生産地曽爾村、奈良市、天理市など
販売場所

奈良県内の大手量販店、スーパー、道の駅など

参照

奈良県「大和野菜公式ホームページ」
http://www.pref.nara.jp/8045.htm

大和きくな(菊菜)

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

奈良のうまいもの公式ページ

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.