ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 秋鮭とジャガイモのチーズ焼き 柿葉ジェノベーゼ風味

ふるさとの味

オンライン書籍

秋鮭とジャガイモのチーズ焼き 柿葉ジェノベーゼ風味

掲載日:2017年11月10日
料理創作・監修/白水智子

奈良の名産品・柿の葉寿司でも知られる柿の葉を使ったジェノベーゼを、秋の鮭に合わせました。少し和風な風味の柿葉ジェノベーゼは癖がなく奈良らしい、落ち着く風味です。ほっこりと温かい秋をお楽しみください。

秋鮭とジャガイモのチーズ焼き 柿葉ジェノベーゼ風味

材料材料2人分(1人分555.2Kcal)

秋生鮭2切れ(塩、胡椒、小麦粉 各適量)
ジャガイモ中サイズ2個
白ネギ1本
モッツアレラチーズ1/2個
ピザ用チーズ50g
柿葉ジェノベーゼ大さじ1強
 (オリーブオイル 大さじ2)
白ワイン大さじ1
オリーブオイル小さじ2

作り方

(1) ジャガイモは皮ごと茹で、火がほぼ通ったら取り出し、皮を剥き、1㎝幅程度の輪切りにする。白ネギは斜め薄切りにする。
(2) 鮭は皮を取り、食べやすい大きさにそぎ切りし、軽く塩、胡椒をふり、小麦粉を薄くはたいておく。
(3) フライパンを温め、オリーブオイル小さじ2を馴染ませ白ネギを炒め、少ししんなりしたら、(2)の鮭を入れ両面を焼き、白ワインをふり入れ、蓋をして蒸し焼きにする。
(4) 耐熱容器に(1) のジャガイモを並べ、分量のオリーブオイルでのばした柿葉ジェノベーゼを半量まんべんなく置く。5㎜程度の厚さにスライスしたモッツアレラチーズを並べる。
その上に白ネギと鮭を並べ、鮭の上に柿葉ジェノベーゼの残りの半量を置く。最後にピザ用チーズをのせる。
(5) レンジ600Wで2分程度加熱しグリル、またはトースターでチーズに焼き目がつくまで焼く。

ポイント

※オーブンで焼いてもよい。グラタンの温度と焼き時間に設定する。

柿葉ジェノベーゼ(柿の葉のペースト)

特徴

奈良の特産品「柿」は、柿の実だけでなく、葉にもさまざまな栄養や効能があることが昔から知られてきました。ポリフェノールの一種、タンニンを多く含み、抗菌・抗酸化作用に優れ、柿の葉寿司などの伝統食品にも用いられています。柿の葉のペーストはビタミンCやフラボノイドなどの栄養をまるごと摂取でき、食物繊維も豊富。いろいろな料理に使える奈良だからこその調味料です。

通年
料理法パスタ、グラタン、炒め物、ディップなど
生産地
販売場所

天理駅前コフフンショップほか奈良県内の取扱店

参照

「SОUSUKE」 HP
kakiha.net/

柿葉ジェノベーゼ(柿の葉のペースト)

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

奈良のうまいもの公式ページ

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.