ホーム > 観光 > なら女子旅 > わざわざ行きたい!奈良の夜景・ライトアップディナー

なら女子旅

オンライン書籍

わざわざ行きたい!奈良の夜景・ライトアップディナー

なら女子旅 奈良の風景写真

奈良旅あるある。
「は~今日も色んなところに行って、すごく楽しかったなぁ。
そろそろ日も暮れるし、近くのお店で夜ごはんにしよ♪」

ちょっと待って待って。
せっかく奈良に来たのに、奈良のステキな夜景を見ないなんてもったいない。
え?奈良に夜景なんてあるの?な~んて声が聞こえてきそうですが、あるんですよ~。インスタ映えバッチリの、素敵な夜景&ライトアップスポットが。
しかも、そこでおいしいごはんも食べられるんです!
ほらほら、ちょっと行ってみたくなりませんか??

〝なら女子旅〟第5回は、ちょっぴり上級編。
わざわざ足を運ぶ価値がある、郊外の夜景・ライトアップディナーをご紹介します。
目の前に広がる素敵な景色やライトアップを見れば、昼間の疲れも吹き飛んじゃうはず!
さあ、一日の締めくくりを、フォトジェニックに楽しみましょ❤

目次

  1. ライトアップされた朱雀門&遣唐使船が間近に!
    「tokijiku kitchen HEIJOKYO(トキジクキッチン平城京)」
  2. ほかにもあるよ! わざわざ行きたい!奈良の夜景・ライトアップディナー
    1. ここは奈良!? 夜景とともに楽しむ絶品スリランカ料理。
      「森のレストランLucky Garden(ラッキーガーデン)」
    2. テラスから望む夜景に思わずウットリ❤「天空の庭園レストラン グリーンテラス」

1.ライトアップされた朱雀門&遣唐使船が間近に!
「tokijiku kitchen HEIJOKYO(トキジクキッチン平城京)」

世界遺産の中を電車が走る、たぶん日本で唯一の場所が奈良にあります。
その名も平城宮跡。約1300年前に日本の都が置かれた場所です。
無料で入れるので、奈良市民の憩いの場として親しまれている平城宮跡ですが、夜のとばりが降りる頃、復原された朱雀門と遣唐使船が美しくライトアップされ、見る人をいにしえの都にいざなってくれます。

その2つが見られる人気のレストランが「tokijiku kitchen HEIJOKYO」。
平城宮跡歴史公園に2018年3月にオープンした 、朱雀門広場の「天平うまし館」にあります。

店名の由来は、奈良時代はじめに編纂された歴史書『古事記』に登場する「非時香菓(ときじくのかくのこのみ)」。日本の野生のみかん・橘の実の古名なんですって。

ディナーは大和ポークや大和野菜など、奈良の地のものを使ったフレンチのフルコース❤
オフィシャルな施設のレストランって、味はイマイチなんじゃ?と思われがちだけど、なんのなんの。
フレンチと和食の専属シェフに、専属の女性パティシエが腕を振るったメニューが堪能できます。
しかも内容はほぼ日替わり。グルメな女性のハートをくすぐりますよね~。

コースは2種類あって、今回は3780円のかぐみコースをチョイス。
おしゃべりに花を咲かせながら、一品ずつサーブされる料理をいただきます!

(写真手前から右回りに)
・ジューシーな大和ポークのロティー(ロースト) ピリッと マスタードソースがけ
・サクサク食感! 舌平目とキスの自家製ジャガイモカダイフ包み
・バジルソースでいただく鱧のふわふわフリッター
・チーズ風味の一口シュー キノコのとろとろクリームを詰めて
・もっちもち❤名物ぶっかけ讃岐うどん(冬場は温うどんにチェンジ!)
・奈良の野菜たっぷりミネストローネスープ
・本日のデザート(写真は奈良の和栗モンブランとバニラアイス カシスソースがけ)

ふう~まんぷく大・満・足♪ たまにはプチ贅沢もいいものですよね~。
夜限定のノンアルコールカクテル「朱雀大路」480円(写真奥)もオーダーしちゃいました。
イチゴの甘~い香りと、シュワシュワした炭酸の刺激がたまりませんっ。見た目もキレイ~。

丁寧に料理の説明をしてくれたホールスタッフの名村さんは、お店の看板娘というのもうなずけるキュートさ❤
また、スタッフさんたちの着ているTシャツには…

じゃんっ♪ 鹿がプリントされているのですっ!┗┻━( ・`ω・´)┻┛
なんてニクい演出!ついついカメラを向けたくなっちゃいますよね~~。

辺りがとっぷり暮れた頃、窓の外にふと目を向けると、ライトアップされ、夜の闇に浮かび上がった朱雀門の姿。

おお~。遠目なはずなのに圧倒的な迫力で、なんだか神々しさすら感じます…!
店内はガラス張りなので、ほとんどの席から朱雀門が見られますよ♪

さてさて。ライトアップは朱雀門だけじゃありません。
お店を出ると、朱雀門とは反対側からカッコいい音楽が流れてきました。
音をたどっていくと…

うわぁ、びっくり!
平城宮跡歴史公園のシンボルマーク、復原遣唐使船が真っ赤っ赤!スモークがモクモク~!
ライトは瞬く間に赤・緑・紫・青とレインボーに変化し、奈良らしからぬエキセントリックな演出に、一瞬度肝を抜かれます(笑)
船の下の水が写し鏡になって、逆さ遣唐使船も楽しめちゃう。

さ~それでは一気にいってみよ~。

めちゃくちゃミステリアス!
大海原を越えて行く、かつての遣唐使船の姿をイメージしているそうですが、こんな小さな船に150人も乗り込んで中国大陸を目指したなんて、本当に信じられません。
きっとすご~~く大変だったんだろうなぁ…。

遣唐使船に思いを馳せた後は、ぜひ朱雀門の真下まで歩いていってみて。

朱雀大路の上に広がる闇夜、時折チラチラと瞬く星、シンと静まり返った空間、その中で煌々と輝く朱雀門が醸し出す迫力を独り占めしてください。
ああ、奈良時代もきっとこんな風だったと、体感できるのはここだけです。

                                  

<tokijiku kitchen HEIJOKYO DATA>

TEL 0742-93-9015
住所 奈良県奈良市二条大路南4-6-1 平城宮跡歴史公園 朱雀門ひろば 天平うまし館内
アクセス 近鉄大和西大寺駅南口から徒歩約20分
または、近鉄奈良駅・JR奈良駅西口からぐるっとバス(基本、土日祝のみ運行)で「朱雀門ひろばターミナル」下車すぐ、または奈良交通バス学園前駅行きで「朱雀門ひろば前」下車すぐ
営業時間 11:00~22:00(ランチ11:00~L.O.14:00、ディナー17:00~L.O.21:00※前日までに要予約、14:00~17:00はカフェ営業のみ)
復原遣唐使船ライトアップショーは、17:00~22:00の毎時00分と30分から各5分間程度
定休日 無休
料金 ランチ(ハーフブッフェ)1,512円~  ディナー(コース)3,780円~
駐車場 朱雀門ひろば42台

<おすすめコース>

おすすめコース
Start

近鉄奈良駅

下矢印近鉄難波・奈良線
 

大和西大寺駅

下矢印徒歩約20分   

平城宮跡「tokijiku kitchen HEIJOKYO」

フレンチのフルコースと復原建造物のライトアップを満喫♪
下矢印タクシー約25分
  
 

店のすぐ北側に駐車場があるので、そこまで迎車してもらおう。

東大寺二月堂

奈良市内が一望できる夜景・夕景の名所。夜は堂内の釣り灯篭に灯がともり、いい雰囲気に。
20時に東大寺の大鐘が鳴るので、それに合わせて訪れても◎。
足元が暗いので石段は気を付けて。タクシーはすぐ下で待っていてもらおう。
下矢印タクシー約10分

奈良ホテル

奈良を代表するオーセンティックバー「ザ・バー」で乾杯♪ 今日一日を締めくくって。
下矢印徒歩1分    
バス停
バス停「奈良ホテル」
Goal

※近鉄奈良駅から近鉄大和西大寺駅までは近鉄難波・奈良線に乗車してください。
※ルートのうちB地点(tokijiku kitchen HEIJOKYO)からはタクシーに乗車します。

2.ほかにもあるよ! わざわざ行きたい!奈良の夜景・ライトアップディナー

1.ここは奈良!? 夜景とともに楽しむ絶品スリランカ料理。
「森のレストランLucky Garden(ラッキーガーデン)」

あの「ミシュランガイド」で、日本で初めてスリランカ料理で“ビブグルマン”に選ばれたお店が奈良にあります。 しかも、知る人ぞ知る夜景スポットなんですよ~♪

「Lucky Garden」は、奈良県と大阪府をつなぐ生駒山の中腹、自然豊かなロケーションにあります。

店の敷地はとても広く、エスニックなインテリアが雰囲気を盛り上げてくれる桜エリアと、昼間は羊やヤギが放牧され、夜は暖炉に薪をくべて遊べる羊エリアの2つのエリアに分かれています。
桜エリアは本格的なスリランカコース料理が、羊エリアはカレープレートやカレーナンなどの軽食がいただけますよ。
どちらのエリアも魅力的ですが、夜景を見るなら桜エリアへ。
眼下に広がるキラキラの町並みを見ながら、スパイスの効いたカレーを食べていると、一瞬、ここは奈良なのかな?と思ってしまうことも…。

スリランカ料理は、基本的にはインド料理と同じでカレーとライスの組み合わせですが、新鮮な香辛料をガツンと効かせたシンプルかつスパイシーな味わいが特徴です。
「Lucky Garden」のシェフはスリランカ人なので、本格的なスリランカ料理がいただけます。
一度食べたらそのおいしさにハマっちゃうこと間違いなし❤

野菜はすべて、2000坪ほどもある自家菜園の「ラッキーガーデン・オーガニックファーム」でとれたもの。
無農薬、無科学肥料のフレッシュ野菜、味はモチロンお墨付きです。

テイクアウトやおみやげも数多くスタンバイ。
人気は、カレーをナン生地で包んだ「ラッキーカレーナン」430円。

ほかにも、サラダに使われるマスタードベースのオリジナルドレッシング540円やオリジナルカレーパウダー640円もおすすめです。

<森のレストランLucky Garden DATA>

TEL 0743-77-7936
住所 奈良県生駒市鬼取町168
アクセス 近鉄生駒駅南口からタクシーで約10分
または、国道168号線壱分ランプ北交差点より車で約10分(途中、離合注意)
営業時間 桜エリア<屋内・テラス席27席>10:00~22:00(カフェ10:00~、ランチ11:00~L.O.14:00、ディナー17:00~ L.O.21:00)
羊エリア<屋外テラス40席・コテージ>10:00~22:00(L.O 21:30)
定休日 月曜(羊エリアは無休)
料金 ランチ1,700円~  ディナー2,700円~
駐車場 20台

2.テラスから望む夜景に思わずウットリ❤「天空の庭園レストラン グリーンテラス」

今宵、天空に浮かぶレストランでディナーはいかがですか?

奈良市近辺で、食事と夜景を楽しむなら絶対ここ!と真っ先に名前が上がるのが、「天空の庭園レストラン グリーンテラス」です。
こちらも生駒山の中腹にあり、「グリーンテラス」の店名の通り、テラス席からの眺めは超一級。
じゃ~~~ん!

足元に生駒市と奈良市の街並み、遠くに若草山、空気の澄んだ日なら京都の比叡山まで一望できます。
もちろん、夜景も最高!
じゃじゃ~~~ん!

キラキラ~☆ ほんと、ため息ものです❤

山の斜面を利用したレストランは、元は別荘。
びっくりするほど敷地が広く、建物が点在しています。
このテラス席のある建物の少し下側には、ガラス張りのディナー席をご用意。

夜は店内にキャンドルが灯されて、よりロマンチックな雰囲気に変身します。

お料理には、地元・生駒の契約ファームでとれた有機野菜がたっぷり。
料理はすべて奥様の手作りで、化学調味料や添加物を一切使わない、身体にやさしいロハス系の創作料理が評判です。
鏡面のお皿を使うなど、器や盛り付けにもこの店ならではのこだわりが。

店内で夜景を見ながらディナーをいただいたあと、デザートやお茶はテラス席でどうぞ。
秋冬は冷え込むので、一枚羽織るものを持って行きましょう。

優しいオーナー夫婦のおもてなしを受けながら、生駒山の自然の中で、癒やしの夜を過ごす。
そんな奈良の過ごし方もおすすめですよ。
運がよければ、かわいい看板猫のくぅちゃんに会えるかも♪

<天空の庭園レストラン グリーンテラス DATA>

TEL 090-3485-9293
住所 奈良県生駒市門前町19-59
アクセス 生駒駅南口からタクシーで約10分
または、阪奈道路生駒出口より車で約15分
または、近鉄生駒駅から徒歩3分の生駒ケーブル(鳥居前駅)に乗り換え、宝山寺駅下車、徒歩約15分
営業時間 ランチ11:30~15:30(L.O.13:30)、ディナー18:00~22:00(L.O.19:30 ※4名~) ランチ・ディナーとも完全予約制
定休日 不定休
料金 ランチ2,500円~ ディナー3,500円~
駐車場 10台(要予約)
 

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.