奈良の地域情報を発信!

ホーム > 観光 > なら女子旅 > 地元っ子気分でめぐる、奈良のデートスポット

なら女子旅

地元っ子気分でめぐる、奈良のデートスポット

なら女子旅 奈良の風景写真

奈良公園の鹿に鹿せんべいをあげて、東大寺で大仏さまを見て、ならまちのオシャレカフェでランチして…。
これが、奈良の「王道」ともいうべき観光デートルート。
でも、たまにはすこし脇道にそれて、ちょっぴり違った奈良の魅力に触れてみるとデートがもっと楽しくなるかも♡
春日大社に隣接する町「高畑(たかばたけ)」は、落ち着いた大人女子にお似合いのエリア。
入り組んだノスタルジックな町並み、地元っ子しか知らないような隠れ家的カフェ、ひっそりとお客さまを待つ雑貨店など、よくあるガイドブックでは紹介しきれない、ディープな魅力がたくさん。町のすぐそばにある、マイナスイオンたっぷりの「春日(かすが)の杜」もおすすめですよ。
大切なお友だちと、大好きな彼と、心地よい初夏の日にのんびり歩いて巡りましょう。

目次

大人女子にぴったり♡ ちょっぴりディープな「高畑」をおさんぽ
「GELATERIA FIORE(ジェラテリア フィオレ)」
「空櫁(そらみつ)」
「cafe zuccu(ズック)」
合わせて行きたい、 高畑界隈のおすすめスポット
「春日の杜・禰宜道(ねぎみち)」
「夫婦(めおと)大國社」
「奈良町天(ならまちてん)神社」

大人女子にぴったり♡ ちょっぴりディープな「高畑」をおさんぽ

―――とにかく、奈良は美しい所だ。(中略)
5月の藤。それから夏の雨後、春日山の樹々の間から湧く雲。
これらはいつまでも奈良を憶(おも)う種となるだろう。

志賀直哉 随筆『奈良』より

春日大社の南側に広がる「高畑」は、文豪の志賀直哉(しがなおや)をはじめ、多くの文化人がこよなく愛したシックな町です。
観光客に人気の奈良公園やならまちのすぐ隣にありながら、高畑界隈を訪れる人はそう多くはありません。
人や車がたくさん行き交う大通りから一歩裏道に入ると、さっきまでの喧噪が嘘のよう…。

まぶたを閉じると感じるのは、頬にあたる初夏の日差し。そして、鳥のさえずりと風の音。
まるで、ここだけ流れる時間軸が違うかのようです。

かつて高畑は、春日大社の神職たちが集まり住んだ「社家町(しゃけまち)」でした。

いまも町中に残る分厚い土塀は、神職たちが暮らした邸宅の跡。
土塀は「式内赤穂(しきないあこう)神社」から「不空院(ふくういん)」の手前までの道沿いと、「志賀直哉旧居」あたりに多く見られ、高畑の町並みに独特の風情を与えています。
長年の雨風にさらされ、あちこちに剥がれや崩れが目立つ土塀。
朽ちていくものが放つ、独特の美…。
ピカピカと新しいだけがいいものじゃないと、改めて気づかされます。

まっすぐ歩けば…ここを曲がれば…どこに着くかな?

迫力満点の「十二神将像」が仏像ガールに人気の新薬師寺
その門前に、ステキなイタリアンジェラート専門店を見つけました。

2019年10月にオープンしたばかりの「GELATERIA FIORE(ジェラテリア フィオレ)」。
日差しがまぶしくなる季節は、冷たいジェラートが最高!

(左)ダブル500円から (右)シングル400円から(いずれも税込)

盛り付けの美しさはまるで芸術作品。
コーンもありますが、ジェラートがより美しく映えるアンティークの器(カップ)を選ぶのがおすすめです。

ピスタチオ、ブルーベリークリームチーズ、ヘーゼルナッツアーモンド、ライチソルベ、ほうじ茶、黒ごま、珈琲etc…。
旬のフルーツやおいしい牛乳を使い、店内で丁寧に作られるジェラートは全10種類。
どれを選んでも大正解◎というくらいおいしいので、ぜひ試食してお気に入りを見つけてみて。

西洋アンティーク調にまとめられた店内は、いるだけでハッピーな気分になれます。
店名の「FIORE(フィオレ)」は、イタリア語で「お花」という意味。
豪華なブーケでなくても、お花が一輪あるだけで人の心は癒やされる――。
そんな風に訪れる人の心にそっと寄り添い、やさしい気持ちにさせてくれるお店です。

オシャレ心をほのかに刺激されつつ、次にたどり着いたのは古民家のギャラリー&ショップ「空櫁(そらみつ)」。

「そらみつ」は「大和」にかかる枕詞(まくらことば)で、「空から見たいい国」という意味だそう。
そんな「いい国」には、深い歴史と文化があります。そして、そこには、ステキな手仕事をする作家さんや職人さんがたくさんいます。

しんと静まり返った空間に、日本各地から選び抜かれた作家ものの器や、手仕事の道具がひそやかに並びます。

『幸福の秘密は、日常生活の細部に関心を持つことです』
『役に立たないものや、美しいとは思わないものを家に置いてはならない』


店主が大事にしているという、心にドキリと刺さるようなこの言葉は、イギリスが生んだアーツ&クラフツ運動の提唱者で、「モダンデザインの父」とも称されるウィリアム・モリスの名言。
若いころはわからなかったこの名言の持つ意味に、ある日、ふと気づくことがあれば…、それは上手に歳を重ねた証拠かもしれませんよ。

ガラス皿3672円から、グラス2808円から(いずれも税込)

福岡彩子さんの器3300円(税込)

手仕事の道具は、安価なものに比べて使い勝手や佇まいがいいのはもちろんですが、それだけではありません。
手に取ると、思わず惹きこまれてしまう魅力を持った器や道具たち。職人や作家が作る「本物」に囲まれていると、何かしらのエネルギーをもらえるような…。そんな不思議なパワーを感じます。
旅先でフラリと入ったお店で、気に入った器を一客買い求める…。それもきっと、いい旅の思い出になりますね。

ノスタルジックな高畑には、古民家や町家がよく似合います。
ランチは江戸時代末期の町家をリノベーションした「cafe zuccu(ズック)」でいただきましょう。
若いご夫婦が営む、オープン4年目の人気カフェです。

ゆったりとした店内。
すこし暗めに落とした照明や海外のアンティーク家具が、ノスタルジックな雰囲気を演出しています。
あまりの居心地のよさに、根が生えてしまう人も多いそう。

囲炉裏の煙抜けだった天窓。土壁や柱、床の間のしつらえも当時のままです。
空間だけでなく、置かれた本にまで、さりげないセンスが感じられます。

パスタセット(写真は3月のメニューで、タコと新じゃがのバジルクリームソース。サラダ、スープ、ドリンク付き)

ランチセットは3種類。
旬の野菜を使ったモチモチ食感の「パスタセット」1200円(税込)や、ボリューム満点の「サンドイッチセット」1100円(税込)はどちらも月替りの人気メニュー。じっくり煮込んだ「ハヤシライスセット」1200円(税込)も好評です。
お友だちや彼と違うものを選んで、シェアして食べるのもおすすめです。

ランチだけではちょっぴり物足りない腹ペコさんは、手作りスイーツもオーダーしちゃいましょう。

季節のタルト(写真はメロンとグレープフルーツのタルト)600円(税込)

旬の果物どっさりの「季節のタルト」は、オーダーが入ってから果物を切って盛り付けるので、とってもフレッシュ!
果物にあわせて甘さを加減したクリームと、サクサクのタルトの食感がたまりません。

ならまちの町家カフェとはまた違った、しっとりと落ち着いたディープな空気感が、このカフェの最大の魅力。
大人な女子トークを楽しむもよし、カップルで2人の世界に入るもよし。時間を忘れてゆっくり過ごしましょう。


大人女子におすすめのディープな町、高畑。
「新薬師寺」や「志賀直哉旧居」、「入江泰吉記念奈良市写真美術館」など、決して観光名所がないわけではありませんが、訪れる人も少なく閑静な高畑はどこか時代に取り残された感があり、それがかえって人を惹きつける魅力になっているのかもしれません。

高畑を訪れるときに気をつけたいことが1つだけ。
それはどこに行くにもバス停から比較的、長丁場の徒歩を覚悟しないといけないこと!
ぜひ、歩きやすい靴でお越しください(笑)。

<おすすめコース>

おすすめコース
Start

近鉄・JR奈良駅から奈良交通バス(市内循環)で「破石町(わりいしちょう)」下車

下矢印徒歩すぐ      

奈良市屈指のディープな観光エリア、高畑をおさんぽ。
土塀や町家など、ノスタルジックな情景がそこかしこに残り、思わず何度も足を止めてしまうかも。

春日大社や原始林が近いせいか、町全体を包み込む、凛とした空気にも癒やされます。
ただ単に「オシャレ」なだけじゃない、個性がハッキリしたカフェや雑貨店が多いのも、この町の特徴です。

→各店の詳細DATAはコチラ

「GELATERIA FIORE(ジェラテリア フィオレ)」
「空櫁(そらみつ)」
「cafe zuccu(ズック)」

下矢印徒歩 約10分     
きらめく木漏れ日が清々しく、森に迷い込んだ感覚になる「下の禰宜道」

高畑と合わせて行きたい、界隈のおすすめスポットの1つが、「禰宜道(ねぎみち)」です。これは高畑から春日大社境内に向かって伸びる3本の散策道のこと。それぞれ西側から「下(しも)の禰宜道」・「中の禰宜道」・「上(かみ)の禰宜道」と呼ばれています。
この道は、かつて高畑に住んでいた神職たちが、春日大社に通うために使った、いわば通勤路。「禰宜」とは、神職の身分の1つなのだそう。

いずれの禰宜道も「春日の杜」と呼ばれる、春日大社境内のほぼ原始林に近い自然のなかを歩くルートで、町並みから切り離された、一種、非日常的な空間となっています。

禰宜道やその周辺には巨樹がたくさん! 周囲の木々を圧倒する存在感を放ちます

「禰宜道」ではかわいい鹿さんにも出会えます♡


→スポットの詳細DATAはコチラ
下矢印徒歩 約10~15分  
「春よ来い!」ハートの絵馬をかけて恋愛成就を祈願しよう

高畑から「上の禰宜道」を進むと、やがて見えてくるのが「夫婦(めおと)大國社」。ここは春日大社の62ある摂社・末社の1つで、縁結び祈願の女性の姿が絶えません。
ピンクのハート型がキュートな縁結びの絵馬(初穂料800円)や、水に浮かべると紙に文字が浮き出てくる水占い(初穂料300円)が人気です。

\御本殿でおみくじをくわえた鹿を発見!/

白鹿みくじ600円(税込)


→スポットの詳細DATAはコチラ
下矢印徒歩 約15~20分

最後は春日大社から高畑方面に戻り「奈良町天神社」へ。
高台に鎮座する神社は見晴らしがよく、境内から高畑やならまちが一望できます。
黄昏時、町を染める夕日はうっとりするような美しさ。
彼と2人で眺めればムードは完璧です♡

→スポットの詳細DATAはコチラ
下矢印徒歩 約5分   
バス停
バス停「破石町」から今夜の宿 or JR・近鉄奈良駅へ
Goal
 

<GELATERIA FIORE DATA>

TEL 0742-93-7866
住所 奈良市高畑町464
アクセス JR・近鉄奈良駅から奈良交通バス(市内循環)で「破石町(わりいしちょう)」下車、徒歩約10分
営業時間 11:00~18:00(ランチは~14:00)
定休日 水曜、不定休
駐車場 3台(スポーツバイク用のサイクルスタンドもあります)
 

<空櫁 DATA>

TEL 080-6138-2957(営業時間内のみ)
住所 奈良市高畑町1445-1
アクセス JR・近鉄奈良駅から奈良交通バス(市内循環)で「破石町(わりいしちょう)」下車、徒歩約15分
営業時間 12:00〜18:00 (11月後半から3月は〜17:00)
定休日 月~水曜(祝日は営業)
駐車場 2台(お店から少し離れた場所にあります)
 

<cafe zuccu DATA>

TEL 0742-87-2334
住所 奈良市高畑町728
アクセス JR・近鉄奈良駅から奈良交通バス(市内循環)で「破石町(わりいしちょう)」下車、徒歩1分
営業時間 8:00~20:00 (19:00L.O.)、水曜は~18:00(17:00L.O.)
※モーニングは10:30L.O. ランチは11:00~14:00 L.O.(~15:00終了)
定休日 木曜
駐車場 なし
 

<ささやきの小径(下の禰宜道) DATA>

TEL 0742-22-7788(春日大社)
住所 奈良市春日野町160
アクセス JR・近鉄奈良駅から奈良交通バス(市内循環)で「春日大社表参道」下車、徒歩約12分
時間 散策自由
 

<春日大社 DATA>

TEL 0742-22-7788
住所 奈良市春日野町160
アクセス JR・近鉄奈良駅から奈良交通バスで「春日大社本殿」下車すぐ
営業時間 本社参拝6:30~17:30(11~2月は7:00~17:00)。
夫婦大國社9:00~16:30
御本殿特別参拝9:00~16:00
萬葉植物園9:00~16:30(12~2月は9:00~16:00)
拝観料金 境内自由。御本殿特別参拝500円、萬葉植物園は高校生以上500円、小・中学生250円、幼児無料
駐車場 100台(有料)
 

<奈良町天神社 DATA>

TEL 0742-22-1602(神主常駐ではないため、かからない場合あり)
住所 奈良市高畑町1049
アクセス JR・近鉄奈良駅から奈良交通バス(市内循環)で「破石町(わりいしちょう)」下車、徒歩約5分
営業時間 境内自由
駐車場 なし
 

※営業時間などの変更・臨時休業となる場合があります。
おでかけの際は公式ホームページ等で事前にご確認ください。

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.