ホーム > グルメ > 超おすすめ!絶品ラーメン > ドン.チードル

超おすすめ!絶品ラーメン

オンライン書籍

ドン.チードル

奈良市

掲載日:2019年10月21日

本場博多を凌駕する濃厚豚骨ラーメン。

奈良は『無鉄砲』や『まりお流らーめん』に代表される濃厚豚骨ラーメンの激戦区と言われている。
そんな“豚骨ラーメン激戦区・奈良”をより印象付けたのが、今回紹介する『ドン・チードル』だ。

まず、注目して頂きたいのは「淡麗(たんれい)」と名付けられたスープ。
豚骨ラーメンで淡麗? 淡麗と言われてイメージするのは、透き通った塩か醤油のラーメンではないだろうか。
実はコチラの淡麗は名前とは裏腹に白濁し、豚骨の旨味を存分に引き出したスープ。
なぜ淡麗と称しているのかというと、「淡麗」と「濃香(のうこう)」で2種類のスープを炊いているからだ。
豚骨のストレートな旨味を味わう「淡麗」と比べ、呼び戻し製法の「濃香」はとことん熟成された極めて濃厚な豚骨スープ。
この炊き分けはすごく手間のかかった仕込みで、奈良県のお店でもやっているお店は一握りではないかと思う。

そのこだわりのスープに合わせる麺は、本場博多でもよく見られる粉っぽさのある極細ストレート。
硬さも「柔」「ふつう」「かため」「バリカタ」「ハリガネ」「こなおとし」から選ぶ事ができる。
また、ついつい頼んでしまうのが替え玉。普通の麺とは別に、唐辛子を練り込んだ「赤玉」と呼ぶ替え玉もあり、スープが底をつくまで飽きずに味わえる。

究極のラーメン総合GPの名店に惚れ込み修業。

ラーメンの食べ歩きが好きだった店主の山口さんが「一番美味かった」と惚れ込んだ大阪の『博多とんこつ 天神旗(てんじんき)』で6年間修業を重ね、2015年に地元の奈良市で『ドン・チードル』を開業。
天神旗は、私も審査員を務めた『究極のラーメン2020関西版』で総合GPに輝いた名店である。

今回は一番人気の「淡麗」を紹介したが、店主がよりこだわって仕込み、自信を持っているのが「濃香」のスープだという。
そちらは数々の豚骨ラーメンを食べ歩いてきた私でも「濃い!」と驚くほどの濃縮された味わいだ。
豚骨ラーメンを仕込む作業は湿度や気温の違いによってスープの熟成度が大きく変わって難しく、しかしその変化が楽しみでもある、と生き生きとした表情で語ってくれた。
豚骨をとことんまで突き詰めたスープをぜひ味わっていただきたい。

人気メニュー

  • 淡麗とんこつ 750円
  • 濃香とんこつ 800円
  • 赤玉 150円

店舗情報

店名 ドン.チードル Japanese Hot noodle
TEL 非公開
住所 奈良県奈良市大宮町2-2-2
アクセス JR奈良駅西口から徒歩約3分
営業時間 11:00〜15:00(L.O. 14:30)
18:00〜22:00(L.O. 22:00)
定休日 火曜日
駐車場 なし

写真と文/林岳史

林岳史(はやしたけし)
ラーメン王子TAR-KUN(たーくん)として知られる林さんは1991年生まれ、宇陀市在住・在勤。19歳からラーメンの食べ歩きを始め、24歳で全国47都道府県のラーメンを制覇。ピーク時には年間550軒、今も年間200~300軒は食べ歩きます。その様子はNHK総合テレビ「ぐるっと関西おひるまえ」でも紹介されました。
ブログ「麺バカ TAR-KUN~全国制覇の野望~麺伝説

おすすめ記事

なら女子旅「朝からしあわせ❤奈良で味わう、ここだけのモーニング」

特集「もう行った?奈良公園周辺散策の拠点『奈良公園バスターミナル』を楽しもう!」

お気に入りがきっと見つかる 食べる・飲む ナラ!「NIPPONIA HOTEL奈良ならまち」

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.