奈良の地域情報を発信!

ホーム > グルメ > 超おすすめ!絶品ラーメン > ラーメン専門店 梅光軒 奈良店

超おすすめ!絶品ラーメン

オンライン書籍

ラーメン専門店 梅光軒 奈良店

奈良市

掲載日:2020年3月18日

日々感覚を研ぎ澄ませて仕上げる醤油スープと自家製麺。

北海道の“旭川ラーメン”で知られる【梅光軒】をご存知だろうか?
1969年に旭川の地に創業して以来、半世紀以上愛され続けている名店で、近年は海外にも支店を広げている北海道を代表するラーメン屋である。
今回紹介する【梅光軒 奈良店】は、その本店の先代の頃の暖簾分けとして1999年に開業した。

“旭川ラーメン”と言えば北海道旭川市のご当地ラーメンで、主に動物系と魚介や野菜などで出汁を取った醤油スープがスタンダード。
同店でもしっかりと旭川の味を受け継いでいて、「スープに使っているのは、豚骨に鶏ガラ、煮干し、昆布、玉葱、以上!」と隠さず明かす、一本筋の通ったスープ。
醤油の豊かな香りとコク、ほんのりとした酸味が効いたタレを、8時間ほど炊き込んで旨味を詰めバランスを取っていると言うスープと丼で合わせる。
シンプルなだけに日によって出汁の出方が異なり、毎日ベストなタイミングを見計らって少しずつ調整しながら仕上げているという。
だからこそ「食材を知られた所で同じ味が出せない」という自信があるのだ。

麺は中細ちぢれ麺を使用。
修業時代に習得した製麺技術を駆使し、小麦粉は気に入った一種類のみで作りあげる自家製麺だ。
ズルズルとすすり心地の良い麺で、時間と共にスープと馴染んでまとまりが出てくるのが特徴。
スープと同様、茹で時間は天気や気温で変わるため、タイマーは使わず感覚をもとにタイミングを計っている。
たっぷりの湯で泳がせて湯がき、今ではあまり見なくなった平ザルで湯切りをする姿はまさに職人技で、見応え十分。
豚モモ肉のチャーシューはガッシリとした野性味溢れる食感で、肉肉しさが魅力的である。
私のお気に入りは極太メンマ。柔らかくザクッとした歯切れと醤油の味わいが好みで、追加トッピングをしたいほど。
さらにおすすめなのがモヤシトッピング。モヤシと玉葱、挽肉を炒めたものがトッピングされる。
シャキッとした食感と、炒めた旨味や香ばしさがスープに加わり、スタンダードな醤油ラーメンとはまた違った味わいになる。ぜひ試してみてほしい。

「どこの梅光軒よりも一番ウマい」。自信の裏には旭川ラーメンへの愛。

生駒で生まれ育った柳精一店主。22歳の頃から北海道の本店で3年、名古屋店で4年ほど修業し、1999年9月に待望の自分の店を開業した。ちなみにオープンは29歳の誕生日の翌日だったそう。
本店の先代の社長とは親父と息子のような関係で、仕事が終わってからいろんな所へ連れていってもらい、『遊びが商売に生きる』ことを教わった。
怒られたこともほとんどないが、遊んだぶん仕事にも身が入り、サボったり手を抜いたりすることなく一生懸命取り組むことができた。
その頃の経験は確実に今の店主に生きていて、最近では定休日である火曜日も気分次第でお店を開けることがあるのだとか。

そんな店主は、人一倍【梅光軒】への愛が強く、ほかのラーメン店には15年以上行っていないという。
各地にある【梅光軒】だが、店舗によって火力調節が違ってスープの出来が違うため、その食べ比べも楽しみ方のひとつ。
「もちろん、ウチが一番旨いと思って作っています! おいしい、まずいは人によって違うので、自分の感覚を信じてやるだけ。ほかより手をかけている自負はあります」と、柳店主は胸を張った。

旭川ラーメンは醤油だが、同店では塩ラーメンと味噌ラーメンも注文率が高く、幅広い人気がうかがえる。
北の大地の味を地元・奈良に広めるべく、日々ラーメンと向き合って生み出した自慢の一杯を、ぜひご賞味あれ。

人気メニュー

  • しょうゆらーめん 750円
  • しおらーめん 750円
  • みそらーめん 750円

店舗情報

店名 ラーメン専門店 梅光軒 奈良店
TEL 0742-35-5574
住所 奈良県奈良市大宮町7-2-41
アクセス 近鉄新大宮駅 徒歩約8分
営業時間 [平日]
11:30~14:00
17:00~23:00
[土・日・祝]
11:30~23:00
定休日 火曜日
駐車場 駐車場あり

写真と文/林岳史

林岳史(はやしたけし)
ラーメン王子TAR-KUN(たーくん)として知られる林さんは1991年生まれ、宇陀市在住・在勤。19歳からラーメンの食べ歩きを始め、24歳で全国47都道府県のラーメンを制覇。ピーク時には年間550軒、今も年間200~300軒は食べ歩きます。その様子はNHK総合テレビ「ぐるっと関西おひるまえ」でも紹介されました。
ブログ「麺バカ TAR-KUN~全国制覇の野望~麺伝説

あわせていかが?
\古代の都を体験できるスポット/


特集「カフェもできたよ!『平城宮跡歴史公園朱雀門ひろば』にみんなで行こう」

\奈良の豊かな自然にふれてリフレッシュ/


特集「いよいよ春到来!心が浮き立つ景色を求めて、低山ハイキングへ」

\旧酒蔵をリノベーションしたレストラン/


お気に入りがきっと見つかる 食べる・飲む ナラ!「NIPPONIA HOTEL 奈良ならまち」

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.