奈良の地域情報を発信!

ホーム > グルメ > 超おすすめ!絶品ラーメン > 昼まぜそば まるはち

超おすすめ!絶品ラーメン

昼まぜそば まるはち

大和高田市

掲載日:2020年10月23日

和出汁ベースのタレと辛旨ミンチが太麺に絡みつく台湾まぜそば!

コロナ禍もあって、ここ最近の奈良のラーメンシーンはスタイルに多様な変化が見られる。
今回ご紹介するのは、夜は『居酒屋』、昼は『まぜそば』を提供されている二毛作のお店だ。

【昼まぜそば まるはち】の昼営業で提供されているのが、私も個人的に大好きな『台湾まぜそば』。
『台湾まぜそば』とは、愛知県で発祥した汁なしラーメンで、ミンチやニラ、魚粉、生卵、にんにくなどの具材が盛られたまぜそばを豪快に底からかき混ぜ、ズズッと食べると実に旨く、癖になる一杯である。

こちらで使う麺は、愛知から取り寄せるモチモチの太麺。
麺が主役とも言えるまぜそばにとってボリューム感のある太麺はぴったりで、個性のある具材にも負けない味わいがある。
テボの中で麺に傷を付けてタレや具材の絡みをよくし、麺の甘味を引き出すのもポイント。
具材でキーとなるのは、旨味と辛味のバランスが絶妙な台湾ミンチと和出汁を合わせたタレ。 
東海から関西まで複数店の台湾まぜそばを食べ比べたところ、関西と名古屋では辛みが全く違い、何度も調整して試作を繰り返したのだとか。
そこで、夜の居酒屋で使っている鰹や昆布の和出汁をタレに合わせる事により、全体の辛さを和らげて関西仕様に調整する事に成功。
ジャンキーでパンチがありながらも出汁の旨味で食べやすく、飽きのこない一杯になっている。
〆にはこんもりと盛られたライスが付いてくるので、残ったミンチや具材と混ぜて最後の一粒まで逃さず楽しんでほしい。

バリエーション豊かなまぜそばでたくさんのお客さんを魅了したい。

元々【肉バル チャラリン】として営業していた同店だが、肉バルより更に入りやすいお店作りをと居酒屋へリニューアルを図った直後に新型コロナウィルスによる休業要請。
さらに新しい事をしていかなければと考えていたところ、名古屋の某店で食べた台湾まぜそばに衝撃を受け、この味を奈良で提供できないかと考えたそう。
昼営業で台湾まぜそばを提供し始めた頃はまぜそばに親しみのないお客さんばかりで戸惑いの声もあったというが、台湾まぜそばの高い中毒性もあって徐々にリピーターを獲得。
「最近ではようやくまぜそばが浸透してきたな、と実感できるほどになりました。今後はお客さんの反応を見ながら、本場で受けている“しっかりと辛くて旨い台湾まぜそば”も提供していきたい」と店長は語ってくれた。

まぜそばのバリエーションは豊富で、台湾ミンチが入らない醤油まぜそばが食べやすくて女性や子どもに人気。パンチが倍増しになる台湾カレーまぜそばもおすすめだ。
揚げ餃子や唐揚げのセットメニューもお得なので、お腹をしっかり満たしたい人は要チェック。
また、かっぱ鍋や手作りの餃子や焼売が味わえる夜営業の居酒屋もぜひ訪れてみてほしい。

人気メニュー

  • 台湾まぜそば 790円
  • 極旨醤油まぜそば 790円
  • 台湾カレーまぜそば 850円

店舗情報

店名 昼まぜそば専門店 まるはち
TEL 非公開
住所 奈良県大和高田市日之出西本町6-10 サングレース大和高田 1F
アクセス 近鉄大阪線大和高田駅出口2より徒歩約3分
営業時間 11:30~14:30
定休日 不定休
駐車場 なし

写真と文/林岳史

林岳史(はやしたけし)
ラーメン王子TAR-KUN(たーくん)として知られる林さんは1991年生まれ、宇陀市在住・在勤。19歳からラーメンの食べ歩きを始め、24歳で全国47都道府県のラーメンを制覇。ピーク時には年間550軒、今も年間200~300軒は食べ歩きます。その様子はNHK総合テレビ「ぐるっと関西おひるまえ」でも紹介されました。
ブログ「麺バカ TAR-KUN~全国制覇の野望~麺伝説

あわせていかが?
\奈良県最古の醤油蔵に泊まろう/


地元新発見「NIPPONIA 田原本
マルト醤油」

\見た目も味も個性的な奈良のご当地カレー/


特集「Let’sスパイスチャージ!
奈良のレトルトカレー8選」

\品揃えもフードも💮(ハナマル)!/


行きたい 寄りたい 大和路道の駅再発見!
「道の駅かつらぎ」

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.