奈良の地域情報を発信!

ホーム > グルメ > 超おすすめ!絶品ラーメン > みなみ食堂

超おすすめ!絶品ラーメン

みなみ食堂

奈良市

掲載日:2020年10月23日

奈良で厳選した2種類の醤油が味の決め手。

2020年8月25日、JR奈良駅から徒歩5分ほどの場所にオープンした【みなみ食堂】。
店主の南さんは生駒の名店【らぁめん トリカヂイッパイ】や大手チェーン店含む4店舗のラーメン店を渡り歩いた人物とあって、オープンからラーメンフリークの注目を浴びている。

こちらのイチオシは、豚醤油らぁめん。
スープは国産の豚足と背ガラなどの豚骨をメインに、鶏も合わせて厚みを出したもの。
あっさりとした豚骨ラーメンは業界ではあまり主流ではない中で、挑戦的な一杯だ。
タレには奈良のイゲタ醤油と御所の片上醤油という、地元奈良の厳選醤油を使用。
化学調味料は一切使っていないため、醤油が持つ味わいがこの一杯の旨さを決める要となっている。
エノキの香りを移したオイルの風味も程よく、全体を優しくまとめ上げる。

このあっさり豚骨スープに合わせるのは、鶴見製麺の細いストレート麺。
スープとの絡みを優先して少し長めに茹であげているが、コシもしっかりと残り、のど越しが良い。
トッピングで注目したいのが、3種類のチャーシュー。
鶏胸肉の低温調理のレアチャーシューに、豚肩ロースの煮豚とレアチャーシューと、食感と旨味が異なる3種類がデフォルトでトッピングされるのが嬉しい。
この内容で680円とコストパフォーマンスは抜群だ。

モットーは、経験に基づいた自分の直感を信じること!

「人に喜んでもらえる仕事がしたい」と大学時代から念願だったラーメン店のオープンに向けて準備を進めるなか、新型コロナウィルス感染症が流行。
その影響で計画通り進まないジレンマもあったが、ようやく地元・奈良でオープンの日を迎えることができた。
南店主は、修業をした各店であらゆるノウハウを教わって吸収したうえで、“自分の直感”をもっとも大切にしてラーメンづくりに挑んでいるという。

店名に“食堂”とあるのは、「麺とご飯でお腹いっぱいになって帰ってほしい」という気持ちの表れ。
ラーメンの残ったスープにミニご飯(50円)を入れ、最後の一滴まで楽しむ食べ方が店主のオススメなのだそう。
辛さやクセのあるスパイスを控え、老若男女が毎日でも食べられるようにこだわり抜いた2種類の担々麺も、ぜひ味わってみてほしい。

多くの困難を越え、さまざまな経験を積んでたどり着いた一杯は、奈良の地でさらなる進化を遂げていくだろう。

人気メニュー

  • 豚醤油らぁめん 680円
  • 黒担々麺 780円
  • ユッケ風丼 350円

店舗情報

店名 みなみ食堂
TEL 非公開
住所 奈良県奈良市大森町43-2
アクセス JR奈良駅から徒歩で約5分
営業時間 11:00~15:00
定休日 火曜日
駐車場 なし

写真と文/林岳史

林岳史(はやしたけし)
ラーメン王子TAR-KUN(たーくん)として知られる林さんは1991年生まれ、宇陀市在住・在勤。19歳からラーメンの食べ歩きを始め、24歳で全国47都道府県のラーメンを制覇。ピーク時には年間550軒、今も年間200~300軒は食べ歩きます。その様子はNHK総合テレビ「ぐるっと関西おひるまえ」でも紹介されました。
ブログ「麺バカ TAR-KUN~全国制覇の野望~麺伝説

あわせていかが?
\病気に負けない身体と心を作ろう!/


特集「今だからこそ知りたい、
新時代の奈良の漢方&薬膳」

\修学旅行で訪れた思い出を再び!/


特集「夫婦で巡る思い出の奈良、
再びの修学旅行」

\大人女子にお似合いの町「高畑」/


なら女子旅「地元っ子気分でめぐる、
奈良のデートスポット」

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.