ホーム > イベント > イベント情報 > 2018年8月に開催中のイベント

イベント情報

オンライン書籍

2018年8月に開催中のイベント

3月17日~12月9日奈良公園
若草山開山

9時から17時。遠くは生駒山、眼下には大仏殿や、平城宮跡、奈良の盆地の絶景を眺めることができる。

住所〒630-8211 奈良市雑司町
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、東大寺大仏殿・春日大社前下車、徒歩約15分
お問い合わせ奈良公園管理事務所 0742-22-0375

4月1日~8月26日春日大社国宝殿
春日大社御創建1250年記念展Ⅱ 聖域 御本殿を飾る美術

10時から17時(入館は閉館30分前まで)。修復復原された御神前の「御翠簾(ごすいれん)」、剥ぎ取り保存し衝立(ついたて)に仕立てられた「御間塀(おあいべい)」四面など御本殿を飾った雅な調度品、障壁画を一堂に公開する。

住所〒630-8212 奈良市春日野町160
アクセスJR・近鉄奈良駅から春日大社本殿行きバスで約10分、終点下車すぐ
お問い合わせ春日大社国宝殿 0742-22-7788

4月1日~9月9日名勝依水園・寧楽美術館
開園60周年記念 依水園主人 關藤次郎の軌跡

9時30分から16時30分(入園は16時まで)。火曜休館。明治時代に現在の依水園を造り上げた關藤次郎(せきとうじろう、1864-1931)の回顧展を開催。藤次郎の好んだ道具の数々の展示とともに、当時の依水園の様相を振り返る。

住所〒630-8208 奈良市水門町74
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、県庁東下車、徒歩約3分
お問い合わせ名勝依水園・寧楽美術館 0742-25-0781

4月18日~9月30日桜井市立埋蔵文化財センター
発掘調査速報展24 50cm下の桜井

9時から16時30分(入館は閉館30分前まで)。月曜、火曜休館(祝日の場合はその翌平日)。平成29年度に行われた発掘調査の成果を紹介。昨年度は7件の発掘調査と1件の地中レーダー探査が行われた。纒向遺跡では溝から大和地域以外の土器が、ほかにも方形周溝墓が少なくとも3基見つかり、茶ノ木塚古墳では古墳の周濠を確認するなど、桜井市の歴史を読み解くうえで重要な発見があった。50cm下に広がる桜井市の新たな発見を速報として展示する。

住所〒633-0074 桜井市芝58-2 芝運動公園内
アクセスJR三輪駅から徒歩約10分、またはJR・近鉄桜井駅から天理行きバスで約6分、三輪明神参道口下車すぐ
お問い合わせ桜井市立埋蔵文化財センター 0744-42-6005

6月1日~8月31日安倍文殊院
夏の寺宝展

9時から17時(受付は16時40分まで)。寺宝が特別展示される。金閣浮御堂では厄除けまいりと内陣特別参拝も行われる。

住所〒633-0054 桜井市阿部645
アクセスJR・近鉄桜井駅から飛鳥資料館前行き、石舞台行きバスで約6分、安倍文殊院前下車すぐ※バスの本数に注意
お問い合わせ安倍文殊院 0744-43-0002

6月15日~8月19日喜光寺
弁財堂本尊宇賀神像(秘仏)特別開帳

9時から16時30分。境内の蓮が見頃の時季(ロータスロード開催期間)にあわせて公開される。宇賀神はとぐろを巻いた蛇体と老人の顔をもつ頭部という神秘的な姿をしている。

住所〒631-0842 奈良市菅原町508
アクセス近鉄尼ヶ辻駅から徒歩約12分
お問い合わせ喜光寺 0742-45-4630

6月15日~8月19日西大寺・喜光寺・唐招提寺・薬師寺
奈良・西ノ京ロータスロード ~蓮とご朱印巡りを楽しむ旅~

仏教では神聖な花とされる蓮。古くから南都の寺にふさわしい花として、夏を彩る。西ノ京の西大寺・喜光寺・唐招提寺・薬師寺は蓮の花が美しいことで知られる。四カ寺を繋ぐ道を「ロータスロード」と呼び、期間限定の特別なご朱印がいただける四カ寺共通の拝観券(3600円、ご朱印納経料含、ご朱印帳付、数量限定)を発売。販売場所は四カ寺の拝観受付、奈良市総合観光案内所。蓮の観覧は午前中がおすすめ。詳しくは問い合わせ。

住所 【西大寺】〒631-0825 奈良市西大寺芝町1-1-5【喜光寺】〒631-0842 奈良市菅原町508【唐招提寺】〒630-8032 奈良市五条町13-46【薬師寺】〒630-8563 奈良市西ノ京町457
アクセス【西大寺】近鉄大和西大寺駅から徒歩約3分【喜光寺】近鉄尼ヶ辻駅から徒歩約12分【唐招提寺】近鉄西ノ京駅から徒歩約10分【薬師寺】近鉄西ノ京駅から徒歩すぐ
お問い合わせ奈良・西ノ京ロータスロード実行委員会事務局/平日9:00~17:00 0742-27-8866

6月30日~8月26日入江泰吉記念奈良市写真美術館
川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし 尾野真千子と川島小鳥」

9時30分から17時(入館は閉館30分前まで)。月曜休館(祝日の場合は翌平日)。写真家・川島小鳥(1980~)撮り下ろしの最新作を展示する。奈良県出身の女優・尾野真千子と2人だけで巡った台湾・奈良を本展のために撮影した。自身初のモノクロ写真展。

住所〒630-8301 奈良市高畑町600-1
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約10分、破石町(わりいしちょう)下車、徒歩約10分
お問い合わせ入江泰吉記念奈良市写真美術館 0742-22-9811

6月30日~10月21日入江泰吉記念奈良市写真美術館
入江泰吉「奈良を愛した文士と高畑界隈」展

9時30分から17時(入館は閉館30分前まで)。月曜(祝日の場合は翌平日)、8月27日から8月31日は休館。入江が撮った文化人たちのポートレートと、文士たちが奈良を訪れ感動を綴った舞台(高畑界隈)の地を、入江作品の名文とともに巡る。

住所〒630-8301 奈良市高畑町600-1
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約10分、破石町下車、徒歩約10分
お問い合わせ入江泰吉記念奈良市写真美術館 0742-22-9811

7月1日~8月31日おふさ観音
風鈴まつり

7時から17時。暑い夏を無事に過ごせるように2500個を超える風鈴の音色が厄を祓い、心地よい涼を運ぶ。期間中は9時から16時まで日本各地の風鈴即売会も。天才人形師・安本亀八作「生き人形」などの寺宝も特別公開中(要拝観料)。

住所〒634-0075 橿原市小房町6-22
アクセスJR畝傍駅から徒歩約7分
お問い合わせおふさ観音 0744-22-2212

7月1日~9月22日登録有形文化財 藤岡家住宅
文房具展 ~文人たちの跡~

9時から16時。月曜休館(祝日の場合はその翌平日)。藤岡家所蔵の文房具を通して、文人たちの愛した文房の文化の変遷を紹介。森鷗外、犬養毅らの墨跡とともに展示する。

住所〒637-0016 五條市近内町526
アクセスJR北宇智駅から徒歩約20分
お問い合わせNPO法人うちのの館 0747-22-4013

7月4日~9月3日天理大学附属天理参考館
第82回企画展中国の風俗人形-近代以降の土人形と黄楊人形-

9時30分から16時30分(入館は閉館30分前まで)。火曜休館。20世紀前半につくられた中国の風俗人形および圓平(えんぺい)人形を中心に展示。風俗人形とは天津の工房「泥人張(ニィレンチャン)」の土人形、上海の土山湾孤児院で制作された黄楊(つげ)人形のこと。いずれも当時の中国の生活文化を巧みに表現した人形で、その中には現在ほとんど目にすることがない職業や風習も多く含まれる。

住所〒632-8540 天理市守目堂町250
アクセスJR・近鉄天理駅から徒歩約20分
お問い合わせ天理参考館 0743-63-8414

7月6日~8月19日大和文華館
特別企画展 大和文華館の日本漆工- 特別出陳・酒井抱一下絵・原羊遊斎作 蒔絵作品-

10時から17時(入館は閉館1時間前まで)。月曜休館(祝日の場合はその翌平日)。日本の伝統的な工芸である漆工。器物を黒漆や朱漆で美しく飾り、時代とともに螺鈿や蒔絵などの技法も発展してきた。江戸時代を代表する蒔絵師・原羊遊斎(はらようゆうさい)は人気絵師である酒井抱一(さかいほういつ)とともに、繊細華麗な蒔絵作品の数々を生み出した。本展では、館所蔵の奈良時代から江戸時代までの漆工芸を展示するとともに、特集コーナーにて原羊遊斎作品を特別出陳する。

住所〒631-0034 奈良市学園南1-11-6
アクセス近鉄学園前駅から徒歩約7分
お問い合わせ大和文華館 0742-45-0544

募集期間 7月6日~9月7日田原本町記紀・万葉事業実行委員会
第7回 「やすまろさんへのメッセージ」コンテスト

古事記を編纂したことで知られる太安万侶のふるさと田原本町。太安万侶の功績を讃え、1300年の時空を超えて、現在の田原本町での感動体験を表現した「短歌・新短歌」を全国から公募する。小学生部門、一般部門に分かれて選出。優秀者には賞金も。テーマは「田原本の空」。応募方法は作品・住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号を明記の上、はがき・封書・メールまたはFAXにて。詳しくは問い合わせ。

住所〒636-0314 磯城郡田原本町193 観光ステーション「磯城の里」
アクセス
お問い合わせ田原本町記紀・万葉事業実行委員会事務局 【応募・問い合わせ】磯城郡田原本町193 観光ステーション「磯城の里」TEL/FAX 0744-33-4560 メールshikinosato@arion.ocn.ne.jp

7月14日~8月26日當麻寺
特別展 中将姫と當麻曼荼羅

9時から17時。国宝「綴織當麻曼荼羅」の修復を記念して奈良国立博物館で開催される特別展『糸のみほとけ』にあわせ、中之坊が所蔵する最古の肖像「中将姫像」、鎌倉時代に模写された「當麻曼荼羅」などを特別に公開する。

住所〒639-0276 葛城市當麻1263
アクセス近鉄当麻寺駅から徒歩約15分
お問い合わせ當麻寺中之坊 0745-48-2001

7月14日~8月26日奈良国立博物館
修理完成記念特別展 糸のみほとけ -国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏-

9時30分から18時(金曜、土曜、8月5日~15日は19時、入館はいずれも閉館30分前まで)。月曜休館(ただし8月13日は開館)。日本では刺繡や綴織(つづれおり)など「糸」で表された仏の像が数多く作られ、古代には大寺院の本尊とされる花形的存在だった。その隆盛をいまに伝える「綴織當麻曼荼羅」(當麻寺蔵)や「刺繡釈迦如来説法図」(奈良国立博物館蔵)、鎌倉時代以降の中将姫信仰を伝える「阿弥陀三尊来迎図」など、綴織と刺繡による仏の像を一堂に公開する。

住所〒630-8213 奈良市登大路町50
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、氷室神社・国立博物館前下車すぐ
お問い合わせハローダイヤル 050-5542-8600

7月14日~9月2日奈良県立橿原考古学研究所附属博物館
大和を掘る36 -2017年度発掘調査速報展-

9時から17時(入館は閉館30分前まで)。月曜休館(祝日の場合はその翌日)。おもに2017年度に奈良県内の発掘調査で出土した遺物や調査時の写真パネルなどを展示し、最新の発掘調査成果を紹介する。

住所〒634-0065 橿原市畝傍町50-2
アクセス近鉄畝傍御陵前駅から徒歩約5分
お問い合わせ奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 0744-24-1185

7月14日~9月30日奈良県立万葉文化館
マンガで語る古代大和 -学術と創造の融合- 『天上の虹』にみる創造の世界

10時から17時30分(入館は閉館30分前まで)。月曜休館(祝日の場合はその翌平日)。里中満智子氏の『天上の虹』〈全23巻〉より、冒頭の大化の改新から我が国の古代最大の内乱とされる壬申の乱までの1巻から7巻を中心とした原稿と、創造のもととなった古典資料の一部を写真資料として併せて紹介する。

住所〒634-0103 高市郡明日香村飛鳥10
アクセス近鉄橿原神宮前駅東口から明日香周遊バス(赤かめ)飛鳥駅行きで約20分、万葉文化館西口下車すぐ
お問い合わせ奈良県立万葉文化館 0744-54-1850

7月14日~9月30日奈良市内
ライトアッププロムナード・なら2018

19時から22時(9月以降は18時から22時)。東大寺や興福寺五重塔、春日大社一之鳥居、奈良国立博物館なら仏像館、浮見堂など奈良公園周辺の歴史的な建物がライトアップされる。

住所 奈良市内
アクセス奈良市内各所
お問い合わせ奈良県奈良公園室 0742-27-8677

7月21日~9月2日平城宮跡資料館
平成30年度 夏のこども展示

9時から16時30分(入館は閉館30分前まで)。月曜休館(祝日の場合はその翌平日)。平城宮跡に関連したテーマで、子どもと家族向けの展示を行う。奈良文化財研究所研究員によるギャラリートークも。

住所〒630-8003 奈良市佐紀町247-1
アクセス近鉄大和西大寺駅から徒歩約15分
お問い合わせ奈良文化財研究所連携推進課 0742-30-6753

7月21日~9月17日奈良県立美術館
明治150年記念企画展 美の新風 ~奈良と洋画~

9時から17時(入館は閉館30分前まで)。月曜休館(9月17日は開館、祝日の場合はその翌平日)。本年が明治時代の始まりから150年を迎えることを記念して、この時代に大きな動向を見せた「洋画」の、奈良における展開が紹介される。併せて奈良ゆかりの作家たちを紹介する。

住所〒630-8213 奈良市登大路町10-6
アクセス近鉄奈良駅から徒歩約5分
お問い合わせ奈良県立美術館 0742-23-3968

7月27日~9月2日飛鳥資料館
夏期企画展 第9回写真コンテスト 飛鳥のいきもの

9時から16時30分(入館は閉館30分前まで)。月曜休館(祝日の場合は翌平日)。「飛鳥のいきもの」をテーマに、歴史や文化を感じられる飛鳥地域で、動物や、虫、魚などの「いきもの」を写した写真を募集した写真コンテスト。応募作品を一堂に展示する。来館者による投票も。

住所〒634-0102 高市郡明日香村奥山601
アクセス近鉄橿原神宮前駅から明日香周遊バスで約20分、飛鳥資料館前下車すぐ
お問い合わせ飛鳥資料館 0744-54-3561

8月1日~11日五劫院(ごこういん)
五劫思惟阿弥陀仏坐像特別開扉

9時から15時。東大寺の北側にある五劫院の本尊は、髪が伸びた大きな頭が特徴。重源上人が宋から招来したと伝えられ、重要文化財に指定されている。毎年10月5日の東大寺転害会の日にも特別開扉がある。

住所〒630-8204 奈良市北御門町24
アクセスJR・近鉄奈良駅から青山住宅行き、州見台八丁目行きバスで約12分、今在家下車、徒歩約2分
お問い合わせ五劫院 0742-22-7694

8月1日~15日大安寺
盂蘭盆精霊会 (うらぼんしょうりょうえ)

9時から16時。精霊供養。高僧などの染筆を入れた灯篭を掲げ、盆施餓鬼供養を行う。最終日の15日は総供養。

住所〒630-8133 奈良市大安寺2-18-1
アクセスJR・近鉄奈良駅から大安寺行き、白土町行き、シャープ前行きバスで約5分、大安寺下車、徒歩約10分
お問い合わせ大安寺 0742-61-6312

8月1日~20日山添村観光協会
地上の天の川「鍋倉渓」

暗くなり次第点灯。鍋倉渓各所に設置された約200基のソーラーライトが、景観を天の川へと変えていく。

住所〒630-2212 山辺郡山添村大塩
アクセス名阪国道神野口ICから神野山方面へ約15分。当日は車での来場を推奨
お問い合わせ山添村観光協会 0743-85-0081

8月1日~9月28日奈良市埋蔵文化財調査センター
夏季特別展奈良市の埴輪-土師氏の故郷でのハニワ生産-

9時から17時まで。土曜、日曜、祝日は休館(8月25日は開館)。奈良市埋蔵文化財調査センターが所蔵する埴輪を一挙公開する。また、富雄丸山古墳出土埴輪や天理市東殿塚古墳出土埴輪も出張展示する。

住所〒630-8135 奈良市大安寺西2-281
アクセスJR・近鉄奈良駅から県立図書情報館行きバスで約10分、大安寺西口下車、徒歩約2分
お問い合わせ奈良市埋蔵文化財調査センター 0742-33-1821

8月2日~3日天川村
洞川行者祭り

毎年8月2日から3日。2日は10時から21時、3日は13時から21時30分までで、21時30分から花火大会がある。大峯山開祖の役行者が、冤罪が晴れ無罪となって大峯山に戻ったとき、熱狂的に村民が出迎えたようすを表したお祭り。ひょっとこ踊り、鬼踊り行列など、大峯山随一の奇祭として有名。

住所〒638-0431 吉野郡天川村洞川
アクセス近鉄下市口駅から洞川温泉行きバスで約1時間20分、終点下車※バスの本数に注意
お問い合わせ大峯山洞川温泉観光案内所 0747-64-0333

8月2日~4日、18日~20日松尾寺
夏期心身修練教室(一休さん)

集合場所は松尾寺内心身修練道場。自然豊かで静かな環境の山寺での生活(小坊主修行)を通じて感謝・修行・奉仕の心を養成する小学生対象の教室。心身ともに健康で、明るく知恵のある現代版『一休さん』を社会に送り出すこと、また強くたくましく思いやりのある優しい日本男児を育てることを目的とする。参加費7000円(最終日に修了者に限り納入)、定員100名前後(小学3~6年生の男児)、要申し込み、郵送に限る(ハガキも可)。申し込み方法はホームページを参照、または電話で問い合わせ。なお、全回〆切の場合もあり、日程ごとにキャンセル待ちとなる。

住所〒639-1057 大和郡山市山田町683
アクセスJR大和小泉駅から矢田山町行きバスで約10分、松尾寺口下車、徒歩約30分、または駅からタクシーで約7分
お問い合わせ松尾寺 0743-53-5023 http://matsuodera.com/

8月3日墨坂神社
火祭り

7月31日に行われた七夕の飾りを焚き上げる行事。15時ごろからお焚き上げのトンドが行われ、それと並行して子供神輿が町中を練り歩く。

住所〒633-0253 宇陀市榛原萩原703
アクセス近鉄榛原駅から徒歩約8分
お問い合わせ墨坂神社 0745-82-0114

8月4日十津川村
つり橋まつり(揺れ太鼓)

地区を練り歩くふれ太鼓は16時、つり橋での揺れ太鼓は18時30分頃から(予定)。長さ297m、高さ54mの谷瀬の吊り橋で和太鼓演奏が行われる。

住所〒637-1103 吉野郡十津川村上野地
アクセス近鉄大和八木駅または五條バスセンターから十津川温泉行き、新宮行きバスで約1時間36分、上野地下車すぐ※バスの本数に注意
お問い合わせ十津川村役場産業課 0746-62-0004

8月4日橿原市今井町
第11回 今井灯火会

19時頃から22時。会場は今井町重要伝統的建造物群保存地区内。風情ある町並みをキャンドルが優しく照らし出す。冷やし甘酒(先着200名)や冷やし飴水(先着200名)のサービス、夜市、読み聞かせ、琴の演奏などイベントも盛りだくさん。

住所〒634-0812 橿原市今井町内
アクセス近鉄八木西口駅下車すぐ、またはJR畝傍駅下車、徒歩約10分
お問い合わせ今井まちづくりセンター内/今井町町並み保存会 0744-22-1128

8月4日川上村
かみせ祭り

16時から(花火は20時から)。「かみせ」とは、川上村の古い呼び方で、古くは「神瀬」と呼ばれていた。盆踊りはもちろん村民による和太鼓の演奏やビンゴ大会、夜店など盛りだくさんの内容で、子どもたちや若い人、お年寄りまで誰もが楽しめる。祭りの最後には打ち上げ数1000発を超える花火大会も開催。

住所〒639-3553 吉野郡川上村迫1335-3
アクセス近鉄大和上市駅から湯盛温泉杉の湯行きバスで約30分、川上村役場下車すぐ※バスの本数に注意
お問い合わせ川上村商工会 0746-52-0127

8月4日山添村観光協会
星空のつどい

会場は山添村森林科学館前駐車場周辺。関西で2番目に星空が美しく見える神野山で、専門家の説明を受けながら天体観測ができる。当日は映像の上映、演奏会や屋台の出店も。詳しくは問い合わせ。

住所〒630-2212 山辺郡山添村伏拝888-1
アクセス名阪国道神野口ICから神野山方面へ約15分。当日は車での来場を推奨
お問い合わせ山添村観光協会 0743-85-0081

8月4日~5日、11日~12日、18日~19日、25日~26日、9月1日~2日奈良市
なつの奈良旅キャンペーンなつの鹿寄せ

9時30分から約15分間。朝の風景のなか、奈良公園の鹿達がナチュラルホルンの音色に呼び寄せられて来る。場所は春日大社境内飛火野。奈良でしか出会えない風景を堪能できる。

住所〒630-8212 奈良市春日野町
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、春日大社参道前下車すぐ
お問い合わせ奈良の鹿愛護会 0742-22-2388

8月5日宇陀市
第61回 宇陀市はいばら花火大会 第4回 全国花火まほろば競技会

19時30分から。会場は宇陀川河畔水田地帯。関西唯一となる花火競技会を開催。県下最大の打ち上げ数となる約4000発もの花火が打ち上がる。

住所〒633-0241 宇陀市榛原下井足・篠楽地内
アクセス近鉄榛原駅から徒歩約5分
お問い合わせ宇陀市はいばら花火大会実行委員会 0745-82-2211

8月5日~6日安堵町・極楽寺
広島大仏平和祈念式典

5日17時から20時頃まで安堵町の祭りで、極楽寺周辺に夜店が立ち並ぶ。6日8時から式典。極楽浄土で瞑想する姿を表す定印(じょういん)を結んでいる阿弥陀如来坐像(広島大仏)に、世界平和を願う。

住所〒639-1061 生駒郡安堵町東安堵1453
アクセスJR法隆寺駅からかしの木台行きバスで約5分、東安堵下車、徒歩約5分
お問い合わせ安堵町・極楽寺 0743-57-2231

8月5日~14日なら燈花会の会
2018なら燈花会

19時頃から21時45分頃まで(会場ごとに点灯時間が若干異なる場合あり)。古都奈良を舞台に、夏の奈良の夜を彩るイベント。会場は奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~、浮雲園地、春日野園地、浅茅ヶ原、猿沢池と五十二段、浮見堂、興福寺、奈良国立博物館・東大寺鏡池(13~14日のみ)、春日大社参道(14日のみ)。ライブやファッションショーの開催も。周辺地域でも灯りのイベントが多数開催さされる。

住所 奈良市内
アクセス奈良市内各所
お問い合わせNTTテレドーム 当日の開催の確認 0180-997-515http://www.toukae.jp/

8月5日、12日、19日、26日宝山寺
獅子閣特別公開

9時から16時(受付は15時30分まで)。明治時代に建てられた擬洋風建築で重要文化財の獅子閣が公開される(観覧料500円)。

住所〒630-0266 生駒市門前町1-1
アクセス近鉄生駒駅から徒歩約3分で鳥居前駅へ、生駒ケーブルで約5分、宝山寺駅下車、徒歩約10分
お問い合わせ宝山寺 0743-73-2006

8月7日東大寺
東大寺お身拭い

7時30分から10時頃。年に1度、大仏の身を浄める行事。120人~150人近い僧侶や関係者で行われる。早朝より二月堂の湯屋で身を清め、白装束に藁草履姿で大仏殿に集合、7時より撥遣作法が行われた後、全員でお経を唱えて開始する。天井からつるしたゴンドラを使用しながら、ハタキで埃を落としていく夏の風物詩。

住所〒630-8587 奈良市雑司町406-1
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、東大寺大仏殿・春日大社前下車、徒歩約5分
お問い合わせ東大寺 0742-22-5511

8月7日~8日室生寺
曝涼(ばくりょう)展(室生寺文化財保全事業)

9時から15時。曝涼とは虫干しのこと。立秋の日、室生寺宝物を虫干しする機会に慶雲殿で公開する。協力金(拝観料)300円(お抹茶付、入山料別途必要)。

住所〒633-0421 宇陀市室生78
アクセス近鉄室生口大野駅から室生寺行きバスで約15分、終点下車、徒歩約5分※バスの本数に注意
お問い合わせ室生寺 0745-93-2003

8月9日東大寺二月堂
およく

この日に参詣すると、4万6000回参詣したのと同じ功徳が得られると伝えられ、「およく」と呼ばれている。

住所〒630-8587 奈良市雑司町406-1
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、東大寺大仏殿・春日大社前下車、徒歩約15分
お問い合わせ東大寺 0742-22-5511

8月13日~15日十津川村
十津川の大踊り

小原の大踊りは8月13日の20時から24時。武蔵の大踊りは8月14日の20時から24時。西川の大踊りは8月15日の19時30分から23時30分。中世以来の貴重な「大踊り」を残している「小原」「武蔵」「西川」各地域で、それぞれ開催日をずらして踊りが開催される。国の重要無形民俗文化財に指定されている。

住所 吉野郡十津川村小原、武蔵、西川
アクセス近鉄大和八木駅または五條バスセンターから十津川温泉行き、新宮行きバスで〈小原へは〉約2時間6分、小原下車、徒歩約5分、〈武蔵へは〉約2時間6分、十津川村役場下車、徒歩約1時間、〈西川へは〉約2時間6分、十津川温泉下車、徒歩約2時間※バスの本数に注意
お問い合わせ十津川村役場産業課 0746-62-0004

8月14日曽爾村
第23回 曽爾村ぬるべの郷夏まつり

15時から20時30分。花火は20時から20時30分。会場は曽爾村老人福祉センター周辺。打ち上げ数約1000発。ダイナミックな花火を至近距離で観賞できる。模擬店・盆踊り大会なども予定。約150台分の無料駐車場あり。荒天の場合は花火大会のみ8月16日に順延。

住所〒633-1211 宇陀郡曽爾村塩井
アクセス名阪国道針ICから国道369号、車で約45分。当日は車での来場を推奨
お問い合わせ曽爾村観光協会 0745-94-2106

8月14日~15日春日大社
中元万燈籠

19時から21時30分。約800年前から現在に至るまで、貴族や武士をはじめ、庶民からも奉納された燈籠は約3000基におよぶ。2月の節分と8月14日~15日の両日に、参道の石燈籠から境内の釣燈籠まで全燈籠が点灯され、幻想的な雰囲気を醸し出す。

住所〒630-8212 奈良市春日野町160
アクセスJR・近鉄奈良駅から春日大社本殿行きバスで約15分、終点下車すぐ
お問い合わせ春日大社 0742-22-7788

8月15日(予定)川上村
ちゃごかご(ちゃんごかんご)

19時頃から。村上天皇の天徳年間にはじまったといわれる1000年以上の歴史がある伝統行事。悪疫退散、作物豊穣などを願う。見どころはユニークな太鼓たたきで、本堂の天井から、ひもで太鼓をつるし、そのまわりを村人たちが、「ホーエイサイ」の掛け声とともに太鼓をたたき、鐘を打ち鳴らす。豊作を期待し、「鎮護(ちんご)・加護(かご)」を祈ったために、「チャゴカゴ」と呼ぶようになったとの言い伝えがある。

住所〒639-3554 吉野郡川上村高原 177(元安楽寺境内)
アクセス近鉄大和上市駅から湯盛温泉杉の湯行きバスで約30分、終点下車、徒歩約30分※バスの本数に注意
お問い合わせ川上村役場地域振興課 0746-52-0111

8月15日高円山・飛火野
奈良大文字送り火

昭和35年からはじめられた戦没者慰霊と世界平和を祈る祭典。高円山に燃え上がる「大」の字は宇宙を意味し、人体にひそむ煩悩の焼却と諸霊に供養する清浄心を表す。18時50分から春日大社参道南の飛火野で慰霊祭典、点火は20時から。

住所〒630-8212 奈良市春日野町(飛火野)
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、春日大社参道前下車、徒歩約2分
お問い合わせ奈良市観光センター 0742-22-3900

8月15日東大寺
大仏殿万燈供養会

19時から22時。盂蘭盆会の一夜、大仏に燈火を供えて諸霊の供養が行われる。17時30分にいったん閉門された大仏殿が、19時再び開門。約2500基の点火された灯籠が並べられ、拝観できる(有料)。8月13日~14日の夜間特別拝観(19時~21時)は無料になる。

住所〒630-8587 奈良市雑司町406-1
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、東大寺大仏殿・春日大社前下車、徒歩約5分
お問い合わせ東大寺 0742-22-5511

8月15日春日神社・八幡神社
ほうらんや火祭

300年以上前から続く祭り。12時30分頃に春日神社、15時頃八幡神社で祭典が行われ、その後松明に点火される。浴衣姿の男衆が燃え盛る大松明を担ぎ境内を何度も練り歩く。

住所〒634-0835 橿原市東坊城町
アクセス近鉄坊城駅から<春日神社へは>徒歩約8分、<八幡神社へは>徒歩約4分
お問い合わせ橿原市観光課  0744-22-4001

8月15日御杖村
第35回 御杖村ふるさと夏まつり

16時から20時30分(雨天の場合は翌日16日に延期)。会場は姫石の湯周辺。音楽に合わせて花火が打ち上げられ、夏の夜を賑やかに演出する。御杖村の物産を楽しめるバザーなどのイベントも併せて行われる。

住所〒633-1301 宇陀郡御杖村神末
アクセス名阪国道針ICから国道369号経由、車で約60分
お問い合わせ御杖村 0745-95-2001

8月16日賣太(めた)神社
阿礼(あれ)祭

10時から祭典。全国の童話作家をはじめ、多くの人々に話の神様として親しまれている稗田阿礼を祀るため、稗田舞(巫女舞)、地元の子どもたちによる阿礼様音頭の奉納、神前童話会などが行われる。

住所〒639-1108 大和郡山市稗田町319
アクセスJR郡山駅から徒歩約15分
お問い合わせ賣太神社 0743-52-4669

8月17日天河大辨財天社
七夕祭り

毎年旧暦の7月7日。14時から22時まで神事が斎行され、灯花が点灯されるなか、万霊供養が行われる。

住所〒638-0321 吉野郡天川村坪内
アクセス近鉄下市口駅から中庵住行きバスで約1時間、天河神社前下車、徒歩約5分※バスの本数に注意
お問い合わせ天河大辨財天社 0747-63-0558

8月18日薬師堂
念仏踊り

19時30分から22時頃まで。小川谷七薬師の1つである薬師堂。その中央に大太鼓を据え、女性のお囃子と太鼓に合わせ鉦と木魚を持った男性2人が踊り回る。県の無形民俗文化財に指定されている。

住所〒633-2432 吉野郡東吉野村木津川
アクセス近鉄榛原駅からタクシーで約40分。開催時刻が遅いため、当日は車での来場を推奨
お問い合わせ東吉野村役場 地域振興課内 東吉野村観光協会 0746-42-0441

8月22日霊山寺
施餓鬼法要・地蔵盆法会・盆踊り・花火

15時から。先祖を供養し、地蔵の徳を偲ぶ法要。無縁壇での施餓鬼法要、霊園本堂の法要に続き、19時から霊園本堂前広場で盆踊り。20時頃から花火の打ち上げも。

住所〒631-0052 奈良市中町3879
アクセス近鉄富雄駅から若草台行きバスで約10分、霊山寺下車すぐ
お問い合わせ霊山寺 0742-45-0081

8月23日~24日元興寺
地蔵会万燈供養

8月23日は17時から21時、24日は17時から24時。両日17時から国宝極楽堂にて法要、堂内では各界名士揮毫による行燈絵を展示する(行灯は31日まで展示)。また境内の浮図田(ぷとでん)では、灯明皿による万灯供養が行われる。23日18時からは子供のひろばと模擬店出店、24日18時から20時30分までは国宝禅室で筝曲の奉納演奏なども催される。

住所〒630-8392 奈良市中院町11
アクセス近鉄奈良駅から徒歩約12分
お問い合わせ元興寺 0742-23-1377

8月23日~24日金剛山寺(矢田寺)
地蔵会式

地蔵信仰の中心地として栄え、「矢田の地蔵さん」として親しまれる。23日は6時から本堂で地蔵会式、19時からは地蔵講追善供養。24日19時からは矢田村戦没者慰霊法要が行われる。

住所〒639-1058 大和郡山市矢田町3516
アクセス近鉄郡山駅から矢田寺行きバスで約13分、終点下車、徒歩約5分
お問い合わせ金剛山寺(矢田寺)大門坊 0743-53-1445

8月23日~24日唐招提寺
地蔵盆(地蔵菩薩立像特別公開)

9時から16時。地蔵堂にて。近畿地方では、一般的な夏の行事である地蔵盆。子供の守り仏とされる地蔵菩薩を祀り、健やかな成長を願う。同時に弘法大師の作と伝わる秘仏で地蔵菩薩立像(重文)と堂内が特別に公開される。

住所〒630-8032 奈良市五条町13-46
アクセス近鉄西ノ京駅から徒歩約10分
お問い合わせ唐招提寺 0742-33-7900

8月24日聖林寺
本尊地蔵菩薩会式

13時30分から。本堂で本尊子安延命地蔵菩薩の法要が行われる。丈六の大石仏で、堂内にいる石の地蔵像としては、日本最大のもの。参列者には散華が無料で配布される。

住所〒633-0042 桜井市下692
アクセスJR・近鉄桜井駅から多武峯または談山神社行きコミュニティバスで約10分、聖林寺前下車すぐ
お問い合わせ聖林寺 0744-43-0005

8月24日~26日平城宮跡
天平たなばた祭り~平城京天平祭・夏~

16時から21時(予定)。夜の平城京跡で実施される「たなばた」がテーマの大イベント。万葉集の世界観を楽しめる光の「天平七夕行列」や、ろうそくの灯りの幻想的な天の川が出現する「燈花会(朱雀門北側)」、地元の味や人気のかき氷が楽しめる「夏の夜市&子ども縁日&天平かき氷」も。当日はJR奈良駅西口および近鉄大和西大寺駅から無料シャトルバスの運行あり。

住所 奈良市佐紀町ほか(平城宮跡)
アクセス近鉄大和西大寺駅から徒歩約15分
お問い合わせ平城宮跡にぎわいづくり実行委員会 0742-27-8973

8月24日~9月30日大和文華館
大和文華館の中国・朝鮮絵画

10時から17時(入館は閉館1時間前まで)。月曜休館(祝日の場合はその翌平日)。 国宝の李迪(りてき)筆「雪中帰牧(せっちゅうきぼく)図」をはじめ、中国・朝鮮の絵画を一堂に展示する。

住所〒631-0034 奈良市学園南1-11-6
アクセス近鉄学園前駅から徒歩約7分
お問い合わせ大和文華館 0742-45-0544

8月25日西大寺
興正(こうしょう)菩薩忌(菩薩忌のつどい)

年に1度の忌日法要。15時30分(予定)から受付(天候により変更あり)。参拝者に講話を行い、夕方から奥の院の興正菩薩五輪塔に数千の灯明をともして法要を行う。参拝料は1人1000円(予定)。雨天中止。

住所〒631-0825 奈良市西大寺芝町1-1-5
アクセス近鉄大和西大寺駅から徒歩約3分
お問い合わせ西大寺 0742-45-4700

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.