ホーム > イベント > イベント情報 > 2020年4月に開催中の短期イベント

イベント情報

オンライン書籍

2020年4月に開催中の短期イベント

4月1日大和神社
ちゃんちゃん祭り

祭りは3月23日の宮入から始まる。31日の宵宮渡りでは頭屋に産子幣が授与される。4月1日午前に例祭の神事があり、午後には御渡りに参列する人々は装束に着替えて各町から境内に集合。本社および摂社である増御子神社の両神輿を中心に100人を超す行列が上街道を南下し、さまざまな祭事が行われる。平成30年2月2日、奈良県無形民俗文化財に指定。

住所 天理市新泉町306
アクセスJR長柄駅から徒歩約7分
お問い合わせ大和神社 0743-66-0044

4月2~7日奈良町にぎわいの家
盆石の世界~五輪の地を描く

9時から17時。細川流倭盆石景美石会による盆石展示と体験。黒い盆に白い砂で自然の情景を描く盆石。今年の展示テーマは過去の五輪の地を描くこと。体験は4、5日のみ。

住所 奈良市中新屋町5
アクセス近鉄奈良駅から徒歩約13分、JR奈良駅から徒歩約20分
お問い合わせ奈良町にぎわいの家 0742-20-1917

4月3日橿原神宮
神武天皇祭

10時。祭神-神武天皇が崩御になった4月3日にちなんで行われてきた祭りで、地元はもとより、近郷、他府県からの参拝者で賑わう。同神宮にとっては紀元祭と同様の大切な祭りと位置付けられる。国家の弥栄と崇敬者の繁栄、家内安全、健康延寿を祈願する。

住所 橿原市久米町934
アクセス近鉄橿原神宮前駅から徒歩約10分
お問い合わせ橿原神宮 0744-22-3271

4月4日橿原神宮
稚児行列

11時から12時30分。御鎮座百三十年を記念の行事。かわいらしい稚児装束に身を包んだ子どもたちが行列する。第一鳥居から出発し、内拝殿で正式参拝する。

住所 橿原市久米町934
アクセス近鉄橿原神宮前駅から徒歩約10分
お問い合わせ橿原神宮 0744-22-3271

4月5日春日大社
水谷神社鎮花祭

10時。正応元(1288)年に創始。夏期に多い疫病の流行を鎮める祭り。当日は授与所を設け、水谷神社の御札や御守も授与しており、ご祈祷も受け付けている。

住所 奈良市春日野町160
アクセスJR-近鉄奈良駅から春日大社本殿行きバス終点、または市内循環バス「春日大社表参道」下車
お問い合わせ春日大社 0742-22-7788

4月9日大神神社
春の大神祭

10時。拝殿で。崇神天皇の御代に疫病が大流行し、多くの国民が亡くなるという国難が起こった時、祭神の神示により神孫の大直禰子命を神主として祭神を祀りし直したところ、平安が戻って国が富み栄というのが起源。古くは「卯の日神事」と呼ばれた。8日の宵宮祭、9日の大神祭、10日の後宴祭と3日間にわたる。「例祭」と呼ばれる大神神社で最も大切な祭典。

住所 桜井市多武峰319
アクセスJR-近鉄桜井駅から談山神社行きバス、終点下車徒歩約5分
お問い合わせ大神神社 0744-49-0001

4月10~12日金峯山寺
花供懺法会-花供会式

蔵王権現のご神木-山桜の満開を御本尊に報告する行事。奴行列を先頭に金峯山の鬼、お稚児さん、山伏、僧侶、そして行列の最後は管長猊下が乗られた大名籠と続く格式を持った行列が行われる。10日=花供千本搗き-女人護摩▽11日=大名行列-花供懺法会▽12日=大名行列-採灯大護摩供厳修。懺法会

住所 吉野郡吉野町吉野山2498
アクセス近鉄吉野駅からタクシー約10分
お問い合わせ金峯山寺 0746-32-8371

4月11、12日西大寺
春の大茶盛式

9時から15時。延応元年(1239)西大寺中興開山-興正菩薩叡尊上人が正月の修正会の結願のお礼として献茶をされ、その折に参拝の民衆にもお茶を振る舞ったことに始まる。戒律によって酒を飲まないので、酒盛りに代わって「茶盛」と称される。僧侶が直径30cm以上もある大茶碗にお茶を点て、参加者に振る舞う。

住所 奈良市西大寺芝町1-1-5
アクセス近鉄大和西大寺駅南口から徒歩約3分
お問い合わせ西大寺 0742-45-4700

4月13日弘仁寺
十三詣り

9時。13歳(数え年の13歳=現在の年の数え方では12歳)の厄を払い、 知恵を授けていただけるように虚空蔵菩薩にお参りをする行事。 虚空蔵菩薩は広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持った菩薩で、参拝することで智恵や知識、記憶といった面での利益があるとされる。

住所 奈良市虚空蔵町46
アクセスJR-近鉄奈良駅からバス「下山町」下車、乗り換えてコミュニティバス「高樋町」下車、徒歩約5分
お問い合わせ弘仁寺 0742-62-9303

4月14日當麻寺
練供養会式

16時。観音菩薩、勢至菩薩ら二十五菩薩が、現世に里帰りした中将姫を迎えて、阿弥陀さまの待つ極楽へ導いていく様子を再現した儀式。わが国の「練供養」の発祥で、境内は数多くの参詣者で埋め尽くされる。當麻寺本堂である曼陀羅堂から東方にある娑婆堂まで長い架け橋が渡される。二つのお堂を繋ぐ橋は来迎橋で、娑婆と浄土を繋ぐ最短距離の白い道とされる。

住所 葛城市當麻1263
アクセス近鉄当麻寺駅から徒歩約15分
お問い合わせ中之坊 0745-48-2001

4月15日石上神宮
春季大祭

11時。10月15日の秋の「例祭」に対する春の大祭。秋のように渡御は行われない。神社関係者-官公庁関係者-氏子-各町区長-総代-崇敬者ら多数が参列する。大祭式で執行され、宮司の祝詞奏上の後、舞楽が奏せられる。祭典後は参集殿で直会を行う。

住所 天理市布留町
アクセスJR-近鉄天理駅下車、徒歩約30分
お問い合わせ石上神宮 0743-62-0900

4月17日興福寺
放生会

法要13時。仏教の「殺生を戒める」という思想に基づき、捕らえた生き物を放して供養する。南円堂の隣にある一言観音堂で法要があり、僧侶により桶に入った金魚や鯉に戒が授けられる。法要の後は猿沢池で般若心経を唱え、桶の中の稚魚を放す。

住所 奈良市登大路町48
アクセス近鉄奈良駅から徒歩約10分
お問い合わせ興福寺 0742-22-7755

4月17日霊山寺
大辯才天開運護摩法会

13時30分から辯天堂で。霊験あらたかなことで全国から信者が訪れる霊山寺の大辯才天。歴史は古く、平安時代初期の弘仁期にまで遡る。弘法大師が霊山寺へ来た時、鼻高山に大龍神がいると感得し、現在の奥之院に大龍神を大辯才天として祀ったという。

住所 奈良市中町3879
アクセス近鉄富雄駅から奈良-郡山-若草台行きバスで「霊山寺」下車
お問い合わせ霊山寺 0742-45-0081

4月18日松尾寺
松尾山水子観音誕生祭

9時から16時。有縁-無縁の水子の霊を回向し、親と子の健康、長寿を祈る。阿弥陀堂で僧侶が回向する。

住所 大和郡山市山田町683
アクセスJR大和小泉駅からバス「松尾寺口」下車、徒歩約30分
お問い合わせ松尾寺 0743-53-5023

4月19日林神社(漢国神社)
饅頭祭

11時。日本の饅頭の始祖-林浄因の徳を偲び菓業界の繁栄を祈る祭り。全国の菓子業者が神前に自家製の銘菓を供える。神事のあと無料の呈茶席もある。

住所 奈良市漢国町2
アクセス近鉄奈良駅から徒歩約3分。JR奈良駅から徒歩約10分
お問い合わせ林神社(漢国神社) 0742-22-0612

4月22~26日薬師寺
国宝薬師寺東塔 大修理 落慶法要

薬師寺で唯一創建当時、1300年前から現存している東塔。平成21年から解体修理が行われ、このほど修理が完了し、落慶法要が行われる(出席は招待者のみ)。

住所 奈良市西ノ京町457
アクセス近鉄西の京駅下車すぐ
お問い合わせ薬師寺 0742-33-6001

4月24日帯解寺
小野小町忌

14時。平安時代前期の女流歌人で六歌仙、三十六歌仙の一人に数えられる〝絶世の美女〟小野小町を偲び、参拝する人々が心うるわしい「心の美人」となって幸せに生きられるよう毎年営む法要。小町の祠前で法要が行われ、本堂南側で坂本流による「七小町の舞」が奉納される。また普段は閉められている祠の扉も開けられ、小町人形を拝観できる年に1度の機会となっている。当日の参拝者には粗供養を進呈。

住所 奈良市今市町734
アクセスJR帯解駅から北へ徒歩約5分または近鉄奈良駅からバス天理行き「下山」下車、徒歩約10分
お問い合わせ帯解寺 0742-61-3861

4月29日談山神社
春のけまり祭

11時。蹴鞠(けまり)は今から凡そ1400年前、中国から伝わったと言われ、 中大兄皇子と藤原鎌足が飛鳥の法興寺(現-飛鳥寺)で蹴ったのが最初とされる。以来歴代天皇始め宮中の高官- 将軍-大名-室町江戸時代では庶民に至るまで広く行われたが、明治維新頃にはいったん途絶えた。明治38年、明治天皇の御下命により蹴鞠保存会を創立。

住所 桜井市多武峰319
アクセスJR-近鉄桜井駅から談山神社行きバス終点下車、徒歩約3分
お問い合わせ談山神社 0744-49-0001

4月29日平群町
第11回 へぐり時代祭り

9時30分から15時30分。平群町役場でオープニングセレモニーがあり、続いて時代行列。このほかにもさまざまなイベントが催される。主会場は道の駅くまがしステーション周辺。緑豊かな大自然と歴史文化に彩られた「平群の魅力」を町内外に発信することにより、地域のまちおこしや観光振興に寄与することを目的として実施している。

住所 平群町平等寺75-1周辺
アクセス近鉄平群駅-竜田川駅から徒歩約12分
お問い合わせ祭り実行委員会事務局=平群町観光産業課 0745-45-1017

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.