ホーム > イベント > イベント情報 > 2016年10月に開催中のイベント

イベント情報

オンライン書籍

2016年10月に開催中のイベント

2015年7月8日~2017年2月6日天理大学附属天理参考館
スポット展示 イスラエルのテル・ゼロール遺跡

9時30分から16時30分(入館は閉館30分前まで)。火曜休館(祝日の場合はもっとも近い平日)。会場は3階展示室オリエントコーナーの一部。日本オリエント学会はイスラエルにあるテル・ゼロール遺跡で、1964年から1966年にかけて3次の発掘調査を行った。出土した遺物はイスラエル考古局との協議の上、両国で折半。日本へ持ち帰った出土遺物は同館に長らく寄託されていたが、2003年に寄贈された。今回そのなかから約20点の出土遺物を展示、その成果を紹介する。

住所〒632-8540 天理市守目堂町250
アクセスJR・近鉄天理駅から徒歩約20分
お問い合わせ天理大学附属天理参考館 0743-63-8414

1月8日~10月2日春日大社
御仮殿特別参拝と将軍・戦国武将の奉納した釣燈籠特別拝観

8時30分から16時45分。第六十次式年造替を記念し、新設された禁足地の御蓋山浮雲峰遥拝所、新装となった中門、御廊、万燈籠を再現した藤浪之屋、御神霊が遷された御仮殿の特別参拝と150年ぶりに神前につけられた5代将軍徳川綱吉や戦国大名の宇喜多秀家から奉納された釣燈籠や、直江兼続・藤堂高虎が奉納した燈籠を拝観できる。特別参拝料500円。また、予約制で神職等案内付での拝観もできる(14時から1日1回実施。参加費1000円。式年造替特別記念品付。予約等詳細は奉祝行事実行委員会のホームページを参考)。10月1日午前は除外日。臨時の祭典等で参拝不可の場合あり。

住所〒630-8212 奈良市春日野町160
アクセスJR・近鉄奈良駅から春日大社本殿行きバスで約10分、終点下車すぐ
お問い合わせ春日大社第六十次式年造替記念奉祝行事実行委員会 0742-93-9460 http://www.kasuga-houshuku.jp/

3月19日~12月11日奈良公園
若草山開山

9時から17時。遠くは生駒山、眼下には大仏殿や、平城宮跡、奈良の盆地の絶景を眺めることができる。

住所〒630-8211 奈良市雑司町
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、大仏殿春日大社前下車、徒歩約15分
お問い合わせ奈良公園管理事務所 0742-22-0375

4月20日~10月2日桜井市立埋蔵文化財センター
発掘調査速報展22 50cm下の桜井

9時から16時30分(入館は閉館30分前まで)。月曜・火曜休館(祝日の場合は開館)、祝日の翌日休館。平成27年度に行われた発掘調査の成果を紹介。城島遺跡では古墳時代の水田跡、大福遺跡では弥生時代の溝、纒向遺跡では二反田古墳の葺石や周濠を確認するなど、桜井市の歴史を読み解くうえで重要な発見があった。50cm下に広がる桜井市の新たな発見を速報として展示する。

住所〒633-0074 桜井市芝58-2 芝運動公園内
アクセスJR三輪駅から徒歩約10分、またはJR・近鉄桜井駅から天理行きバスで約6分、三輪明神参道口下車すぐ
お問い合わせ桜井市立埋蔵文化財センター 0744-42-6005

8月11日~10月2日奈良県立万葉文化館
判じ絵の世界 目で見る江戸のなぞなぞに挑戦

10時から17時30分(入館は閉館30分前)。月曜休館(祝日の場合はその翌平日)。江戸時代に大人から子どもまで広く庶民に流行した〝絵で見るなぞなぞ〟判じ絵。歌川重宣ら絵師が手がける、絵を判じて(解く、理解する)答えを導き出す判じ絵を通して、当時の遊びに楽しく触れる。

住所〒634-0103 高市郡明日香村飛鳥10
アクセス近鉄橿原神宮前駅から明日香周遊バス飛鳥駅行きで約20分、万葉文化館西口下車すぐ
お問い合わせ奈良県立万葉文化館 0744-54-1850

8月26日~10月2日大和文華館
中国工芸名品展 -陶磁・金工・漆工-

10時から17時(入館は閉館1時間前まで)。月曜休館(祝日の場合はその翌平日)。中国の工芸はさまざまな技術を磨き、洗練を加え、精緻な作品を生み出してきた。今回は、先進的な技術に満ち世界をリードした陶磁、豪華で精巧極まる金工、独特の艶と多様な装飾技法の美しい漆工の名品を展示する。

住所〒631-0034 奈良市学園南1-11-6
アクセス近鉄学園前駅から徒歩約7分
お問い合わせ大和文華館 0742-45-0544

8月26日~10月10日興福寺
国宝五重塔・三重塔初層公開

9時から16時。ともに国宝の五重塔と三重塔の初層が公開される。三重塔は北円堂とともに興福寺最古の建造物で、五重塔は光明皇后が創建し、5回の被災と再建をへて室町時代に再建され、以来古都奈良の象徴として親しまれている。

住所〒630-8213 奈良市登大路48
アクセス近鉄奈良駅から徒歩約5分
お問い合わせ興福寺 0742-22-7755

8月26日~10月10日壷阪寺
三重塔初層特別開帳

8時30分から17時。西国三十三所草創1300年を記念し、三重塔(重文)の初層を開扉する。本尊である秘仏・大日如来像も同時に開帳される。

住所〒635-0102 高市郡高取町壺阪3
アクセス近鉄壺阪山駅から壷阪寺前行きバスで約10分、壷阪寺前下車、徒歩約5分
お問い合わせ壷阪寺 0744-52-2016

8月26日~12月4日長谷寺
本尊大観音尊像特別拝観

9時30分から16時。本来は触れることのできない本尊・大観音の御足に触れ、結縁できる。本年度は西国三十三所草創1300年に当たり、期間を延長して行う。

住所〒633-0112 桜井市初瀬731-1
アクセス近鉄長谷寺駅から徒歩約15分
お問い合わせ長谷寺 0744-47-7001

9月1日~11月10日松尾寺
秋の寺宝展

9時から16時。白洲正子が愛したといわれる「千手観音像トルソー」をはじめ、木造十一面観音立像(重文)、役行者小角像(円空作)、創建時の瓦(奈良時代)、海北友松画「放馬図屏風」などの寺宝が公開される。

住所〒639-1057 大和郡山市山田町683
アクセスJR大和小泉駅から矢田山町行きバスで約10分、松尾寺口下車、徒歩約30分、または大和小泉駅からタクシーで約7分
お問い合わせ松尾寺 0743-53-5023

9月1日~11月30日 安倍文殊院
秋の寺宝展

9時から17時(受付は16時30分まで)。金閣浮御堂の内陣参拝ができる(七参りのお札とお守り付)。

住所〒633-0054 桜井市阿部645
アクセスJR・近鉄桜井駅から飛鳥資料館前行き、石舞台行きバスで約6分、安倍文殊院前下車、徒歩約5分
お問い合わせ安倍文殊院 0744-43-0002

9月3日~10月23日奈良市、「東アジア文化都市2016奈良市」実行委員会
古都祝奈良(ことほぐなら)時空を超えたアートの祭典

「東アジア文化都市2016奈良市」のコア期間プログラムとして開催される。奈良時代の都の中心地である平城宮跡、古都奈良を象徴する社寺や江戸後期からの伝統的なまちなみが残るならまち等を舞台に、「舞台芸術」「美術」「食」の3つの部門を中心に様々なプログラムが展開される。

住所 奈良市内
アクセスJR奈良駅、近鉄奈良駅・西ノ京駅・大和西大寺駅から各会場へ
お問い合わせ「東アジア文化都市2016奈良市」実行委員会事務局 0742-27-0120

9月3日~10月30日入江泰吉記念奈良市写真美術館
それぞれの時「大阪」展 ~森山大道・入江泰吉・百々俊二~

9時30分から17時(入館は閉館30分前まで)。月曜休館(祝日の場合はその翌平日)。森山大道、入江泰吉、百々俊二それぞれの「大阪」での時を写した写真展。

住所〒630-8301 奈良市高畑町600-1
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約10分(わりいしちょう)下車、徒歩約10分
お問い合わせ入江泰吉記念奈良市写真美術館 0742-22-9811

9月11日~11月30日法隆寺
法隆寺秘宝展

9時から16時30分(受付は16時まで)。通常は拝観できない法隆寺の貴重な文化財を公開する(別途特別拝観料が必要)。

住所〒636-0115 生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
アクセスJR法隆寺駅から法隆寺行きバスで約7分、法隆寺門前下車すぐ
お問い合わせ法隆寺 0745-75-2555

9月16日~11月30日 薬師寺
玄奘三蔵院伽藍大唐西域壁画公開

8時30分から17時(受付は16時30分まで)。日本画壇の重鎮・故平山郁夫画伯が30年の歳月をかけて完成した大唐西域壁画を公開。

住所〒630-8563 奈良市西ノ京町457
アクセス近鉄西ノ京駅から徒歩すぐ
お問い合わせ薬師寺 0742-33-6001

9月16日~11月30日薬師寺
西塔初層内陣 釈迦四相像 特別公開

8時30分から17時。西塔初層内陣の釈迦四相像が特別公開される。彫刻家の中村晋也氏が制作したもので、釈迦が悟りを開いた後の生涯をブロンズ群像で表したもの。

住所〒630-8563 奈良市西ノ京町457
アクセス近鉄西ノ京駅から徒歩すぐ
お問い合わせ薬師寺 0742-33-6001

9月20日~11月11日般若寺
白鳳秘仏特別公開

9時から16時(受付は15時30分まで)。日本最大級の十三重石塔(重文)の修理の際に、発見された阿弥陀如来立像を特別公開。聖武天皇が平城京の鬼門鎮護を祈念して奉納した「霊像」とされる(拝観料別途)。

住所〒630-8102 奈良市般若寺町221
アクセスJR・近鉄奈良駅から青山住宅行き、州見台八丁目行きバスで約10分、般若寺下車、徒歩約5分
お問い合わせ般若寺 0742-22-6287

9月28日~11月30日當麻寺 中之坊
中之坊書院特別公開

4年に1度となる中之坊書院(重文)の特別公開。曽我二直菴(そがにちょくあん)の襖絵や、片桐石州による茶室「丸窓席」を内側から拝観できる。

住所〒639-0276 葛城市當麻1263
アクセス近鉄当麻寺駅から徒歩約15分
お問い合わせ當麻寺 中之坊 0745-48-2001

10月1日石上神宮 
榜示浚(ぼうじざらえ)

9時から。神宮周辺の村・布留郷(ふるごう)の四隅に榜示杭を立てて、邪霊の侵入を防ぐ神事。現在は、榊を立て郷中安泰を祈る。

住所〒632-0014 天理市布留町384
アクセス近鉄天理駅から徒歩約30分
お問い合わせ石上神宮 0743-62-0900

10月1日櫻本坊
吉野聖天大祭

13時から。良縁成就・家庭円満・商売繁盛・諸願成就などのご祈祷法要を行う。14時からは大護摩が焚かれる。

住所〒639-3115 吉野郡吉野町吉野山1269
アクセス近鉄吉野駅から徒歩3分で千本口駅へ、ロープウェイで約3分、吉野山駅から徒歩約30分
お問い合わせ櫻本坊 0746-32-5011

10月1日氷室神社
例祭・夕座の舞楽

11時から朝座、13時から音楽奉納、17時から夕座。18時30分から21時には舞楽の奉納が行われる。9月30日17時からは宵宮祭を行う。

住所〒630-8212  奈良市春日野町1-4
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、氷室神社・国立博物館前下車すぐ
お問い合わせ氷室神社 0742-23-7297

10月1日~2日国営飛鳥歴史公園
里山あそび広場2016秋

10時30分から16時(2日は15時30分まで)。今回で20周年を迎えるイベントで、新たに開園する5番目の地区「キトラ古墳周辺地区」で開催される。キトラの歴史とともに里山の遊びを楽しめる。また、古代衣装体験や飛鳥蹴鞠体験(1日)、木のぼり体験などもできる。一部有料。

住所〒634-0144 高市郡明日香村平田538
アクセス近鉄飛鳥駅から徒歩約12分
お問い合わせ国営飛鳥歴史公園 飛鳥管理センター 0744-54-2441

10月1日~3日、8日~10日宝山寺
獅子閣特別公開

9時から16時(入館は15時30分まで)。重要文化財の獅子閣は明治初期の擬洋風建築。通常非公開だが特別に公開される。

住所〒630-0266 生駒市門前町1-1
アクセス近鉄生駒駅から徒歩約3分で鳥居前駅へ、生駒ケーブルで約5分、宝山寺駅下車、徒歩約10分
お問い合わせ宝山寺 0743-73-2006

10月1日~31日高取土佐町並み
奈良・町家の芸術祭 はならぁと2016 こあ

10時から16時。「はならぁと」の核となるキュレーター会場が置かれるメインエリア。担当キュレーターに遠藤水城氏を迎え、「第八回 町家の案山子めぐり」との同時開催による新しい芸術体験に挑戦する。

住所 高取町土佐
アクセス近鉄壷阪山駅から徒歩約5分
お問い合わせ奈良・町家の芸術祭HANARART実行委員会 0743-25-6126

10月1日~11月6日橘寺
聖倉殿(収蔵庫)特別公開

9時から16時30分(閉門は17時)。聖徳太子ゆかりの寺の聖倉殿(収蔵庫)に収められている聖徳太子絵伝の第3・4幅や伝日羅立像などが特別に公開される。

住所〒634-0142 高市郡明日香村橘532
アクセス近鉄橿原神宮前駅から明日香周遊バスで約15分、岡橋本下車、徒歩約3分
お問い合わせ橘寺 0744-54-2026

10月1日~11月27日春日大社国宝殿
開館記念展覧会 春日大社の国宝 -千年の秘宝と珠玉の甲冑刀剣を一堂に-

春日大社国宝殿リニューアル開館を記念し、国宝・重要文化財のなかから珠玉の名宝約50点を魅力たっぷりに展示する。新装された国宝殿では、春日の聖域をテーマとする光と水の表現空間「神垣(かみがき)」など、新たな日本の美を体感できる。

住所〒630-8212 奈良市春日野町160
アクセスJR・近鉄奈良駅から春日大社本殿行きバスで約10分、終点下車すぐ
お問い合わせ春日大社 0742-22-7788

10月1日~2日、8日~10日、15日~16日、22日~23日、29日~30日、11月3日、5~6日、12~13日、19日~20日、23日、26日~27日岩船寺
三重塔初層特別開扉

8時30分から17時(受付は16時45分まで)、雨天・荒天時は塔開扉中止の場合あり。重文である三重塔と内部壁画が特別に公開される。岩船寺は聖武天皇が行基に命じて阿弥陀堂を建立したのにはじまると伝わる。

住所〒619-1133 京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43
アクセスJR・近鉄奈良駅から浄瑠璃寺行き急行バスで約15分、浄瑠璃寺下車、コミュニティバス(当尾線)に乗り換え約7分、岩船寺下車すぐ
お問い合わせ岩船寺 0774-76-3390

10月1日~11月30日岩船寺
岩船寺秘宝特別公開

8時30分から17時(受付は16時45分まで)。普段は見ることができない秘宝が特別に公開される。

住所〒619-1133 京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43
アクセスJR・近鉄奈良駅から浄瑠璃寺行き急行バスで約15分、浄瑠璃寺下車、コミュニティバス(当尾線)に乗り換え約7分、岩船寺下車すぐ
お問い合わせ岩船寺 0774-76-3390

10月1日~11月30日浄瑠璃寺
秘仏吉祥天女立像特別開扉

9時から16時30分。9体の阿弥陀仏が並ぶ本堂に、阿弥陀仏とともに祀られている天女像の厨子が開かれる。

住所〒619-1135 京都府木津川市加茂町西小札場40
アクセスJR・近鉄奈良駅から浄瑠璃寺行き急行バスで約15分、浄瑠璃寺下車すぐ
お問い合わせ浄瑠璃寺 0774-76-2390

10月1日~11月30日大安寺
本尊十一面観音像特別開扉

9時から16時。本堂中央に安置され、がん封じの本尊として知られる。普段は公開されないがこの期間のみ拝観することができる。

住所〒630-8133  奈良市大安寺2-18-1
アクセスJR・近鉄奈良駅から大安寺行き、白土町行き、シャープ前行きバスで約5分、大安寺下車、徒歩約10分
お問い合わせ大安寺 0742-61-6312

10月1日~11月30日不退寺
秋季寺宝特別公開

9時から17時。歌人として名高い在原業平の画像などを特別公開する。

住所〒630-8113 奈良市法蓮町517
アクセスJR・近鉄奈良駅から航空自衛隊行き、西大寺行きバスで約7分、一条高校前下車、徒歩約15分
お問い合わせ不退寺 0742-22-5278

10月1日~12月12日寧楽美術館
奈良さらし -南都の名産ここにあり- まぼろしの布をもとめて

9時30分から16時30分(入館は閉館30分前まで)。火曜休館(ただし10月・11月は無休)。入館料は依水園入園料に含む。近世に南都随一の産業として地域経済を支えた「奈良さらし」。今回の展示では従来の社会的視点ではなく、奈良さらしそのものの魅力に迫る。

住所〒630-8208 奈良市水門町74
アクセス近鉄奈良駅から徒歩約15分
お問い合わせ寧楽美術館 0742-25-0781

10月3日~5日西大寺
光明真言土砂加持大法会

光明真言を加持する法要で、3日14時から。法要は3日間、通して行われ、5日に結願される。特に4日14時からの中日の法要は多くの僧侶が集う盛大なもの。

住所〒631-0825 奈良市西大寺芝町1-1-5
アクセス近鉄大和西大寺駅から徒歩約3分
お問い合わせ西大寺 0742-45-4700

10月5日手向山八幡宮 
転害会

9時から。手向山八幡宮にて神事が行われ、11時から転害門の中にて祭式が行われる(転害門での祭式は雨天中止)。転害会は、奈良時代に東大寺境内に建立以来の古い歴史をもつ。

住所〒630-8211 奈良市雑司町
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、大仏殿春日大社前下車、徒歩約15分
お問い合わせ手向山八幡宮 0742-23-4404

10月5日東大寺
公慶上人坐像特別公開

法要終了後から16時。公慶堂で公慶上人坐像(重文)が拝観できる。春と秋のみの特別公開。

住所〒630-8587 奈良市雑司町406-1
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、大仏殿春日大社前下車、徒歩約15分
お問い合わせ東大寺 0742-22-5511

10月5日東大寺
僧形八幡神像特別公開

10時頃から16時。もとは東大寺の鎮守八幡宮(現在の手向山八幡神社)の御神体だった僧形八幡神像だが、明治初年の神仏分離・廃仏毀釈により、東大寺に移された。手向山八幡宮の転害会の日のみ勧進所で特別公開される。

住所〒630-8587 奈良市雑司町406-1
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、大仏殿春日大社前下車、徒歩約5分
お問い合わせ東大寺 0742-22-5511

10月6日~23日春日大社
お砂持ち行事 国宝御本殿特別拝観

9時から16時30分。本殿前に敷き詰める砂を運ぶ江戸時代以来の伝統行事で、国宝の本殿を間近に拝観できるのは20年に一度この機会のみとなる。参加費2000円(記念品付)、事前予約不要(10月9日、11日、21日午前中は神事都合により実施しない)。

住所〒630-8212 奈良市春日野町160
アクセスJR・近鉄奈良駅から春日大社本殿行きバスで約10分、終点下車すぐ
お問い合わせ春日大社 0742-22-7788

10月7日~11月30日當麻寺 中之坊
秋の寺宝展

9時から17時(受付は16時30分まで)。當麻寺中之坊の霊宝館で松室院の本尊・十一面観音立像(平安時代)を特別公開。本尊の脇仏・不動明王像や、釈迦十六善神、弘法大師二所明神などが公開される。

住所〒639-0276 葛城市當麻1263
アクセス近鉄当麻寺駅から徒歩約15分
お問い合わせ當麻寺 中之坊 0745-48-2001

10月7日~12月4日飛鳥資料館
秋期特別展「祈りをこめた小塔」

9時から16時30分(入館は閉館30分前まで)。月曜休館。11月3日は入館無料。飛鳥資料館が新たに収蔵した百万塔と合わせ、国内に伝来した銭弘俶(せんこうしゅく)八万四千塔や泥塔(でいとう)などの小塔を展示する。特に銭弘俶八万四千塔は、国内に伝わった12点のうち9点を見ることができる。

住所〒634-0102 高市郡明日香村奥山601
アクセス近鉄橿原神宮前駅から明日香周遊バスで約20分、飛鳥資料館前下車すぐ
お問い合わせ飛鳥資料館 0744-54-3561

10月8日奈良豆比古神社 
翁舞

20時から。例祭の宵宮で奉納される。春日王の第1皇子浄人と第2皇子安貴王が父の病気平癒祈願のために舞を奉納したのがはじまりと伝えられ、能狂言発達以前の古いかたちが残る。国の重要無形民俗文化財に指定されている。

住所〒630-8104 奈良市奈良阪町2489
アクセスJR・近鉄奈良駅から青山住宅行き、州見台八丁目行きバスで約12分、奈良阪下車、徒歩約5分
お問い合わせ奈良豆比古神社 0742-23-1025

10月8日法隆寺
西円堂奉納鏡奉納大般若経転読法要

10時30分から。本尊薬師如来を祀る西円堂へ銅鏡を復元した鏡を奉納し、大般若経転読法要・護摩法要を行う。法要後に内陣を拝観できる。

住所〒636-0115 生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
アクセスJR法隆寺駅から法隆寺行きバスで約7分、法隆寺門前下車すぐ
お問い合わせ法隆寺 0745-75-2555

10月8日薬師寺
天武忌・万燈会

18時から。小倉遊亀画伯の『天武天皇像』『持統天皇像』『大津皇子像』の絵像が祀られ、万燈会の点燈式の後、天武忌の法要が行われる。石畳に燈籠の灯りが映え、白鳳伽藍を荘厳する。

住所〒630-8563 奈良市西ノ京町457
アクセス近鉄西ノ京駅から徒歩すぐ
お問い合わせ薬師寺 0742-33-6001

10月8日~9日往馬大社
例大祭

毎年10月の体育の日の前々日の土曜と前日の日曜。後世の「座」の起源を残す、古式ゆかしい火の行事。土曜の宵宮祭は19時から、その後和太鼓の奉納が20時から行われる。日曜の例祭は10時から、火祭りは14時から。

住所〒630-0222 生駒市壱分町1527-1
アクセス近鉄一分駅から徒歩約5分
お問い合わせ往馬大社 0743-77-8001

10月8日~9日鴨都波神社
秋季大祭

毎年10月の体育の日の前々日の土曜と前日の日曜。土曜の宵宮では20時から約30基の「ススキ提灯」が奉納される。日曜の本祭では10時30分から15時頃まで、多くの人々が神輿を担ぎ神社周辺を練り歩く。県の無形民俗文化財に指定されている。

住所〒639-2271  御所市宮前町513
アクセスJR・近鉄御所駅から徒歩約10分
お問い合わせ鴨都波神社  0745-62-2176

10月8日~9日国見神社
秋の祭

国見山の中腹にある、『日本書紀』神武天皇の国見の伝説の残る神社。8日の宵宮祭りでは宮座の人々が裃(かみしも)を身につけ、神社へ参拝する途中、御所市今住の藤の森の見えるあたりに止まって白い扇を広げ、藤の森に向かい「ワイノワイノワーイ」と呼びかける風習が残る。

住所〒639-2246 御所市原谷276
アクセスJR掖上駅から徒歩約15分、または近鉄市尾駅から徒歩約30分
お問い合わせ御所市観光協会 0745-62-3346

10月8日~10日奈良の鹿愛護会
鹿の角切り

12時(入場は11時30分)から15時(最終入場14時30分)。勢子(せこ)と呼ばれる人々が、角切り場に追い込まれた荒々しい雄鹿をつかまえ角を切る。人害防止のため江戸時代よりはじまった古都の秋の風物詩。

住所〒630-8212 奈良市春日野町160
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、春日大社表参道下車、徒歩約7分
お問い合わせ奈良の鹿愛護会 0742-22-2388

10月8日~12日天王寺公園
天王寺公園内に 『十津川村公園』  期間限定開園

十津川村の木を使った『十津川村公園』が 天王寺公園内に期間限定で開園!十津川村で育った木にこだわった「すべり台」「ブランコ」「平均台」「積み木」が配置されるので、芝生の上で、本物の「木の遊具」で思いっきり遊べます。「絵本」などの図書コーナーもあるので、木の香りと温もりの中、親子でゆっくり過ごせます。

住所〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山1-108
アクセスJR天王寺駅6番出口から徒歩5分
お問い合わせ十津川村役場 0746-62-0001

10月8日~23日馬見丘陵公園
奈良フードフェスティバルC'festa2016in馬見

10時から17時まで。緑豊かな公園内で、日替わりシェフのイベント限定料理(シェフズキッチン)や、青空ピッツァの他、奈良食材を使用したパンやお菓子、シェフや生産者の屋台料理など、秋空のもとオープンテーブルで楽しめる、奈良最大のグルメイベント。

住所 北葛城郡河合町
アクセス近鉄池部駅から徒歩約20分または近鉄五位堂駅からバス「馬見丘陵公園」下車、徒歩すぐ
お問い合わせ奈良フードフェスティバル実行委員会事務局 0743-71-7710

10月8日~11月13日大和文華館
特別展 呉越国 -西湖に育まれた文化の精粋-

10時から17時(入館は閉館1時間前まで)。呉越国(907~978年)は10世紀に中国の江南に位置し、越窯青磁や金銀器など美術・工芸において高い技術をもつ一方で、仏教を篤く信奉し、東アジアにおける文化交流に大きな役割を果たした。建国から北宋に降るまでのわずか約70年の間に輝きを放ち、消えていった呉越国の文化を、仏教美術や工芸品を通し浮き彫りにする。

住所〒631-0034 奈良市学園南1-11-6
アクセス近鉄学園前駅から徒歩約7分
お問い合わせ大和文華館 0742-45-0544

10月8日~11月30日薬師寺
薬師寺大宝蔵殿特別開扉「仏さまのアクセサリー」 同時開催「粋と美の日本 彫金 桂盛行・桂盛仁父子展」

8時30分から17時(受付は16時30分まで)。秘仏・吉祥天画像を中心に、きらびやかなアクセサリーに注目した仏の特別拝観。10月8日~11月11日は平成の吉祥天が、11月12日~30日は国宝・吉祥天画像が公開される。

住所〒630-8563 奈良市西ノ京町457
アクセス近鉄西ノ京駅から徒歩すぐ
お問い合わせ薬師寺 0742-33-6001

10月9日春日大社
重陽節供祭・献香之儀

10時から。重陽節供祭(ちょうようのせっくさい)は菊の節供ともいわれ、古式の神饌(しんせん)を献じ国の平安と国民の幸福を祈る。引き続き香道志野流家元奉仕による献香が行われる。献香之儀(けんこうのぎ)は参拝所より拝観できる。

住所〒630-8212  奈良市春日野町160
アクセスJR・近鉄奈良駅から春日大社本殿行きバスで約8分、終点下車すぐ
お問い合わせ春日大社 0742-22-7788

10月9日門僕神社
曽爾の獅子舞

体育の日の前日の日曜8時頃から。門僕(かどふさ)神社例祭の神事の後に獅子舞の奉納が行われる。290年以上の伝統をもち、県の無形民俗文化財に指定されている。

住所〒633-1212 宇陀郡曽爾村今井733
アクセス近鉄榛原駅から曽爾村役場前行きバスで約1時間、終点下車すぐ
お問い合わせ曽爾村観光協会 0745-94-2106

10月9日西大寺
秋の大茶盛式

毎年10月第2日曜の9時から15時。拝服料3000円(本席大茶盛式・副席・本堂拝観護摩祈願・点心席)。鎌倉時代に僧・叡尊がはじめた行事。大きな茶道具で行われる茶会で、僧侶が点てた茶が参会者にふるまわれる。

住所〒631-0825  奈良市西大寺芝町1-1-5
アクセス近鉄大和西大寺駅から徒歩約3分
お問い合わせ西大寺 0742-45-4700

10月9日談山神社
嘉吉祭

毎年10月第2日曜の10時から。秋の収穫を神に感謝する祭り。「百味の御食(ひゃくみのおんじき)」と呼ばれる神饌が有名。

住所〒633-0032 桜井市多武峰319
アクセスJR・近鉄桜井駅から談山神社行きコミュニティバスで約25分、終点下車、徒歩約5分
お問い合わせ談山神社 0744-49-0001

10月9日丹生川上神社
小川祭

体育の日の前日の日曜、12時30分ごろから15時ごろまで。8つの集落から各1台、大きく豪華な太鼓台が繰り出され、色とりどりの法被を着た担ぎ手たちがそれを担いで境内を練り歩く。県内に残る同様の行事の中でもひときわ豪奢な太鼓台が、おだやかな山村の秋によく映える。

住所〒633-2431 吉野郡東吉野村小968
アクセス近鉄榛原駅から東吉野村役場行きバスで約40分、終点下車、徒歩約45分、またはコミュニティバスふるさと号に乗り換え約7分、蟻通下車すぐ(バスの運行日に注意)
お問い合わせ丹生川上神社 0746-42-0032

10月9日~10日村屋神社
秋祭り

9日の宵宮は17時から20時。10日の本宮は11時から12時、太々神楽の奉納は13時30分頃から開始。村屋神社は「縁結びの神様」として知られる。

住所〒636-0234 磯城郡田原本町蔵堂423
アクセス近鉄田原本駅から徒歩約30分
お問い合わせ村屋神社  0744-32-3308

10月12日八柱神社
題目立(だいもくたて)

19時頃から(予定)。狩衣姿に弓を持った17歳の若者を中心に行われる。所作や動作をほとんど伴わずに謡う能の源流をなす民俗芸能として、国の重要無形民俗文化財となっている。古くから1回の中断もなく伝えられ、2009年ユネスコの無形文化遺産にも登録された。

住所〒632-0102 奈良市上深川町
アクセス夜間につき、タクシーやマイカー利用のみ
お問い合わせ奈良市観光振興課 0742-34-1111

10月14日春日神社(曽爾村)
秋祭り

毎年体育の日の8時頃から。伊勢街道の旧山粕宿の素朴な秋祭り。曽爾村の獅子舞の奉納もある。

住所〒633-1216 宇陀郡曽爾村山粕1285
アクセス近鉄榛原駅から曽爾村役場前行きバスで約45分、山粕局前下車、徒歩約1分
お問い合わせ曽爾村教育委員会 0745-94-2104

10月15日石上神宮
渡御祭(ふるまつり)

年に1度行われる例祭。10時から神楽奉納、13時から渡御出御(とぎょしゅつぎょ)の儀、14時から御旅所祭(神楽奉納)、16時から還御祭。

住所〒632-0014 天理市布留町384
アクセス近鉄天理駅から徒歩約30分
お問い合わせ石上神宮 0743-62-0900

10月15日~16日海神社
秋まつり

15日の宵宮の夕刻から行われる「いさめ踊り」は雨乞いやその祈願成就のお礼に踊られ、市指定無形民俗文化財に指定されている。

住所〒633-0315 宇陀市室生大野1655
アクセス近鉄室生口大野駅から徒歩約2分
お問い合わせ海神社 0745-92-3222

10月15日~16日與喜天満神社
秋季大祭

9時から神事、11時から神輿が巡幸する。初瀬にあり菅原道真を祭神とする天満宮の秋祭り。通称「初瀬まつり」と呼ばれ、長谷寺門前町は各町から繰り出された太鼓台や、與喜天満神社の鎮座する與喜山から下った神輿の巡幸で賑わう。15日の宵宮では、天満神社境内が灯籠の灯りで幻想的な風情をみせる。

住所〒633-0112 桜井市初瀬1
アクセス近鉄長谷寺駅から徒歩約15分
お問い合わせ與喜天満神社 0744-55-2300

10月15日~11月27日奈良県立美術館
禅(ZEN)関連企画展 雪舟・世阿弥・珠光… 中世の美と伝統の広がり

9時から17時(入館は閉館30分前まで)。禅宗の導入や宋・元文化の伝来は中世の日本に大きな影響を及ぼした。水墨画が盛んになり、能・茶の湯などの伝統文化が形成された。本年は禅宗のうち、臨済宗の祖である臨済義玄禅師の1150回忌にあたる。禅宗や中・近世の日本文化への理解を深め、奈良ともゆかりが深い水墨画・能・茶の湯の深遠な美と後世への広がりを展示する。

住所〒630-8213 奈良市登大路町10-6
アクセス近鉄奈良駅から徒歩約5分
お問い合わせ奈良県立美術館 0742-23-3968

10月15日~11月27日奈良文化財研究所 平城宮跡資料館
平城宮跡資料館秋期特別展「地下の正倉院展 式部省木簡の世界-役人の勤務評価と昇進-

9時から16時30分(入館は16時まで)。月曜休館(祝日の場合はその翌日)、10月31日は開館。奈良時代の勤務評価に関わる削屑を中心とする式部省木簡を展示する。本年は、式部省木簡が発見されてから50年。日本の木簡研究史上かけがえのない発見を、最新の研究成果に基づいて紹介する。

住所〒630-8577 奈良市佐紀町
アクセス近鉄大和西大寺駅から東へ徒歩約10分
お問い合わせ奈良文化財研究所 連携推進課 0742-30-6753

10月15日~12月4日長谷寺
もみじまつり 秋季特別寺宝展

9時30分から16時30分。10月15日~16日には與喜天満神社秋祭り、11月19日にはもみじ茶会(先着500名に無料薄茶の接待あり)、11月12日13時からは幽玄のつどい・豊山太鼓「千響」奉納演奏、11月5日~7日までは布教師による特別法話など、紅葉の美しい境内や付近でさまざまな催しがある。また、もみじまつり開催に関連して、長谷寺に伝わる寺宝を特別公開する。

住所〒633-0112 桜井市初瀬731-1
アクセス近鉄長谷寺駅から徒歩約15分
お問い合わせ長谷寺 0744-47-7001

10月16日宇太水分神社
秋の例祭 うたの秋祭り

毎年10月第3日曜の10時から。8時過ぎに約6km離れた上芳野の惣社水分神社から大名行列のお渡りが出て、14時頃に神社に到着する。さらに6地区から1台ずつ、太鼓台(お神輿)が繰り出され、昼過ぎから賑わう。

住所〒633-2226 宇陀市菟田野古市場
アクセス近鉄榛原駅から東吉野村役場町行きバスで約15分、古市場水分神社前下車、徒歩約3分
お問い合わせ宇太水分神社 0745-84-2613

10月16日岡寺
三重宝塔壁画・扉絵特別開帳

9時から16時。真言密教独特の世界観をあらわした壁画、扉絵を公開する。三重宝塔の軒先に吊り下げられた「琴」は日本でもほかに復元された例がほとんどない珍しい荘厳。

住所〒634- 0111 高市郡明日香村岡806
アクセス近鉄橿原神宮前駅から明日香周遊バスで約30分、岡寺前下車、徒歩約10分
お問い合わせ岡寺 0744-54-2007

10月16日信貴山朝護孫子寺
毘沙門天王二十八使者守護善神練り行列

毎年10月第3日曜の14時から。毘沙門天王の使いである28人の使者が練供(ねりく)を行う法要。赤門前を出発し、本坊から本堂へと練り歩く行列を見ることができる。

住所〒636-0923  生駒郡平群町信貴山2280-1
アクセス王寺駅北口または、近鉄信貴山下駅から信貴山門行きバスで約12分、信貴大橋下車、徒歩約10分
お問い合わせ信貴山朝護孫子寺 0745-72-2277

10月16日吉野山
秋祭り

毎年10月第3日曜。9時から。吉野山すべての神社の神嘗祭(かんなめさい)で、五穀豊穣を感謝するお祭り。上町・中町・下町のふとん太鼓が街中を練り歩いた後、蔵王堂に集結、たくさんの御供が撒かれる。

住所〒639-3115 吉野郡吉野町吉野山2430
アクセス近鉄吉野駅から徒歩3分で千本口駅へ、ロープウェイで約3分、吉野山駅から徒歩約10分
お問い合わせ吉野ビジターズビューロー(旧吉野町観光協会) 0746-34-2522

10月17日興福寺
大般若経転読法要

13時から。南円堂に安置されている本尊・不空羂索観音像を年に1度開扉し、その前で大般若経600巻を転読して所願成就を祈願する。南円堂は当日9時から17時(受付は16時45分)まで拝観可能。

住所〒630-8213 奈良市登大路町48
アクセス近鉄奈良駅から徒歩約5分
お問い合わせ興福寺 0742-22-7755

10月17日、10月22日~11月7日不空院
不空羂索観音坐像特別公開

9時から16時30分(受付は16時30分まで)。鑑真和上の住坊跡に弘法大師が八角円堂を建てたのがはじまりの古寺。重文の不空羂索観音坐像が特別開帳される。

住所〒630-8301 奈良市高畑福井町1365
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約10分、破石町下車、徒歩約15分
お問い合わせ不空院 0742-26-2910

10月17日~23日、11月1日~7日福智院
宝冠の十一面観音像特別公開

9時から16時。通常は非公開の宝冠十一面観音菩薩立像が、春と秋の年2回のみ公開される。室町時代の造立とされ、頭上に宝冠を頂く珍しい秘仏。

住所〒630-8381 奈良市福智院町46
アクセスJR・近鉄奈良駅から天理駅行き、下山駅行きバスで約15分、福智院町下車すぐ
お問い合わせ福智院 0742-22-1358

10月19日脳天大神 
秋季大祭

13時から。龍王院(脳天大神)境内にて多数の山伏が採灯大護摩供養を行う。蔵王堂からの行列出発は12時。脳天大神への階段を下ってくる。雨天の場合、行事の変更がある。参拝者には、接待と福引きの用意も。

住所〒639-3115 吉野郡吉野町吉野山
アクセス近鉄吉野駅から徒歩3分で千本口駅へ、ロープウェイで約3分、吉野山駅から徒歩約30分
お問い合わせ脳天大神 0746-32-4880

10月19日~11月30日おふさ観音
秋のばらまつり

7時から17時。色とりどりに咲き誇る2500株・約2300種のバラが楽しめる。境内のバラ園の拝観は無料。バラまつりの期間中は本堂(拝観料300円)で寺宝の特別公開も行われる(9時から16時)。

住所〒634-0075 橿原市小房町6-22
アクセスJR畝傍駅から徒歩約7分
お問い合わせおふさ観音 0744-22-2212

10月19日~11月30日おふさ観音
秘宝生き人形特別公開

9時から16時。幕末から明治にかけて、徹底的に人間に似せて作られた生き人形。天才と謳われる幕末の人形師、初代安本亀八作の生き人形「飯田喜八郎像」が特別に公開される。

住所〒634-0075 橿原市小房6-22
アクセスJR畝傍駅から徒歩約7分
お問い合わせおふさ観音 0744-22-2212

10月21日~23日唐招提寺
釈迦念仏会

21日14時から23日まで。3日間を通して礼堂で行われる、鎌倉期に解脱上人貞慶がはじめた800年来の伝統行事。21日と22日の法要終了後には、国宝・金亀舎利塔が、また、21日~23日には、重要文化財・釈迦如来立像が特別に公開される。

住所〒630-8032 奈良市五条町13-46
アクセス近鉄西ノ京駅から徒歩約7分
お問い合わせ唐招提寺 0742-33-7900

10月22~23日陽楽の森
第3回休日うら山フェスティバル『チャイムの鳴る森』

10時から17時。23日は16時まで。小雨決行・荒天中止。里山を舞台に約50の飲食・クラフト店舗での買い物、アート・音楽鑑賞、木登り等のアクティビティ、林業にまつわる様々な催しが行われる年に一度の森のお祭り。

住所〒636-0021 北葛城郡王寺町畠田2丁目101-1(生コン工場跡地が会場入口)
アクセスJR畠田駅から徒歩約10分または西名阪自動車道香芝ICから車で10分(有料駐車場あり)
お問い合わせチャイムの鳴る森実行委員会 www.chai-mori.com、mail@chai-mori.com

10月22日~31日今井町
奈良・町家の芸術祭 はならぁと2016 ぷらす

10時から16時。まちづくり団体が主導して、さまざまな展覧会やイベントを開催する「はならぁと」のサテライトエリア。公募作家10組と地域連携プロジェクト4企画による展覧会を美しい町並みと共に楽しむことができる。

住所 橿原市今井町
アクセス近鉄八木西口駅から徒歩約5分または近鉄大和八木駅から徒歩約7分
お問い合わせ奈良・町家の芸術祭HANARART実行委員会 0743-25-6126

10月22日~11月6日信貴山朝護孫子寺
国宝信貴山縁起絵巻特別公開

9時から16時。延喜年間に信貴山で毘沙門天を祀り、不思議な法力で寺を中興した命蓮上人の事績を物語風に描いた全3巻の絵巻物。今年は「尼公の巻」が公開される。

住所〒636-0923  生駒郡平群町信貴山2280-1
アクセス王寺駅北口または、近鉄信貴山下駅から信貴山門行きバスで約12分、信貴大橋下車、徒歩約10分
お問い合わせ信貴山朝護孫子寺 0745-72-2277

10月22日~11月7日(予定)史跡・頭塔
史跡・頭塔浮彫石仏特別公開

9時から17時(受付は16時30分まで)。期間中は特別展示がある。これまで頭塔を見学するためには、特別公開期間を除いて前日までに予約しないと見学できなかったが、2015年8月1日から予約なしでも見学することが可能になった。見学方法など詳しくは問い合わせ。

住所〒630-8301 奈良市高畑町921
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約10分、破石町下車すぐ
お問い合わせ史跡頭塔保存顕彰会 0742-27-9866

10月22日~11月7日奈良国立博物館
第68回 正倉院展

10月22日~11月7日(正倉院展の会期中)は9時~18時まで(金、土、日、祝日は19時まで)開館、10月28日までの毎週金曜は19時まで開館(入館はいずれも閉館30分前まで)。月曜休館。「漆胡瓶(しっこへい)」をはじめ、「雲鳥背円鏡(うんちょうはいのえんきょう)」「唐草文鈴(からくさもんのすず)」など多種多様な宝物計64件が出陳される。近年染色材料が判明した「撥鏤飛鳥形(ばちるのひちょうがた)」など、最新の調査結果に出陳品を通して触れることができる。

住所〒630-8213 奈良市登大路町50
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、氷室神社・国立博物館前下車すぐ
お問い合わせ奈良国立博物館 050-5542-8600(ハローダイヤル)

10月22日~11月10日海龍王寺
寺宝展と十一面観音特別開帳

9時から17時。弘法大師筆による絹本著色毘沙門天画像、隅寺心経、木像十一面観音立像が特別に公開される。

住所〒630-8001  奈良市法華寺北町897
アクセスJR・近鉄奈良駅から航空自衛隊行き、西大寺駅行きバスで約12分、法華寺前下車、徒歩約2分
お問い合わせ海龍王寺 0742-33-5765

10月22日~11月10日法華寺
国宝十一面観音立像特別公開

9時から17時(受付は16時30分まで)。法華寺本堂に安置されている十一面観音像は、菩薩のごとく慈悲深かった光明皇后の姿を彫り上げたと伝えられている。

住所〒630-8001 奈良市法華寺町882
アクセスJR・近鉄奈良駅から航空自衛隊行き、西大寺駅行きバスで約12分、法華寺下車、徒歩約3分
お問い合わせ法華寺 0742-33-2261

10月22日~11月13日元興寺
秋季特別展 「版木 -刻み込まれた信仰世界-」

9時から17時(受付は16時30分まで)。毎年違うテーマで秋に寺宝の特別公開を行う。11月3日には早稲田大学教授の内田啓一氏による記念講演も。

住所〒630-8392 奈良市中院町11
アクセス近鉄奈良駅から徒歩約12分
お問い合わせ元興寺 0742-23-1377

10月22日~11月13日興福寺
北円堂特別公開

9時から17時(受付は16時45分まで)。通常は非公開の北円堂が特別に公開される。運慶晩年の傑作である本尊弥勒如来像、無著・世親像(いずれも国宝)などの仏像や、天蓋が輝く内陣にも注目。

住所〒630-8213 奈良市登大路町48
アクセス近鉄奈良駅から徒歩約5分
お問い合わせ興福寺 0742-22-7755

10月22日~11月22日法隆寺
夢殿救世観音特別開扉

8時から17時(11月4日以降は16時30分まで)。八角円堂の中央の厨子に安置される秘仏救世観音像は、聖徳太子の等身像と伝えられている。

住所〒636-0115 生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
アクセスJR法隆寺駅から法隆寺行きバスで約7分、法隆寺門前下車すぐ
お問い合わせ法隆寺 0745-75-2555

10月22日~11月27日室生寺
金堂外陣からの特別拝観

9時から15時(季節により変動あり)。国宝金堂内の外陣に上がり、そこから本尊釈迦如来立像や十一面観音立像を特別に拝観することができる。

住所〒633-0421 宇陀市室生78
アクセス近鉄室生口大野駅から室生寺行きバスで約15分、終点下車、徒歩約5分
お問い合わせ室生寺 0745-93-2003

10月23日Nara Stag Club
-海を超え、人を繋ぐ。今も昔も大安寺- 大安寺国際縁日

10時から16時。奈良時代国際文化交流の拠点だった大安寺にて開催される国際交流イベント。各国留学生や民間団体による国際模擬店や民族音楽・舞踊などが楽しめる。また、東アジア文化都市2016奈良市が同日最終日を迎えることから、七重塔跡で「時空を越えたアートの祭典」が併催される。入場無料。詳しくは問い合わせ。

住所〒630-8133  奈良市大安寺2-18-1
アクセスJR・近鉄奈良駅から大安寺行き、白土町行き、シャープ前行きバスで約5分、大安寺下車、徒歩約10分
お問い合わせ大安寺国際縁日実行委員会事務局 0742-94-5556 Email:narastagclub2008@gmail.com

10月23日~11月13日霊山寺
秋薔薇と秘仏宝物展

秘仏宝物展は10時から16時。本尊薬師如来、十一面観音像などの秘仏や寺宝が公開される。バラ庭園の開園は8時から17時。園内テラスカフェ「プリエール」も開業され、バラ苗の販売も行われる。

住所〒631-0052 奈良市中町3879
アクセス近鉄富雄駅から若草台行きバスで約10分、霊山寺下車、徒歩約3分
お問い合わせ霊山寺 0742-45-0081

10月23日~11月30日長岳寺
大地獄絵開帳

9時から17時。長岳寺本堂にて狩野山楽筆大地獄絵(縦3.5m、横11m)が開帳される。適時絵解き説法が行われる(要問い合わせ)。

住所〒632-0052 天理市柳本町508
アクセスJR・近鉄桜井駅から天理行きバスで約20分、上長岡下車、徒歩約7分
お問い合わせ長岳寺 0743-66-1051

10月24日大神神社
秋の大神祭

10時から。宮司の祝詞奏上に続き、巫女が三輪山の神杉を手に、お神楽「うま酒みわの舞」を奉奏する。氏子の子どもたちが太鼓台を曳き、神前に供えられた紅白小餅がまかれる。

住所〒633-8538 桜井市三輪1422
アクセスJR三輪駅から徒歩約5分
お問い合わせ大神神社 0744-42-6633

10月24日玉置神社
秋季大祭

10時から。玉置神社は玉置山頂上近くにある熊野三山の奥の院。白い弓矢を手にし、巫女の衣装を着けた男子の神子が舞楽を奉する弓神楽の奉納がある。

住所〒647-1582 吉野郡十津川村玉置川1
アクセス近鉄大和八木駅またはJR五条駅から新宮駅行きバスで約4時間10分、十津川温泉下車、玉置山駐車場までタクシーで約30分、さらに徒歩約20分
お問い合わせ玉置神社 0746-64-0500

10月25日~11月10日金剛寺
菊薬師と小菊祭り

8時30分から17時。平重盛によって創建されたと伝わる五條の古刹。健康や長寿、病気平癒を願い、薬師如来の右手とつながった善の綱を引く。11月3日10時30分からは菊薬師会式で大般若経転読法要が厳修される。

住所〒637-0036 五條市野原西3-2-14
アクセスJR五条駅から徒歩約25分、またはタクシーで約7分
お問い合わせ金剛寺 0747-23-2185

10月25日~11月15日西大寺
愛染明王像特別開扉

9時から16時30分。秘仏である愛染明王像は、32cmの大きさながら量感充分。檜の寄木造で鮮やかな朱色が施され、切金文様の衣も美しい。

住所〒631-0825 奈良市西大寺芝町1-1-5
アクセス近鉄大和西大寺駅から徒歩約3分
お問い合わせ西大寺 0742-45-4700

10月29日  安堵中央公園
安堵町制30周年記念第5回あんど芋煮会

12時30分から。今年も秋の収穫を祝って芋煮会を開催。特製芋煮はしょうゆベースで美味しさも楽しさも盛りだくさん。併催イベントも開催され、2016年の秋を満喫できる。

住所〒639-1064 奈良県生駒郡安堵町窪田628-1
アクセスJR法隆寺駅から安堵町コミュニティバス(中通り・南回りルート)または奈良交通路線バス(かしの木台線ルート)で安堵中央公園下車、もしくは近鉄平端駅から安堵町コミュニティバス(南回りルート)で安堵中央公園下車
お問い合わせ夢あかり(安燈会)実行委員会(安堵町役場産業建設課内) 0743-57-1511

10月29日~30日史跡藤ノ木古墳
史跡藤ノ木古墳秋季石室特別公開

史跡藤ノ木古墳の石室を特別に公開。石室や石棺の実物を間近に見て、藤ノ木古墳の魅力を体感できる。

住所 生駒郡斑鳩町
アクセスJR法隆寺駅から徒歩10分
お問い合わせ斑鳩町役場 まちづくり政策課 0745-74-1001

10月29日~11月6日海住山寺
秋の特別公開 五重塔特別開扉

9時から16時。平城京や恭仁京を一望できる海住山寺は、鎌倉時代に南都仏教の再興に努めた解脱上人貞慶(げだつしょうにんじょうけい)によって中興された。国宝五重塔初層の特別開扉とともに、奈良国立博物館に寄託されている奥の院の十一面観音立像や、四天王立像などの寺宝も本堂で公開される(11月6日まで)。

住所〒619-1106 京都府木津川市加茂町例幣海住山寺20
アクセスJR加茂駅からコミュニティバスで海住山寺口下車、徒歩約20分(平日のみ)、またはJR加茂駅からタクシーで約10分
お問い合わせ海住山寺 0774-76-2256

10月29日~11月6日奈良公園登大路園地
奈良フードフェスティバルC'festa2016in奈良

10時から17時まで。緑豊かな公園内で、日替わりシェフのイベント限定料理(シェフズキッチン)や、カフェメニュー・手作りのお弁当が並ぶ青空キッチン、青空ピッツァの他、シェフや生産者の屋台料理など、秋空のもとオープンテーブルで楽しめる、奈良最大のグルメイベント。

住所 奈良市内
アクセス近鉄奈良駅から徒歩約5分
お問い合わせ奈良フードフェスティバル実行委員会事務局 0743-71-7710

10月29日~11月6日奈良市 平城宮跡
2016秋 平城京天平祭 みつきうまし祭り

10時から16時。奈良の酒と食を味わい、花を愛で、古代行事や歌舞音曲を楽しむ秋祭り。古代行事の再現やダイナミックな花の展示、第一次大極殿特設ステージでは、スペシャルイベントが上演される。

住所 奈良市佐紀町ほか(平城宮跡)
アクセス近鉄大和西大寺駅から徒歩約15分(土・日・祝のみ無料シャトルバス運行あり)
お問い合わせ平城京天平祭実行委員会 0742-25-0707

10月29日~11月20日如意輪寺
後醍醐天皇御霊殿特別開帳

9時から16時。後醍醐天皇の姿を忠実に再現したといわれる木像が公開される。

住所〒639-3115 吉野郡吉野町吉野山1024
アクセス近鉄吉野駅から徒歩約3分で千本口へ、ロープウェイで約3分、吉野山下車、吉野大峯ケーブルバスに乗り換え約8分、如意輪寺口下車、徒歩約20分。または、近鉄吉野駅からタクシーで約10分
お問い合わせ如意輪寺 0746-32-3008

10月29日~11月20日如意輪寺
第3回菊まつり

9時から16時。入場無料。後醍醐天皇の忠臣・楠公の家紋である菊水にちなみ、鉢植えの菊花で境内を彩り、天皇の生誕日を祝う。11月1日には本堂(通常非公開)にて法要が営まれ、参列者は特別に堂内で拝観できる。また期間中、吉野町地域おこし協力隊の写真展が開催される。

住所〒639-3115 吉野郡吉野町吉野山1024
アクセス近鉄吉野駅から徒歩約3分で千本口へ、ロープウェイで約3分、吉野山下車、吉野大峯ケーブルバスに乗り換え約8分、如意輪寺口下車、徒歩約20分。または、近鉄吉野駅からタクシーで約10分
お問い合わせ如意輪寺 0746-32-3008

10月29日~11月27日(期間中無休)斑鳩文化財センター
秋季特別展「藤ノ木古墳の武器:武具展ー武装から藤ノ木古墳を考えるー」

国宝である藤ノ木古墳の里帰り展示として、7年目を迎える今回の秋季特別展は、藤ノ木古墳から出土した武器や武具、また、太刀の復元品などを展示。観覧料:大人300(240)円、高校・大学生100(80)円、中学生以下無料※()内は20人以上の団体料金

住所 生駒郡斑鳩町
アクセスJR法隆寺駅から徒歩10分
お問い合わせ斑鳩町役場 まちづくり政策課 0745-74-1001

10月30日王寺町役場駐車場
おうじ雪丸大市(週末大市)

10時から15時。小雨決行。地元製造産品の即売会、町内の食のマルシェ、王寺名物「だるま焼」販売、秋の味覚市等が行われる。

住所〒636-0002 北葛城郡王寺町王寺2丁目1-23
アクセスJR王寺駅南口から徒歩5分(役場駐車場は使えません)
お問い合わせ王寺町商工会 0745-72-5105

10月31日~11月1日櫛玉比女命神社
戸立祭

10月31日は12時にだんじりが各集落を出発、町内を練ったあと、19時30分から20時過ぎ頃に神社に到着する。11月1日は10時から神事があり、13時から14時頃にだんじりが神社を出発する。奈良の秋祭りのしんがりで、宵宮のだんじりが豪快。

住所〒635-0813 北葛城郡広陵町弁財天
アクセス近鉄箸尾駅から徒歩約15分
お問い合わせ櫛玉比女命神社 0745-56-2594

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.