ホーム > 特集 > 【終了】ならの梅開花情報2020

特集

オンライン書籍

【終了】ならの梅開花情報2020

終了しました

時に初春の令月にして、気淑(よ)く風和(やわら)ぐ
梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(ばいご)の香を薫らす
【訳(一例)】
時あたかも新春のよい月であり、気候は良く、風は穏やかに、梅は美女が鏡の前で装う白粉のように白く咲き、蘭は身にまとった香のように香り立っている
            ———『万葉集』巻五 「梅花の歌三十二首〔并せて序〕」のうち、序文冒頭抜粋

『万葉集』には梅の和歌が100首以上もあり、なかでも近年有名になったのが、新元号「令和」誕生の舞台となった「梅花の宴」序文です。
8世紀頃に中国から伝来した梅は、その楚々とした美しさと高貴な香りで貴族たちを虜にし、彼らはこぞって自宅の庭に梅を植えたのだとか。

春告草(春の訪れを告げる花)として万葉びとにこよなく愛された梅。
そんな古都の早春を彩る梅の名所をご紹介します。

3月7日あたりに見ごろを迎えます

3月5日更新

長谷寺

長谷寺(写真提供:長谷寺)

『百人一首』で有名な紀貫之の和歌「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香に匂ひける」。この歌のなかで“昔と同じように良い香りが匂っている”と詠まれたのが、長谷寺の梅です。1000年以上経た現在も、かつてと変わらない美しい姿とかぐわしい香りで、訪れる人の目や鼻を楽しませています。“花の御寺”として有名な長谷寺では、一年中いろいろな花が咲いていて、たくさんの人が訪れますが、初春は参拝客が比較的少なめのシーズン。数十種類、約200本の梅の花の香りに誘われつつ、ゆっくり境内を散策できるのでオススメです。

例年の見頃:1月中旬~1月下旬(蝋梅)、2月上旬~3月上旬(紅白梅)
入山料金500円(大人)
時間:12月~2月は9時~16時30分(3月は~17時)
駐車場63台(普通車500円)


片岡梅林

片岡梅林(写真提供:奈良市観光協会)

奈良公園内の浅茅ヶ原エリアにある約250本の梅が植えられた梅林です。のんびり散歩をしている鹿と可憐な梅の花との共演が眺められるのは、世界広しといえどもおそらくこの場所だけ。フォトジェニックな光景をぜひ写真に収めてみてはいかがでしょうか。また、同時期に、梅林のすぐ近くの飛火野園地では、冬の奈良大和路キャンペーンの「鹿寄せ」も開催されます。そちらも併せてチェックしてみては?

例年の見頃:2月下旬~3月下旬
入園自由
駐車場無(近隣の有料駐車場を利用)
鹿寄せ:2月9日(日)~3月12日(木)、毎週月曜日除く。雨天決行・荒天中止。10時開始(無料)


賀名生(あのう)梅林

賀名生梅林(写真提供:賀名生梅林)

奈良三大梅林のひとつ。総面積約30ヘクタール(甲子園球場の約8倍)の北曽木の丘陵を、麓から中腹まで覆いつくすように約2万本の梅が咲き誇ります。桜の名所・吉野山になぞらえて、「見返り千本」「奥の千本」などと呼ばれる絶景ポイントがあり、それらを楽しみながら、周遊道をぐるっとひと回りすることができます。所要時間は約2~3時間程度と、梅の香りを楽しみながらの軽いハイキングにぴったり。梅林の入り口には、南朝の行在所(あんざいしょ)だったといわれる賀名生皇居跡や歴史民俗資料館もあります。

例年の見頃:2月下旬~3月下旬
入園自由
駐車場約100台(有料 梅の時期のみ利用可)


広橋梅林

広橋梅林(写真提供:下市町)

月ヶ瀬、賀名生(あのう)と並ぶ奈良県三大梅林のひとつとして知られています。広橋峠の北斜面約25ヘクタールに渡って約5000本の梅が植栽されていて、淡い白から濃ピンクまで、色とりどりに咲き匂う梅の花が見事! 金剛・葛城両山や大和平野を見渡す展望デッキからの眺望も素晴らしく、わざわざ訪れたいほどの絶景に出会えると評判です。

例年の見頃:3月上旬~下旬
入園自由
駐車場10台(無料)


名勝 月ヶ瀬梅渓

月ヶ瀬(写真提供:月ヶ瀬観光協会)

大正11年に日本で初めて名勝指定された場所のひとつであり、奈良県内のみならず全国的にも梅の名所として有名です。五月川(名張川)をはさんで、渓谷を埋め尽くすかのように約1万本もの梅が咲き誇ります。「一目八景(ひとめはっけい)」などの展望スポットから見下ろすように梅を眺めたり、遊歩道を散策しながら梅の香りを楽しんだり、あちらこちらにある茶屋や休憩所で草もちなどを味わったり…。いろいろなスタイルでお花見が楽しめるのも魅力の一つです。毎年2月中旬~3月末までは「月ヶ瀬梅渓まつり」が開催され、様々なイベントも楽しめます。

例年の見頃:3月上旬~下旬
入園自由
駐車場有(近隣の有料駐車場を利用)


2月29日あたりに見ごろを迎えます

2月27日更新

大和民俗公園(みんぱく梅林)

大和民俗公園(写真提供:奈良県立民俗博物館)

奈良県立大和民俗公園の東側に広がる、約140本の梅林です。広大な園内には江戸時代の古民家などを移築展示したエリアがあり、2月15日(土)から3月8日(日)の期間、「古民家でひなまつり」が開催されています。江戸時代の町家・旧臼井家住宅(重要文化財)に8段のひな人形が飾られ、かまどの火とお茶であたたまりながら、春の訪れを楽しむことができます。このほか、写真展や子ども向けのワークショップなども開催されます。甘い梅の香りに誘われながらの早春のお散歩に出かけてみませんか。

例年の見頃:1月上旬~下旬(蝋梅)、2月中旬~3月上旬(紅白梅)
入園自由
時間:終日入園可能、古民家見学は9時~16時
駐車場147台(無料)
※県立民俗博物館本館は、改修のため2月3日(月)より休館


長谷寺

長谷寺(写真提供:長谷寺)

『百人一首』で有名な紀貫之の和歌「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香に匂ひける」。この歌のなかで“昔と同じように良い香りが匂っている”と詠まれたのが、長谷寺の梅です。1000年以上経た現在も、かつてと変わらない美しい姿とかぐわしい香りで、訪れる人の目や鼻を楽しませています。“花の御寺”として有名な長谷寺では、一年中いろいろな花が咲いていて、たくさんの人が訪れますが、初春は参拝客が比較的少なめのシーズン。数十種類、約200本の梅の花の香りに誘われつつ、ゆっくり境内を散策できるのでオススメです。

例年の見頃:1月中旬~1月下旬(蝋梅)、2月上旬~3月上旬(紅白梅)
入山料金500円(大人)
時間:12月~2月は9時~16時30分(3月は~17時)
駐車場63台(普通車500円)


大和文華館

大和文華館(写真提供:大和文華館)

国宝4点、重要文化財31点を含む、日本・中国・朝鮮の絵画や工芸品を約2000点収蔵する美術館。その周りを取り囲む文華苑は、隠れた花の名所としても知られています。約130本の梅の木があり、「呉服枝垂(くれはしだれ)」「道知辺(みちしるべ)」「月の桂(つきのかつら)」など、70種以上もの多彩な品種に出会えます。上品で甘い梅の香りを感じながら、雅やかな美術品を鑑賞する優雅なひとときが過ごせそうです。

例年の見頃:1月下旬~3月中旬
入館料 :630円(文華苑・大和文華館は一律料金。特別展開催時は950円)
時間:10時~17時(入館は~16時)
駐車場50台(無料)
大和文華館は月曜休(祝日・振替休日のときは開館、翌平日休)


大和郡山盆梅展

大和郡山盆梅展(写真提供:大和郡山盆梅展)

例年1万人以上が訪れる、大和郡山市の春の風物詩。市内の愛好家が丹精込めて育てた盆梅約120鉢を、郡山城跡の櫓のなかという格調高い空間で鑑賞できます。今や世界中で人気を集める盆梅・盆栽の、自然美と人工美が絶妙なバランスであわさった芸術的な美しさをじっくり堪能してみては? 土日祝には、毎年子どもたちにも大人気の日本の伝統芸能「猿まわし」のイベントも開催(天候により中止の場合あり)。ファミリーでの春のレジャーにもぴったりです。

期間:2月8日(土)~3月10日(火)
拝観料:500円
時間:9時30分~16時30分(土日祝は~17時)
駐車場あり(無料)


菅原天満宮 盆梅展

菅原天満宮(写真提供:菅原天満宮)

学問の神様として有名な菅原道真公誕生の地であり、菅家一系三神を祀る日本最古の天満宮。道真公が愛した梅とは深いつながりがあり、長年、130品種200鉢を展示する「菅原の里盆梅展」を開催しています。その中には樹齢100年を超える「思いのまま」や、「菅原八宝梅(すがわらはっぽうばい)」「黄金梅(おうごんばい)」などのここでしか見られない種類も! また、境内にも約100本の梅の木があり、一年中青梅をつける「常な里梅(じょうなりうめ)」という品種が”落ちない梅”として受験生から大人気です。

期間:2月9日(日)~3月8日(土)
拝観料:500円
時間:9時~16時
駐車場30台(無料)
菅原天満宮は境内自由


片岡梅林

片岡梅林(写真提供:奈良市観光協会)

奈良公園内の浅茅ヶ原エリアにある約250本の梅が植えられた梅林です。のんびり散歩をしている鹿と可憐な梅の花との共演が眺められるのは、世界広しといえどもおそらくこの場所だけ。フォトジェニックな光景をぜひ写真に収めてみてはいかがでしょうか。また、同時期に、梅林のすぐ近くの飛火野園地では、冬の奈良大和路キャンペーンの「鹿寄せ」も開催されます。そちらも併せてチェックしてみては?

例年の見頃:2月下旬~3月下旬
入園自由
駐車場無(近隣の有料駐車場を利用)
鹿寄せ:2月9日(日)~3月12日(木)、毎週月曜日除く。雨天決行・荒天中止。10時開始(無料)


広橋梅林

広橋梅林(写真提供:下市町)

月ヶ瀬、賀名生(あのう)と並ぶ奈良県三大梅林のひとつとして知られています。広橋峠の北斜面約25ヘクタールに渡って約5000本の梅が植栽されていて、淡い白から濃ピンクまで、色とりどりに咲き匂う梅の花が見事! 金剛・葛城両山や大和平野を見渡す展望デッキからの眺望も素晴らしく、わざわざ訪れたいほどの絶景に出会えると評判です。

例年の見頃:3月上旬~下旬
入園自由
駐車場10台(無料)


名勝 月ヶ瀬梅渓

月ヶ瀬(写真提供:月ヶ瀬観光協会)

大正11年に日本で初めて名勝指定された場所のひとつであり、奈良県内のみならず全国的にも梅の名所として有名です。五月川(名張川)をはさんで、渓谷を埋め尽くすかのように約1万本もの梅が咲き誇ります。「一目八景(ひとめはっけい)」などの展望スポットから見下ろすように梅を眺めたり、遊歩道を散策しながら梅の香りを楽しんだり、あちらこちらにある茶屋や休憩所で草もちなどを味わったり…。いろいろなスタイルでお花見が楽しめるのも魅力の一つです。毎年2月中旬~3月末までは「月ヶ瀬梅渓まつり」が開催され、様々なイベントも楽しめます。

例年の見頃:3月上旬~下旬
入園自由
駐車場有(近隣の有料駐車場を利用)


万葉の森

万葉の森(写真提供:奈良県庁景観・自然環境課)

大和三山のひとつ、天香久山(あまのかぐやま)の麓にある、都市近郊に残された貴重な里山。万葉歌人の大友旅人が詠んだ「わが園に 梅の花散る ひさかたの 天より雪の 流れ来るかも(万葉集 巻5-822)」(現代語訳:我が家の庭に梅の花が散っている。遠い天より雪が流れてくるかのようだ)の万葉歌碑のそばに、約80本ほどの梅の木が植栽されています。散策路沿いにはアセビやハギなど『万葉集』に詠まれている植物と、その植物についての万葉歌碑、解説板が並んでいるので、それらを辿りつつ、いにしえの時代に想いを馳せながらの散策を満喫してみては?

例年の見頃:3月上旬~下旬
入園自由


2月22日あたりに見ごろを迎えます

2月20日更新

大和民俗公園(みんぱく梅林)

大和民俗公園(写真提供:奈良県立民俗博物館)

奈良県立大和民俗公園の東側に広がる、約140本の梅林です。広大な園内には江戸時代の古民家などを移築展示したエリアがあり、2月15日(土)から3月8日(日)の期間、「古民家でひなまつり」が開催されています。江戸時代の町家・旧臼井家住宅(重要文化財)に8段のひな人形が飾られ、かまどの火とお茶であたたまりながら、春の訪れを楽しむことができます。このほか、写真展や子ども向けのワークショップなども開催されます。甘い梅の香りに誘われながらの早春のお散歩に出かけてみませんか。

例年の見頃:1月上旬~下旬(蝋梅)、2月中旬~3月上旬(紅白梅)
入園自由
時間:終日入園可能、古民家見学は9時~16時
駐車場147台(無料)
※県立民俗博物館本館は、改修のため2月3日(月)より休館


長谷寺

長谷寺(写真提供:長谷寺)

『百人一首』で有名な紀貫之の和歌「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香に匂ひける」。この歌のなかで“昔と同じように良い香りが匂っている”と詠まれたのが、長谷寺の梅です。1000年以上経た現在も、かつてと変わらない美しい姿とかぐわしい香りで、訪れる人の目や鼻を楽しませています。“花の御寺”として有名な長谷寺では、一年中いろいろな花が咲いていて、たくさんの人が訪れますが、初春は参拝客が比較的少なめのシーズン。数十種類、約200本の梅の花の香りに誘われつつ、ゆっくり境内を散策できるのでオススメです。

例年の見頃:1月中旬~1月下旬(蝋梅)、2月上旬~3月上旬(紅白梅)
入山料金500円(大人)
時間:12月~2月は9時~16時30分(3月は~17時)
駐車場63台(普通車500円)


大和郡山盆梅展

大和郡山盆梅展(写真提供:大和郡山盆梅展)

例年1万人以上が訪れる、大和郡山市の春の風物詩。市内の愛好家が丹精込めて育てた盆梅約120鉢を、郡山城跡の櫓のなかという格調高い空間で鑑賞できます。今や世界中で人気を集める盆梅・盆栽の、自然美と人工美が絶妙なバランスであわさった芸術的な美しさをじっくり堪能してみては? 土日祝には、毎年子どもたちにも大人気の日本の伝統芸能「猿まわし」のイベントも開催(天候により中止の場合あり)。ファミリーでの春のレジャーにもぴったりです。

期間:2月8日(土)~3月10日(火)
拝観料:500円
時間:9時30分~16時30分(土日祝は~17時)
駐車場あり(無料)


菅原天満宮 盆梅展

菅原天満宮(写真提供:菅原天満宮)

学問の神様として有名な菅原道真公誕生の地であり、菅家一系三神を祀る日本最古の天満宮。道真公が愛した梅とは深いつながりがあり、長年、130品種200鉢を展示する「菅原の里盆梅展」を開催しています。その中には樹齢100年を超える「思いのまま」や、「菅原八宝梅(すがわらはっぽうばい)」「黄金梅(おうごんばい)」などのここでしか見られない種類も! また、境内にも約100本の梅の木があり、一年中青梅をつける「常な里梅(じょうなりうめ)」という品種が”落ちない梅”として受験生から大人気です。

期間:2月9日(日)~3月8日(土)
拝観料:500円
時間:9時~16時
駐車場30台(無料)
菅原天満宮は境内自由


法華寺

法華寺(写真提供:法華寺)

聖武天皇の皇后である光明皇后の発願で、総国分尼寺として建立。毎年3月に開催される「古代雛人形展」(3月1日(日)~14(土))に合わせるように、樹齢300年以上の紅梅をはじめ、しだれ梅など約10本が可憐な花を咲かせます。名園として名高い本坊の庭園(華楽園)には、梅のほかにも、椿や水仙などの春の訪れを告げる花々が咲き誇り、気品あふれる佇まいの本堂との美しいコラボレーションを見せてくれます。

例年の見頃:2月下旬~3月下旬(しだれ梅)、3月上旬~3月中旬(紅梅)
本堂500円、華楽園300円(大人)
時間:9時~17時
駐車場30台


片岡梅林

片岡梅林(写真提供:奈良市観光協会)

奈良公園内の浅茅ヶ原エリアにある約250本の梅が植えられた梅林です。のんびり散歩をしている鹿と可憐な梅の花との共演が眺められるのは、世界広しといえどもおそらくこの場所だけ。フォトジェニックな光景をぜひ写真に収めてみてはいかがでしょうか。また、同時期に、梅林のすぐ近くの飛火野園地では、冬の奈良大和路キャンペーンの「鹿寄せ」も開催されます。そちらも併せてチェックしてみては?

例年の見頃:2月下旬~3月下旬
入園自由
駐車場無(近隣の有料駐車場を利用)
鹿寄せ:2月9日(日)~3月12日(木)、毎週月曜日除く。雨天決行・荒天中止。10時開始(無料)


2月15日あたりに見ごろを迎えます

2月13日更新

大和民俗公園(みんぱく梅林)

大和民俗公園(写真提供:奈良県立民俗博物館)

奈良県立大和民俗公園の東側に広がる、約140本の梅林です。広大な園内には江戸時代の古民家などを移築展示したエリアがあり、2月15日(土)から3月8日(日)の期間、「古民家でひなまつり」が開催されています。江戸時代の町家・旧臼井家住宅(重要文化財)に8段のひな人形が飾られ、かまどの火とお茶であたたまりながら、春の訪れを楽しむことができます。このほか、写真展や子ども向けのワークショップなども開催されます。甘い梅の香りに誘われながらの早春のお散歩に出かけてみませんか。

例年の見頃:1月上旬~下旬(蝋梅)、2月中旬~3月上旬(紅白梅)
入園自由
時間:終日入園可能、古民家見学は9時~16時
駐車場147台(無料)
※県立民俗博物館本館は、改修のため2月3日(月)より休館


長谷寺

長谷寺(写真提供:長谷寺)

『百人一首』で有名な紀貫之の和歌「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香に匂ひける」。この歌のなかで“昔と同じように良い香りが匂っている”と詠まれたのが、長谷寺の梅です。1000年以上経た現在も、かつてと変わらない美しい姿とかぐわしい香りで、訪れる人の目や鼻を楽しませています。“花の御寺”として有名な長谷寺では、一年中いろいろな花が咲いていて、たくさんの人が訪れますが、初春は参拝客が比較的少なめのシーズン。数十種類、約200本の梅の花の香りに誘われつつ、ゆっくり境内を散策できるのでオススメです。

例年の見頃:1月中旬~1月下旬(蝋梅)、2月上旬~3月上旬(紅白梅)
入山料金500円(大人)
時間:12月~2月は9時~16時30分(3月は~17時)
駐車場63台(普通車500円)


菅原天満宮 盆梅展

菅原天満宮(写真提供:菅原天満宮)

学問の神様として有名な菅原道真公誕生の地であり、菅家一系三神を祀る日本最古の天満宮。道真公が愛した梅とは深いつながりがあり、長年、130品種200鉢を展示する「菅原の里盆梅展」を開催しています。その中には樹齢100年を超える「思いのまま」や、「菅原八宝梅(すがわらはっぽうばい)」「黄金梅(おうごんばい)」などのここでしか見られない種類も! また、境内にも約100本の梅の木があり、一年中青梅をつける「常な里梅(じょうなりうめ)」という品種が”落ちない梅”として受験生から大人気です。

期間:2月9日(日)~3月8日(土)
拝観料:500円
時間:9時~16時
駐車場30台(無料)
菅原天満宮は境内自由


2月8日あたりに見ごろを迎えます

2月6日更新

大和民俗公園(みんぱく梅林)

大和民俗公園(写真提供:奈良県立民俗博物館)

奈良県立大和民俗公園の東側に広がる、約140本の梅林です。広大な園内には江戸時代の古民家などを移築展示したエリアがあり、2月15日(土)から3月8日(日)の期間、「古民家でひなまつり」が開催されています。江戸時代の町家・旧臼井家住宅(重要文化財)に8段のひな人形が飾られ、かまどの火とお茶であたたまりながら、春の訪れを楽しむことができます。このほか、写真展や子ども向けのワークショップなども開催されます。甘い梅の香りに誘われながらの早春のお散歩に出かけてみませんか。

例年の見頃:1月上旬~下旬(蝋梅)、2月中旬~3月上旬(紅白梅)
入園自由
時間:終日入園可能、古民家見学は9時~16時
駐車場147台(無料)
※県立民俗博物館本館は、改修のため2月3日(月)より休館


長谷寺

長谷寺(写真提供:長谷寺)

『百人一首』で有名な紀貫之の和歌「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香に匂ひける」。この歌のなかで“昔と同じように良い香りが匂っている”と詠まれたのが、長谷寺の梅です。1000年以上経た現在も、かつてと変わらない美しい姿とかぐわしい香りで、訪れる人の目や鼻を楽しませています。“花の御寺”として有名な長谷寺では、一年中いろいろな花が咲いていて、たくさんの人が訪れますが、初春は参拝客が比較的少なめのシーズン。数十種類、約200本の梅の花の香りに誘われつつ、ゆっくり境内を散策できるのでオススメです。

例年の見頃:1月中旬~1月下旬(蝋梅)、2月上旬~3月上旬(紅白梅)
入山料金500円(大人)
時間:12月~2月は9時~16時30分(3月は~17時)
駐車場63台(普通車500円)


菅原天満宮 盆梅展

菅原天満宮(写真提供:菅原天満宮)

学問の神様として有名な菅原道真公誕生の地であり、菅家一系三神を祀る日本最古の天満宮。道真公が愛した梅とは深いつながりがあり、長年、130品種200鉢を展示する「菅原の里盆梅展」を開催しています。その中には樹齢100年を超える「思いのまま」や、「菅原八宝梅(すがわらはっぽうばい)」「黄金梅(おうごんばい)」などのここでしか見られない種類も! また、境内にも約100本の梅の木があり、一年中青梅をつける「常な里梅(じょうなりうめ)」という品種が”落ちない梅”として受験生から大人気です。

期間:2月9日(日)~3月8日(土)
拝観料:500円
時間:9時~16時
駐車場30台(無料)
菅原天満宮は境内自由


2月1日あたりに見ごろを迎えます

1月30日更新

大和民俗公園(みんぱく梅林)

大和民俗公園(写真提供:奈良県立民俗博物館)

奈良県立大和民俗公園の東側に広がる、約140本の梅林です。広大な園内には江戸時代の古民家などを移築展示したエリアがあり、2月15日(土)から3月8日(日)の期間、「古民家でひなまつり」が開催されています。江戸時代の町家・旧臼井家住宅(重要文化財)に8段のひな人形が飾られ、かまどの火とお茶であたたまりながら、春の訪れを楽しむことができます。このほか、写真展や子ども向けのワークショップなども開催されます。甘い梅の香りに誘われながらの早春のお散歩に出かけてみませんか。

例年の見頃:1月上旬~下旬(蝋梅)、2月中旬~3月上旬(紅白梅)
入園自由
時間:終日入園可能、古民家見学は9時~16時
駐車場147台(無料)
※県立民俗博物館本館は、改修のため2月3日(月)より休館


長谷寺

長谷寺(写真提供:長谷寺)

『百人一首』で有名な紀貫之の和歌「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香に匂ひける」。この歌のなかで“昔と同じように良い香りが匂っている”と詠まれたのが、長谷寺の梅です。1000年以上経た現在も、かつてと変わらない美しい姿とかぐわしい香りで、訪れる人の目や鼻を楽しませています。“花の御寺”として有名な長谷寺では、一年中いろいろな花が咲いていて、たくさんの人が訪れますが、初春は参拝客が比較的少なめのシーズン。数十種類、約200本の梅の花の香りに誘われつつ、ゆっくり境内を散策できるのでオススメです。

例年の見頃:1月中旬~1月下旬(蝋梅)、2月上旬~3月上旬(紅白梅)
入山料金500円(大人)
時間:12月~2月は9時~16時30分(3月は~17時)
駐車場63台(普通車500円)

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.